記事内に広告を含む場合があります。

WordPressのアクセス解析の方法。ブログを分析する方法

  • WordPressブログのアクセス解析をしたい
  • どんな読者にブログ記事が読まれているのか知りたい
  • アクセス数を増やすヒントを知りたい
WordPressブログのアクセス解析をすると、どんな読者がブログに訪問し、どのくらいページを見てくれたのかなどを把握できます。

アクセス解析ができると、ブログ記事を改善するヒントを得られます。

あなたのブログは訪問者数を増やせていますか?

WordPressで簡単にできるアクセス解析を活用すると、訪問者の行動を把握し、より多くの人に読まれる記事にできます。

この記事を読むとわかること
ブログに必要なアクセス解析とは
ブログ記事を改善するための方法
アクセス数を増やすための分析

この記事を読むと、どの記事が人気なのか、訪問者がどのような経路でブログにたどり着いているのかを知り、具体的な改善策を見つけられるようになります。

この記事は毎日ブログのアクセス解析を行っている私が解説します。

WordPressのアクセス解析とは?

アクセス解析とは、ブログに訪れたユーザーの情報やユーザーの行動を分析することです。

どんなユーザーが、いつ、どうやってブログに訪問し、どんな行動をとったのかを確認できます。

アクセス解析をすると、以下のようなことがわかります。

アクセス解析でわかること
どんなユーザーがアクセスしたか
どのページがどれだけ読まれているのか
いつ、どんな行動をしたか

アクセス解析ができると、ブログを効率よく成長させられます。

アクセス解析の目的

アクセス解析の目的は、サイトの目的を達成するための課題を発見し、改善に役立つ情報を収集することです。

アクセス解析によって、読者の行動がわかると、ブログの集客に活かせたり売り上げを高めるヒントを得られます。

アクセス解析を行うことによって、ブログサイトの状況を良く把握できます。
問題点や課題を見つけられることによって更にブログを改善できます

コンビニエンスストアにある防犯カメラとPOSレジシステムを組み合わせたようなイメージです。
どんな人(性別や年齢など)がどんな商品(ページ)を見て、買い物かごに入れたのか、どんな決済をしたのかが全て把握できます。

稼げるようになるために必要な情報を得られるかもしれないんですね。

アクセス解析の主な手順

WordPressブログのアクセス解析を行うには、WordPressにアクセス解析のタグを設置します。

ページに設置したタグを通じて、読者の行動を把握できるようになります。

自分が所有しているサイトしかアクセス解析ができないってことですね。

WordPressのアクセス解析におすすめの無料ツール

WordPressブログのアクセス解析に必要なのは以下の2つのツールです。

  • Googleアナリティクス(GA4)
  • Googleサーチコンソール

この2つのサービスを使うだけで、ブログのアクセス解析に必要なデータは全部揃います。

Googleアナリティクス

WordPressのアクセス解析をするなら、Googleアナリティクス4(GA4)がおすすめです。

GA4は無料で利用できる高機能なアクセス解析ツールです。

Googleアナリティクスは無料で使えるサービスなので、世の中の多くのサイトで利用されています。

GA4の使い方はこちらの記事をご覧ください。
GA4の使い方・GA4でブログを分析する方法

Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソール(Google Search Console)とは、Googleの検索結果の情報を無料で取得できるサービスです。

サーチコンソールを使うとわかること

・ページが表示された検索キーワードがわかる
・ページの問題点がわかる
・どのページからリンクされているかがわかる

Googleサーチコンソールの登録と使い方はこちらの記事で解説しています。
Googleサーチコンソールの登録方法と初心者におすすめの使い方

WordPressとGA4の連携方法

WordPressでGA4(ウェブサイトの訪問者行動を分析するツール)を使えるようにするには、最初にGA4のアカウントを作成します。

作成したアカウント内で発行されるタグを、WordPressに設置します。

Googleアナリティクスのアカウント作成

GA4を利用するにはGoogleアカウントが必要です。
Googleアカウントにログインした状態で以下の操作を行ってください。
STEP.1
GA4の公式サイトを開く
STEP.2
アカウントの作成

