最初にやるべきGoogleアナリティクスの初期設定

ホームページを立ち上げたら、アクセス数やどんなユーザーが閲覧しているのかなどは気になりますよね。

単純にアクセス数だけを知るのであればサーバーに附属している機能やアクセスカウンターのようなサービスで十分ですが、Googleアナリティクスは必ず導入しておくことをおすすめします。

Googleアナリティクスは導入したその日以降のデータしか見れません。
そのため今は見方がよくわからない、必要ないと思っている方でもホームページを立ち上げたら必ず導入しておきましょう

Googleアナリティクスとは

Googleアナリティクスとはホームページの分析をするためのサービスのことです。
全ての機能を無料で使えます。

最初のアナリティクスのアカウント作成方法などについてはこちら
【初心者でもわかる】Googleアナリティクスの始め方

すぐにやるべき初期設定

Googleアナリティクスのタグをページに埋め込んだら、最初に設定を整えましょう。

正しく初期設定をしておくことで、不要なデータが混ざってしまうことを防ぎます。
Googleアナリティクスは設定を変更しても、それまでのデータには反映されないのでなるべく早い段階で正しいデータを取得する準備が必要です。

画像をつけて下記の通り解説しますので、そのまま設定することをおすすめします。

画面左下にある「管理」を開くと「アカウント」「プロパティ」「ビュー」と3列並んでいます。

アカウント」は会社ごとに1つという使い方でOKです。

プロパティー」はサイトごとに分ける必要があるので、サイトが複数ある場合はサイトごとにプロパティに分けましょう。

ビュー」は1つのサイトでもいろいろな切り口に分けて見る場合に、予め複数設定しておくことができます。

アカウント設定

まず「アカウント」では「アカウント設定」を確認しましょう。

このようにカウント設定の中に「データ共有設定」があります。
基本的には”推奨”とされている全ての項目はチェックをつけましょう。

Googleのサポートを受ける場合に必要な項目も含まれています。
「データ処理修正条項」など同意が必要なものも表示されますが、基本的には外国に拠点があるビジネスの場合が対象です。

次にプロパティの列を上から確認していきます。

プロパティ設定

プロパティ名はサイトを通常はサイト名などで結構です。
デフォルトのURLとは、計測するドメインのことです。
通常はサイトのトップページのURLですがURLの末尾に「/」はつけないようにします。

デフォルトのビューは、アナリティクスを開いた時に最初に表示されるビューのことです。
どれか1つのを選択できますが、最初は特に触らなくても大丈夫です。

業種
ショッピングや美容、フィットネスなどこのサイトはどの業種のサイトなのかを選択します。
これは、ベンチマークのレポートで同業他社と比較したりする際に役立ちます。

その他の詳細設定
その他、いくつか設定がありますが設定が複雑になってくるので、一旦全てオフにしておいて大丈夫です。

トラッキング情報


次にトラッキング情報の中にある各ページを見ていきます。

データ収集
データ収集の中に「Google シグナルで使用するデータの収集」という機能がありますのでこちらは「オン」に設定しておきましょう。
これをオンにすることで、同じユーザーがスマホやPCを使っている場合に同一ユーザーからのアクセスであると判断して、分析できるようになります。
ユーザー数を重複してカウントすることを防ぐことにつながり、データの精度を高めることに繋がります。

※これにより「クロスデバイス」というレポートも表示されるようになります。

データ保持
2018年にEUでの個人情報保護に関する新たな規則に対応したもので、ユーザーのデータを保存する期間がデフォルトで26カ月で削除される設定になっています。
この期間を過ぎてもずっとデータを残しておきたい場合は、プルダウンメニューから「自動的に期限切れにならない」を選択しましょう。

最後に「ビュー」の列を見ていきましょう。

ビューの設定

ビューとは実際の分析レポート画面を表示させる際に絞り込む設定です。
例えば、スマホ専用のビューを作成するとスマホからのアクセスのみを表示させたレポートを生成することができます。
ビューは1プロパティーあたり25個まで作成できます。
作成する場合は、1つは何もいじらないオリジナルのビューを残しておくようにしましょう。

ビュー名
わかりやすい名前で結構です。
例:スマホのみ、など

ウェブサイトのURL
サイトのトップページとなるURLを入力します。
プルダウンでhttpかhttpsを選択しましょう。

通貨
ショッピングサイトの売り上げなどを表示させるためにも使われますが、目標(コンバージョン)に対しても金額を設定できるため、ここでの設定は「日本円」を選択しておきましょう。

ボットのフィルタリング
「既知のボットやスパイダーからのヒットをすべて除外します」に必ずチェックを入れてください。
これにチェックをしないと海外からのスパムのようなアクセスを含めてしまうので、データが正確ではなくなってしまいます。

まとめ

これらの設定を始めに行っておくことで、後々の分析がしやすくなります。

Googleアナリティクスは何も設定しなくても使えますが、これらの設定をすることでより正確なデータになります。
成果を上げる記事制作のためのアナリティクス活用法