【初心者でもわかる】Googleアナリティクスの始め方

ホームページを立ち上げたら、必ずGoogleアナリティクスで計測できる状態にしておきましょう。

なぜならアナリティクスはさかのぼって計測はできないので、導入した日以降のデータしか見ることができないからです。

この記事では、Googleアナリティクスを導入する方法について、初心者にもわかりやすいように細かく解説していきます。

Googleアナリティクスを使えるようにするまでの流れは以下の手順です。

タイトル
  1. Googleアカウントを用意する
  2. トラッキングコードを取得する
  3. トラッキングコードをページに設置する
  4. 正しく測定できているか確認する

それでは順番に解説していきます。

Googleアカウントの作成

Googleアカウントとは、gmailのアドレスがアカウントになります。
gmail以外でもGoogleのサービスに登録して利用している方は、そのアカウントにログインできればそのまま利用することができます。

もしアナリティクスのデータを他人と共有したいという場合は、あとから共有や権限を譲渡することもできるので最初はそのまま使っても問題ありません。

お店や会社で、最初から個人とは別のアカウントを用意したいという場合は新たにGoogleのアカウントを用意しましょう。

★Googleアカウントの新規作成

トラッキングコードを取得する方法

利用するGoogleアカウントが用意できたら、早速Googleアナリティクスの画面にアクセスします。

Googleアナリティクスへログイン

ログインしていない状態だと下記のようにログインが必要になります。

ログイン
アナリティクスを利用するメールアドレスを入力
ログイン
パスワードを入力
アナリティクスへようこそ
測定を開始ボタンをクリック
アナリティクスを始める
アカウントの作成
最初にアカウント名を入力します。
アカウント名はご自身のビジネスの名前などわかりやすいものにしましょう。
後で変更することもできます。
データ共有オプション欄には4つのチェック項目がありますが、全てチェックをつけておくことが推奨されています。
アカウント名の入力

次へをクリックして進みます。
計測の対象
ウェブサイトの計測を行うのでウェブを選択して次に進みます。
プロパティの設定
ウェブサイトの名前:わかりやすいサイトの名前でOK
ウェブサイトのURL:httpとhttpsの選択をし正確に入力しましょう。
業種:当てはまるものがなければその他でOK
タイムゾーン:日本にしないと時間がズレてしまいます。

全て入力後に作成をクリック
利用規約に同意
国ごとに規約が異なるのでプルダウンから日本を選択し2点について同意してください。
メールの配信設定
アナリティクスに関するお知らせメールの配信設定です。
メールの頻度は少ないですが、全てチェックをしなくても大丈夫です。
トラッキングコードの表示
トラッキングコードが表示される画面が開きます。
実際に計測に必要となるのは「トラッキングID」または「サイトタグ」のどちらか一方です。

トラッキングコードをページに設置する方法

トラッキングコードやタグが作成できたら、実際にページに埋め込む作業をします。
ワードプレスのサイトの場合、「プラグインソフトを使って埋め込む方法」と「ソースに直接タグを埋め込む方法」の2通りがあります。

初心者の方には「プラグインソフトを使って埋め込む方法」をおすすめします。

プラグインソフトを使って埋め込む方法

プラグインの1つの機能としてGoogleアナリティクスのタグを設定できる機能があります。

今回はその中でもSEO系の一番メジャーなプラグイン「All in One SEO」を使って設置する方法を紹介します。

プラグインのインストール
ワードプレスのプラグインインストール画面で、「All in One SEO」をキーワード検索をし、「All in One SEO」を見つけ「今すぐインストール」をクリックします。

プラグインの有効化
インストールが終わると「有効化」というボタンに変わるのでクリックします。
設定画面を開く
管理画面の左上に「All in One SEO」と表示されるのでその中から「一般設定」を開きます。
アナリティクスIDを入力
画面を下にスクロールしていくと「Googleアナリティクス」というメニューの中にアナリティクスIDを入力する項目があります。
ここに、先ほどのアナリティクスのアカウント作成時に表示されたアナリティクスIDを入力します。

その他、細かい設定ができるようになっていますが、「トラッキングからユーザーを除外する」という欄で「Administrator」にチェックをつけておきましょう。
これで管理者であるあなたのデータをアナリティクスから除外することができます。
最後に画面一番下にある「設定を更新」を忘れずにクリックして保存しましょう。

ソースに直接タグを埋め込む方法

プラグインを使わずにワードプレスのテーマのファイルに直接タグをを埋め込む方法について解説します。
直接埋め込むといっても全ページごとに埋め込む必要はなく、1カ所に埋め込むだけで全ページに適用されます。
トラッキングコードを表示させた画像の緑の枠で囲った部分のタグを全て貼り付けてください。

テーマの編集
ワードプレスの管理画面で「外観」→「テーマの編集」を開き、右側の一覧から「テーマヘッダー(header.php) 」をクリックしてください。
ヘッダー(header.php) のソースコードが表示されたら、その中から〈/head〉タグを探します。
※赤い矢印の箇所です。
この〈/head〉タグの直前にさきほどコピーしたトラッキングコードを貼り付けてください。

貼り付けた後に「ファイルを更新」ボタンをクリックして完了です。

以上で、タグを埋め込みは完了です。
重複してカウントされる恐れがありますので、プラグインソフトを使う場合はソースに直接タグを埋め込まないでください。

測定できているかを確認

念のため正しくタグが埋め込まれ、計測がスタートしているのかを確認しておきましょう。

Googleアナリティクスの画面を開き左側にある「リアルタイム」をクリックします。
先ほどのプラグインで管理者のアクセスは除外する設定にしている場合は、カウントされないはずなので別の端末(スマホなど)でサイトにアクセスして試してみましょう。
Googleクロームのシークレットモードで開く場合もカウントされます。

正しく測定できれいれば後はアクセスが増えるのを待ちましょう。

最初にやるべきGoogleアナリティクスの初期設定 成果を上げる記事制作のためのアナリティクス活用法