WordPressのユーザー名を変更する方法

WordPressでサイトを作るとデフォルトで「admin」などのユーザー名が設定されている場合があります。

WordPressのユーザー名を変更したい場合、こんな疑問はありませんか?

WordPressユーザー名について
・ユーザー名を変更する方法が知りたい
・ユーザー名は変更した方がいい?
・ユーザーを削除する方法

この記事では、WordPressのユーザー名を変更する手順とそのメリット・デメリットについて詳しく解説します。

ユーザー名とブログ上の表示名は違う!?

まず確認ですがWordPressには「ユーザー名」と「ブログ上の表示名」(ニックネーム)と呼ばれる2種類あります。

この記事ではユーザー名を変更する場合について解説します。

ユーザー名:
あなたがWordPressの管理画面にログインする際に必要となるもので、WordPressのインストール時やユーザーの追加時に必ず設定されている英数字のことです。
一度設定したものは管理画面から変更することはできません。
ブログ上の表示名:
ユーザー名とは別にニックネームとして登録することができ、これを表示名としてサイト上で使用できます。
日本語でも設定でき、途中で変更することもできます。

ユーザー名を変更する必要性

まずユーザー名は管理画面にログインする際に必要な情報でもあるため、一般的な単語やありきたりなものを避けたほうが安全です。

特に「admin」などと設定されているものを多く見かけますが、セキュリティ上は危険です。
初心者でもできるWordPressのセキュリティ対策10選

ユーザー名の変更方法

デフォルトのWordPressの管理画面からはユーザー名の変更はできません。
(ブログ上の表示名は変更できます。)

ユーザー名を変更する方法は全部で3つあります。

新規にユーザーに作る方法

新規にユーザーを作成して今あるユーザーを削除する」という方法です。

STEP.1
新しいユーザーを管理者として作成する
管理画面メニューにある「ユーザー」→「新規追加」を開き、新たに希望するユーザー名を使ってユーザーを作成します。
このユーザーには”管理者”の権限を付与してください。
STEP.2
一度ログアウトする
新規の管理者を追加できたら
一旦今ログインしているアカウントからログアウトしてください。
STEP.3
新しいアカウントでログインする
先ほど作成した新しい管理者アカウントにログインしてください。
STEP.3
旧ユーザーを削除する
削除したい管理者アカウントを削除します。

プラグインを使う方法

ユーザー名を変更するために作られたプラグインソフトがいくつかあります。
その中でも「Username Changer」というプラグインが比較的評価が高いのでおすすめです。

データベースを書き換える方法

この方法は上級者向けなので、
WordPress初心者の方にはおすすめしない方法です。

phpMyAdminを使ってデータベースに登録されているユーザー名を直接書き換える方法があります。
詳しい解説はここでは省略しますが、デフォルトの状態で「wp_users」というファイルの中にある「user_login」という部分を変更することで、ユーザー名を書き換えることができます。

まとめ

サイト上に表示されていなくても、登録したユーザー名のままではセキュリティのリスクがあるので、変更しておきましょう。

WordPressユーザー表示名を変更・隠す方法