アカウント名を入力します。
データ共有設定のチェックボックスは全てチェックを入れておいてOKです。
※アカウント名はあとで変更できます。

STEP.3
プロパティの作成
アカウントの中にプロパティを作成します。

プロパティはサイトごとに作ることが多いので、サイト名などを入力します。
タイムゾーンは日本、日本円を選択してください。

STEP.4
ビジネスの説明
業種と規模を選択してください。

STEP.5
ビジネスの目標を選択

この選択によってGA4のレポートにあらかじめ表示される項目に違いがあります。
「ベースラインレポートの取得」を選択するとすべてのレポートが表示されます。

STEP.6
データの収集
データ収集に関する規約に同意が必要です。


選択する国によって利用規約が異なるので、利用する国を選択して同意してください。



ウェブサイトの計測をする場合は、「ウェブ」を選択します。



ウェブストリームの設定画面で「ウェブサイトのURL」と「ストリーム名」を入力してください。
拡張計測機能はチェックを入れておくのがおすすめです。
STEP.7
ウェブストリームの詳細
この画面が表示されれば、GA4のアカウント、プロパティ、データストリームの新規作成が完了です。

全ての手順を画像付きで解説しています。

GoogleアナリティクスをWordPressに設置する

GA4を使うには指定されたタグを、すべてのページに設置する必要があります。
そのタグがページを訪問したユーザーのデータを収集します。

GA4タグを設置するおすすめの方法を紹介します。

  1. プラグインを使ってタグを設定する方法
  2.  WordPressのプラグインを使ってGA4を導入できます。

  3. ページに直接タグを設定する方法
  4.  WordPressのテーマファイルにタグを埋め込む方法です。

どれか1つの方法でGA4を導入してください。

タグを重複して設定してしまうと、データを正しく計測できないからです。

GA4のアカウントを新規作成する方法はこちらの記事で解説しています。
GA4の使い方・GA4でブログを分析する方法

プラグインを使ってタグを設定する方法

WordPressブログで新規にGA4を利用する場合、プラグインを使ってタグを導入する方法が一番簡単でおすすめです。

GA4のタグを利用するには「Site Kit by Google」というGoogleが提供しているプラグインを推奨しています。

Site Kit by GoogleでGA4を設定する方法はこちらの記事で解説しています。
Site Kit by GoogleでWordPressとGA4の設定方法と使い方

ページに直接タグを設定する方法

WordPressのプラグインが使えない場合や、WordPress以外のサイトで使う場合は、ページに直接Googleタグを設定する方法もあります。

STEP.1
タグを確認する
GA4の「管理」から対象のプロパティの「データストリーム」を開きます。

ウェブ欄に表示されているデータストリームを開きます。

データストリームの詳細ページの一番下にある「タグの実装手順を表示する」をクリックします。


STEP.2
Googleタグをコピーする
タブを切り替えて「手動でインストールする」をクリックします。
画面の枠内に表示されているGoogleタグをコピーしてください。

STEP.3
Googleタグを設置する
サイト内のすべてのページにGoogleタグを( 要素の直後)に貼り付けてください。

WordPressの場合、管理画面のメニューから「外観」→「テーマファイルエディタ」を開いて、テーマのヘッダーファイル(header.php)内に記述します。

※テーマによってはテーマのファイルに書き込まなくても、テーマの機能から追加できる場合があります。

Googleサーチコンソールの設定方法

Googleサーチコンソールを利用するには、最初にサイトの登録が必要です。
自分が管理しているサイトのみを登録できます。(他人のサイトを勝手に登録することはできません)

Googleアナリティクスの管理権限があればGoogleサーチコンソールの所有権の確認は簡単にできます。

アナリティクスの登録から先にやった方がいいんですね。

サーチコンソールの登録方法

STEP.1
Googleサーチコンソールにアクセス
Googleで「サーチコンソール」と検索または、Google Search Consoleの公式サイトから「今すぐ開始」をクリックします。


STEP.2
URLの入力
Googleサーチコンソールの管理に使うGoogleアカウントでログインしてください。

(※画面右上に表示されているGoogleアカウントに紐づかれるので、もし違うアカウントで登録した場合はこの時点でログインしなおしてください。)

ログインしている状態であれば、以下の画面が表示されるので、右側のURLプレフィックスという枠の中に登録するサイトのURL(トップページ)を入力し、「続行」してください。


URLプレフィックス側にサイトのトップのURLをhttpsを含めて入力してください。
https://www.example.com/ のように入力すると、
https://www.example.com/m/ など配下のページも網羅されます。

