WordPressユーザー表示名を変更・隠す方法

WordPressでサイトを作ると、サイト上にブログの作者などとしてユーザー名が表示されてしまうことがあります。

この記事ではユーザーの表示名に関する以下のことについて解説します。

ユーザー名に関する問題
・サイト上に表示されるユーザー名を変えたい
・表示名を変更するメリットとは?
・ユーザー名を完全に隠す方法とは?
このようなサイト上の表示名の疑問について徹底的に解説していきます。
WordPressサイトのセキュリティ対策としてもぜひおすすめの方法なので設定してみてください。

ユーザー名とブログ上の表示名の違い

WordPressではユーザー名の他にニックネームとしてサイト上に表示することができる「ブログ上の表示名」という設定があります。

ユーザー名:
あなたがWordPressの管理画面にログインする際に必要となるもので、WordPressのインストール時やユーザーの追加時に必ず設定されている英数字のことです。
一度設定したものは通常の管理画面からは変更することはできません。
ブログ上の表示名:
ユーザー名とは別にニックネームとして登録することができ、これを表示名としてサイト上で使用できます。
日本語でも設定でき、途中で変更することもできます。
このようにログイン時に必要なユーザー名とブログ上での表示名は別なものに設定できるということを覚えておきましょう。

ブログ上の表示名を設定する必要性

WordPressをインストールし、初期の設定のままだとユーザー名がそのままサイト上に公開されてしまいます。

ご存じの通りユーザー名はサイトの管理画面にログインする際に必要なものなので、なるべく公開しないようにした方が良いです。
ユーザー名がわかってしまうということは、パスワードさえあればログインされてしまうので「ブルートフォースアタック(総当たり攻撃)」の成功率が上がってしまいます。

ブログ上の表示名の変更方法

ブログ上に表示される名前を変更するには、管理画面の「ユーザー」→「プロフィール」を開くと「ニックネーム」という項目があるのでそこに任意の文字を入力できます。

その後、「ブログの表示名」というプルダウン項目で入力したニックネームを選択し保存すれば完了です。

しかし、この方法ではサイト上からはユーザー名を消すことができても、悪意があるユーザーがユーザー名を探そうとすれば簡単に見つけることができてしまうのです。

投稿者アーカイブを見る方法

あなたのサイトURLの末尾に「/?author=1」と付け足したURLにアクセスしてみてください。

投稿者アーカイブと呼ばれる投稿者ごとの記事一覧ページが表示され、そのアドレスバーにはあなたのユーザー名が表示されてしまうことが確認できます。

この場合のauthor=1の1とはユーザーを作成したユーザーの順番を指します。
ユーザーが複数いる場合は数字を変えてアクセスすると、すべてのユーザーのユーザー名を見つけることができます。

ユーザー名を完全に隠す方法

この投稿者アーカイブを無効にするにはプラグインソフトを使う方法がおすすめです。

プラグインを使う方法

投稿者アーカイブに表示される名前を変更することができるプラグインを紹介します。
「Edit Author Slug」というプラグインです。

このプラグインを使うとユーザーのプロフィールページに「投稿者スラッグ」としてユーザー名を隠すための設定項目が表示されるので、そこで任意の文字列を指定すれば完全に外からユーザー名を知ることはできなくなります。

その他の方法

プラグインを使わなくても投稿者に関するテーマファイルを直接編集することで、投稿者アーカイブを非表示にすることができます。
具体的には「author.php」を編集する方法や「functions.php」を編集する方法がありますが、テーマによってはうまく機能しない場合もあるので初心者にはおすすめしません。

まとめ

サイト上に表示されていなくても、登録したユーザー名のままではセキュリティのリスクがあるので、できれば変更しておきましょう。
初心者でもできるWordPressのセキュリティ対策10選 WordPressのユーザー名を変更する方法