サイトの改善に必要なアクセス解析とは

改善に必要なアクセス解析とは?

一般的に使われる「アクセス解析」という言葉は、ホームページに訪れたユーザーの行動を計測し、なぜそういう行動をとったのかを解析することを指します。

Googleアナリティクスという無料のアクセス解析ツールを使い、全てのページにGoogleアナリティクスの計測用のタグを埋め込むと、ホームページにアクセスされたユーザーの属性や行動を記録することができます。

なぜアクセス解析が必要なのでしょうか

アクセス解析を行うことによって、サイトの状況を良く知り、問題点や課題を見つけられることによって更にサイトを改善できます

例えばショッピングサイトでは、どうしたらもっと売り上げを上げることができるのか?などの課題について、単純にアクセス数を増やすためだけの施策を行うのではなく、購入される率を高めるためにどこを改善すれば良いのか?などをGoogleアナリティクスの活用し解析することによって、サイトを改善し売り上げを伸ばすことができます。

実際の店舗に例えるとコンビニエンスストアにある防犯カメラとPOSレジシステムを組み合わせたようなイメージです。
どんな人(性別や年齢など)がどんな商品(ページ)を見て、買い物かごに入れたのか、どんな決済をしたのかが全て管理画面上で把握できます。
個人情報は収集できないものの、スマホからアクセスされていればそのスマホの機種名や画面のサイズまでも計測できます。

解析データをどう活かすのか

Googleアナリティクスでは、アクセスされるごとに多くの情報を取得していますが、それらをただまとめて眺めるだけではお客様の行動を知ることはできても、サイトの改善には活かせません。

多くのサイトにGoogleアナリティクスのタグが埋め込まれていますが、実際にサイトの改善に活用できているホームページはかなり少ないのが現実です。

ポイント
ホームページ顧問では感覚や勘に頼ったサイトの改善ではなく、正しくデータを読み解くことによってサイトの改善を行う施策を実行します
Google社が認定するGAIQという資格を保有するスタッフが御社のアナリティクスのデータを分析します。
※GAIQ(Google Analytics Individual Qualification)
成果を上げる記事制作のためのアナリティクス活用法 失敗しない、成果のでるサイト制作のポイント