スマホ用とPC用でページを分けるべき!?

サイトを制作する際、1つのHTMLで複数のデバイス(画面サイズ)に自動的に対応させることができる”レスポンシブデザイン”と呼ぶ制作方法をオススメします。

これまでは殆どのサイト制作会社は異なるブラウザによる閲覧を想定し、画面サイズに合わせてサイトを制作していました。

スマホサイトとPCサイトを別々に作ると手間がかかりますが、レスポンシブデザインは1つのURLに対して1つのHTMLで済むので、ページの運用コストを削減でき、ユーザーに対して統一したメッセージを伝えることができます。

グーグルは2012年頃からレスポンシブデザインでサイトを制作することを推奨
しています。
参考 モバイルサイトを実装する 3 つの方法developers.google.com

昨今では殆どのサイトで、PCからのアクセスよりもモバイルからのアクセス数が多くなっているため、そもそもコンテンツをPC用、スマホ用と分ける必要性がなくなりつつあります。
ユーザーがどんなデバイスでアクセスしてきても、コンテンツを見やすく提供できるようにしましょう。

レスポンシブデザイン制作時の注意点

モバイルフレンドリーになっているか
レスポンシブデザインのテーマを使ってサイトを作ったからといって
モバイルフレンドリーになっているとは限りません

必ずサイトが完成してから、モバイルフレンドリーかどうかを確認しておきましょう。

テキストの量や改行が適切か
レスポンシブデザインで制作する際に、パソコンでの見え方よりもスマホでの見え方を意識する必要があります。
特に改行や段落の取り方については、PCとスマホでは見え方が異なりますので、
更新する度にスマホでの見え方を確認すること
をオススメします。

Google Chromeでは