ホームページに記事をどれくらい載せたら良いのか

ホームページのコンテンツを作成するとき、1記事あたりにどれくらいの文字数を書くのが良いのでしょうか?

文字数の多い少ないではなく、コンテンツの量は多ければ多いほど良いと考えますが、どんな記事をどのように掲載するのが良いのかについて解説していきます。

記事を増やす理由

サイトをオープンするには、始めは少ない記事でオープンしても問題ありませんが、運用していくなかで継続的に記事を増やしていくことをおすすめします。

なぜなら一般的なホームページでは、検索エンジンから訪れるユーザーが大半なので、検索されるキーワードにマッチする記事があればあるほど、訪問してくれるユーザーが増えます。

いろんなユーザーが訪れることで、そのデータを活用することも可能になります。

記事を増やすコツ

記事を増やすといっても、ネタを考えて書く必要があり、なかなか増やせないサイトも多くあります。

まずはどんなユーザー向けに記事を書くのかを想定し、記事のタイトルや小見出しを考えていきます。
すらすらと書けても、読みやすい構成にする必要がありますので始めに構成を決めておくのが良いでしょう

ホームページを更新しやすい造りにしておくこともポイントです。
失敗しない、成果のでるサイト制作のポイント

1記事に必要な文字数とは

文字数の多い少ないは、検索エンジン対策にとってそれほど重要ではありません。

1記事あたり何文字がいい、なんていう事を書いているサイトもありますが、ユーザーやGoogleにとってもそのような決まりはありません。

それぞれ伝えたい内容に合った適度なボリュームにする必要があります。

例えば、ある病気についての記事を書く場合は、その症状や原因、治療法、薬についてなど、その病気に関する情報が網羅されている方がユーザーのニーズを満たせるコンテンツになると考えます。

文字数は多ければ多いほど良い、というわけではありませんので、質の高い記事をしっかりと書くことが大切です。

Googleが考える質の高いコンテンツとは?23項目 どんなキーワードで検索されて来たのかを知る3つの方法