効果を測定できるQRコードの作成方法

ホームページへの誘導を目的としたQRコードを作る場合、実際にそのQRコードを読み取ってサイトへアクセスしてくれたユーザーがどの程度いるのか気になりませんか?

QRコードで何ができるか?

パンフレットや名刺などの主に紙媒体にQRコードを載せるメリットは、サイトへの誘導がスムーズになるから、という理由だけではありません。
そのQRコードからアクセスしてもらうことによって、サイト上での行動をGoogleアナリティクスで把握し、成果を測定することができます。

例えば、チラシなどの複数の媒体がある場合、それぞれに個別のQRコードを貼り付けることによって、どの媒体からのユーザーが最も利益を生み出しているのか、なども集計することが可能になります。

また、チラシ等の場合はほとんど読まれていないのでは?という仮説もある程度確かめることができます。

このようにQRコードで成果を測定できるようにするには、

  1. URLの末尾にパラメーターという文字列を付け加える
  2. その付け加えたURLをQRコードに変換する
  3. アクセスをGoogleアナリティクスで確認
という手順になります。

パラメータの付け方

パラメータとはURLの末尾に追加する文字列のことです。
URLにパラメーターをつけてもつけなくても開くページの動作には変化はありません。
しかし、実際にアクセスされるとページに埋め込んだGoogleアナリティクスによって、そのパラメータが付いたアクセスであることを判別できるようになります。

QRコードから誘導したいURLにパラメータを付けるには手動で作成することもできますが、Googleが提供しているURL生成ツールというサービスを使うと簡単に作成することができます。
参考 Campaign URL Builderパラメーターを簡単に作成できるサービス

QRコードの作り方

QRコードを生成するには、無料のオンラインサービスがおすすめです。

下記のようなサイトでは、フォームに入力をするだけで簡単にQRコードを生成し、画像として保存することができます。
参考 QRコード作成サイト/無料版

Googleアナリティクスで確認する方法

Googleアナリティクスでは、「集客」→「キャンペーン」→「すべてのキャンペーン」を表示させ、「参照元/メディア」を開くとパラメーターに記述した参照元とメディアが表示されます。

図のようにどのQRコードからページにアクセスされたのかを把握することができます。

さらにこのユーザーがその後にどんな行動をとったのかもアナリティクスでは分析することができます。
サイトの改善に必要なアクセス解析とは 【初心者でもわかる】Googleアナリティクスの始め方