【至急】Googleからページを削除する方法

見られたら困るようなページがGoogleの検索結果に表示されてしまった!
一時的にGoogleの検索結果から削除したい!

そんな時にすぐにGoogleからページを削除する方法について書きます。

実はGoogleが提供しているツールを使えば、すぐに検索結果から削除することができるようになっています。

あまり使う機会はありませんが、万が一すぐに削除したいという場合には、唯一の方法になるのでご紹介します。

Googleの検索結果に表示されている状態とは

そもそもGoogleの検索結果にページが表示されるということは、Googleによってページのデータが収集された状態ということです。

そのため、Googleのサーバーにあるそのページのデータを削除することによって、検索結果に表示されないようにできます。

この方法はページ自体を削除するのではなく、Googleが収集したデータのみを一時的に削除する方法です。

今すぐ削除する方法

今すぐ削除するには、Googleサーチコンソールというサービスの中にあるURL削除ツールという機能をを利用します。

削除ツールを使うと、自分が所有しているサイトのページを Googleの検索結果から一時的にブロックできます。

一時的な削除リクエストには、
「URLを一時的に削除する」

「キャッシュされたURLを消去する」
の2通りから選択します。

削除ツール

URLの入力欄に入力し、次へボタンを押すと以下の確認画面が表示されますので、「リクエストを送信」を押すと完了します。


「URLを一時的に削除する」は、
Google検索の結果からURLを約6ヵ月間ブロックします。
通常はこちらを選択する場合が多いと思います。

「キャッシュされたURLを消去する」は、
Googleの検索の結果にURLを残したまま、次回のクロールまで現在のスニペットとキャッシュを削除します。
URLは検索結果に残しておきたい場合のみ、こちらを選択することをおすすめします。

スニペットとは、Googleの検索結果のタイトルとURLの下に表示されるページの説明文のことです。

削除する場合の注意点

どちらを選択しても、一定の期間が経過すると再度表示されるようになりますので、恒久的に削除したい場合には使えないのでご注意ください。

URL削除ツールの機能は、特定のURLだけ、またはサイト全体も選択できます。
一時的な削除とはいえ、間違えて全体をリクエストをしてしまわないように慎重に作業を進めましょう。

完全に削除するには

削除ツールでは一時的な削除に過ぎません。

そのため、完全に削除するにはサーバーにあるページそのものを削除するか、Googleにインデックスされないように設定する方法の2つがあります。

ページそのものを削除する方法

FTPソフトなどでページそのものを削除するか、ワードプレスの場合は記事のステータスを「下書き保存」にしておくことで、オンライン上からページを消すことができます。

この場合でも、Googleにインデックスされている場合は、しばらくは検索結果に表示され続けるので、すぐに検索結果から削除したい場合はサーチコンソールの削除ツールを使ってキャッシュの削除をする必要があります。

ページを削除せずに検索結果からのみ削除する方法

「リンクを知っているユーザーがページにアクセスするのはかまわないけど、ページをGoogleの検索結果には表示させたくない」という場合は、noindexタグとうものを使用します。

検索結果に表示させたくないページに、

< meta name="robots" content="noindex" >
というタグを貼り付けるだけで、次回Googleがインデックスする際にはこのタグを理解して検索結果には表示させないようにしてくれます。

ポイント
いずれの作業も間違えて消してしまったりしないように慎重に行いましょう。

特にページを削除する場合は、万が一に備えてバックアップをしておくことをおすすめします。