音声チャットツール「ClubHouse」とは

音声版のTwitterとして、徐々に人気が出てきた音声SNSアプリが「ClubHouse」です。


この記事は2020年1月27日時点の情報を元に書いています。

ClubHouseとは?

ClubHouse(クラブハウス)とは音声チャットができる無料SNSアプリです。
音声版Twitterとも言われ、今話題のアプリです。

サンフランシスコに拠点を置くAlpha Explorationによって2020年3月に立ち上げられました。

資金調達を行い、急速にユーザー数を増やしています。
日本でも徐々にユーザー数が増えてきています。

公式サイトはこちら

ClubHouseの特徴

音声でコミュニケーション

自由にトークルームを選択し入室すると、そのトークルームでのやり取りを音声で聞くことができます。
(自分は声をミュートにして聞くだけでもOK)

映像はないので気軽に発言、参加ができます。

身近な人たちとのコミュニケーションの場にしたり、講義やセミナーのような使い方もできます。

トークルームの中には音楽や歌を披露する人もいます。

ルームは3種類

作成できるルームは「Open」「Social」「Closed」の3種類があります。

「Open」は誰でも自由に出入りができるルームを作成することができます。

現在は招待制

現在、ClubHouseは招待制になっています。
ClubHouseユーザーからの招待が無いと参加することができません。

ClubHouseユーザーは2人まで招待をすることができます。

招待が無くてもアプリのインストールはできるので、早めにユーザー名を取得したい方はインストールして登録までしておきましょう。

英語版のみ

現在のアプリは英語のみに対応しています。

アプリの表示は全て英語ですが、音声は日本語でもOKです。

ClubHouseの今後

現在は、iPhoneアプリしかないので今後はAndroid向けも開発が期待されています。

Twitter社も昨年12月にTwitter上で音声チャットルームを開設できる「Spaces」のテストを開始したことがアナウンスされています。


Twitterに同様の機能が搭載される日も近いかもしれません。