ページの表示速度を改善する方法

ページにアクセスした際に、なかなか表示されずにイライラした経験はありませんか?
表示されるまでに何秒だったら待てますか?

近年ではホームページの閲覧はパソコンよりモバイルからのアクセスの方が多くなっていますので、パソコンではあまり気にならない速度でも、通信速度の影響もありモバイルではパソコンよりも表示に時間がかかってしまいます

そこで大事なのが、ページの表示速度を速くする工夫です。

表示速度を速くする必要性

ページの表示スピードを速くすることはどれほど必要なのでしょうか。

ユーザーの利便性

一般的に、ページの表示スピードが速い方が1訪問あたりのページビュー数が多くなります。

さらにページに辿り着いた最初のページが遅いと、直帰されてしまうユーザーが増え、直帰率が悪くなってしまいます。

サクサクと開けるサイトの方がより多くのページを閲覧してもらえるので、結果的にコンバージョンの増加に貢献します。

検索エンジン対策として


Googleでは検索順位を決める要素の1つとして、ページの表示スピードを使っています。

極端に遅いページは、検索結果の上位に表示されないようになっています。

現在の表示スピードを知る

では、現在のあなたのホームページの表示スピードはどの程度の速度でしょうか?

ブラウザーでは一度アクセスしたページのデータを保存しているので、まっさらな状態でスピードを体感する必要があります。

グーグルでは「PageSpeed Insights」というスピード測定のツールを提供していますので、URLを入れるだけで簡単に計測できます。
参考 PageSpeed Insightsページの表示速度を計測するツール

表示速度を速くする方法

では、どのように表示速度を改善すれば良いのでしょうか。

技術的にはいくつもの対策が考えられますが、比較的簡単にできる対策をいくつかご紹介します。

サーバーのスペックを高める

もし今使っているサーバーが遅いサーバーの場合、プランを上げたりサーバーを乗り換えることによってスピードが劇的に上がる場合があります。

速いサーバーにもいくつかのタイプがありますので、別記事で紹介します。

画像の容量を小さくする

ページに使っている画像を最適なサイズにすることも、速度の改善につながります。

画像を載せる際は、画像サイズを表示させるサイズにあった適切なサイズに加工してからアップすることをおすすめします。
表示させるサイズ以上の画像データは無駄なので削りましょう。
表示サイズ以上に画像サイズが大きい場合、「PageSpeed Insights」でも指摘されます。

その上で、画像の容量そのものを圧縮してくれるサービスがあるので利用しましょう。

使い方は簡単で、容量を圧縮したい画像をドラッグアンドドロップするだけで画像が圧縮され、ダウンロード可能な状態のリンクが表示されます。
画像にもよりますが、30%~80%程度圧縮できる場合もあります。
参考 TinyPNG画像圧縮ツール

デザインを変更する

ワードプレスのサイトの場合、デザインテーマによってスピードが遅いテーマも存在します。

最近では表示スピードが速いことを売りにしているテーマもありますので、デザインテーマを選択する際にも注意して選びましょう。

テーマを変更するだけで一気にスピードアップする場合もあります。

まとめ
表示速度が遅いと悪い事ばかりなので、0.1秒でも早く表示ができるように取り組みましょう。