STEP.3
所有権の確認
登録するサイトがあなたの管理下にあるサイトなのかを確認します。
サイトの所有権を確認する方法は複数あるので、どれか1つの方法で確認ができればOKです。

おすすめの確認方法として「HTMLファイル」となっていますが既にGoogleアナリティクスで計測ができている場合は、「Google Analytics」を選択すると自動的に確認がとれます。
それぞれの確認方法について解説します。

サイトがあるサーバーにファイルをアップロードできる場合は、htmlファイルをダウンロードし、FTPソフトなどでダウンロードしたファイルをアップロードしてください。
その後、「確認」をクリックすれば所有権の確認が完了します。

この方法は、指定されたメタタグを内に張り付けて確認する方法です。

WordPressの場合は、WordPress管理画面にログインし、「外観」→「テーマエディター」からheader.phpのファイル内に張り付けられます。
※正しい操作をしないと、サイトの表示が崩れてしまう可能性があるので、タグがわからない方にはおすすめしません。


もしサイトにGoogleアナリティクスのトラッキングコードが埋め込まれている場合で、同じGoogleアカウントを利用している場合は、この確認方法が最も簡単です。
確認ボタンを押すだけで自動的に確認作業が完了します。

Googleサーチコンソールの登録方法の詳細はこちらの記事で解説しています。
Googleサーチコンソールの登録方法と初心者におすすめの使い方

サーチコンソールの見方

Googleサーチコンソールでブログ記事を改善する方法はこちらの記事で詳しく解説しています。
SWOT分析Googleサーチコンソールでブログ記事を改善する方法

アクセス解析したデータの活用方法

GA4やGoogleサーチコンソールのデータは、どのようにブログ運営に役立つのかを紹介します。

ただデータを見るだけでは改善に活かすことはできません。
アクセス解析のデータを改善に活かすにはコツが必要です。

検索順位を上げる

検索結果上のクリック率を上げる

アクセス解析ができるWordPressプラグイン

無料のプラグインをインストールするだけでアクセス解析をする方法があります。

Googleアナリティクスはちょっと難しそうと感じる方におすすめの方法です。

Googleの公式のプラグインである「Site Kit by Google」を使うと簡単にブログのアクセス数を把握できます。
GA4やGoogleサーチコンソールの導入もできます。

Site Kit by Googleの使い方はこちらの記事で解説しています。
Site Kit by GoogleでWordPressとGA4の設定方法と使い方

アクセス解析にプラグインを利用するメリット

WordPressの場合、プラグインを使ってアクセス解析をするのがおすすめです。

プラグインを使う場合、WordPressの管理画面上でアクセスのデータを確認できるため、時間を短縮できます。

ただし、詳しいデータを知りたい時にはGA4の公式サイトで確認しましょう。

アクセス解析にプラグインを利用する注意点

SEO関連のプラグインやWordPressのテーマによっては、アナリティクスのタグを設置できる機能が搭載されています。

この記事で紹介した方法でGA4のタグを設置して、更にプラグインなどでタグを設置してしまうと、データを2重で測定してしまい、正しいデータを確認できません。

GA4のタグの設置は、いずれか1つの方法で設置してください。

SEOとWordPressアクセス解析

SEOの基本

アクセス解析でSEOを強化

アクセス解析のよくある質問

WordPressの場合、無料でアクセスができるSlimstat Analyticsというプラグインがあります。

サーバーでもアクセス解析機能を提供しているサーバーもあります。

まとめ

この他、サーバーが提供するアクセス解析画面でも大まかな数値は把握できます。

GA4の初期設定はこちらの記事で解説しています。
GA4の設定方法。WordPressへの導入方法と初期設定 Googleサーチコンソールの登録方法と使い方はこちらの記事をご覧ください。
Googleサーチコンソールの登録方法と初心者におすすめの使い方

Googleアナリティクスを使うと、ユーザーの行動を詳しく確認できます。
しかし、データを見るだけではブログの改善には活かせません。

問題点を見つけたり、課題を発見するためにアクセス解析をするのがおすすめです。

※GAIQ(Google Analytics Individual Qualification)
Googleアナリティクス(GA4)の使い方と設定方法【ブログ初心者向け】 GA4の使い方・GA4でブログを分析する方法