記事内に広告を含む場合があります。

カラーミーショップの評判と口コミ・フリープランのデメリットとは?

  • カラーミーショップの評判は?
  • デザインや機能は十分ある?
  • 出来ない事やデメリットも知りたい
これからECサイトを作るなら、どのショッピングカートのシステムを選ぶのかは重要です。

なぜなら選ぶカートシステムによって機能が大きく違い、売り上げに影響が出るからです。

一度作ったカートシステムから、別のシステムに移行するのも大変です。

カラーミーショップなら初めての人でも簡単にショッピングサイトを開設でき運用できます。

この記事を読むとわかること
カラーミーショップで出来ること
カラーミーショップの評判やデメリット
料金プランや決済方法
カラーミーがおすすめな理由
この記事は実際にカラーミーでショッピングサイトを作成した経験がある私が、公式サイトに書かれていないデメリットも含めて解説します。

カラーミーショップ公式へ

カラーミーショップとは?

カラーミーショップとは、ECサイトを簡単に作成できるショッピングカートサービスです。


オンラインショップを作りたいけど、専門知識や費用をかけられない人が多くいます。

カラーミーショップを使うと、自分の商品をインターネット上で販売するためのショッピングサイトを低コストで簡単に作成・運営できます。

2022年の調査によると、カラーミーショップは、
・ネットショップ作成サービス利用者満足度No.1
・売り上げが期待できるネットショップ作成サービスNo.1
・食品事業者おすすめのネットショップ作成サービスNo.1
の評価を受けています。

GMOグループのGMOペパボという会社が17年以上運営しているショッピングカートサービスです。

カラーミーショップ公式へ

カラーミーでできること

カラーミーショップには、ショッピングサイトに必要な機能がすべて揃っているサービスです。

実際にはネットショップを開設しただけでは商品は売れません。
売り上げを伸ばすためには、集客数を増やしたり、サイトの改善が必要です。

カラーミーショップにはSNS連携機能やメルマガ機能など全350種類以上の機能があり、初めてショッピングサイトを作る人でも「売れる仕組み」が整っています。

カラーミーショップ公式へ

モールに出店する場合との違い

カラーミーショップで自社のネットショップを運営するのと、Amazonや楽天などの大手通販モールに出店する場合の違いは以下の通りです。

ブランドの独立性:
自社のネットショップを運営することで、ブランドイメージを自由に設定し、顧客との直接的な関係を築けます。
一方、大手通販サイトに出店する場合、顧客はそのモールのユーザーとなるため、直接的な関係は持てません。

費用:
自社のネットショップを運営する場合、初期の構築に費用や手間がかかりますが、売上に応じた手数料は安く済みます。
一方、大手通販サイトでは、商品が売れたときに一定の手数料が発生します。

カスタマイズの自由度:
自社のネットショップでは、デザインや機能を自由にカスタマイズできます。
一方、大手通販サイトでは、プラットフォームのルールに従う必要があり、カスタマイズできる範囲は制限されています。

顧客データの所有:
自社のネットショップを運営すると、顧客データを直接管理し、マーケティング活動に活用できます。
一方、大手通販サイトでは、顧客データのアクセスが制限されます。

カラーミーショップ公式へ

カラーミーショップの特徴と評判

ショッピングサイトを構築できる様々なカートシステムがある中で、カラーミーショップを選ぶメリットをまとめました。

カラーミーを使う7つのメリット
  • 初心者にも使いやすい
  • 無料で始められる
  • 充実した機能
  • 80種類以上のデザインテンプレートがある
  • 決済方法が充実
  • 定期購入機能がある
  • サポート体制が充実している

初心者にも使いやすい

カラーミーショップは、直感的な操作でショッピングサイトを作成できるので、初めてショッピングサイトを作る初心者にも使いやすいサービスです。

ショップのデザインはテンプレートから選択するだけで整うので、すぐにお店をオープンさせることができます。

プログラミングの知識がない初心者でも販売する商品の登録から、管理まで簡単に操作できます。

テンプレートがあるから簡単なんですね。
独自にデザインするよりも、売れるテンプレートを使って作るのがおすすめです。

カラーミーショップ公式へ

無料で始められる

カラーミーショップは無料でショッピングサイトを作成できるフリープランがあります。

クレジットカードなどを登録しなくても無料ですぐに始められます。

30日間の無料お試し期間もあるので、まずは無料でショッピングサイトを始めたいという方におすすめです。
初期費用も月額費用も0円ですが、決済手数料は6.6%+30円~というやや高めの設定になっています。

そのため、月商10万円以上の売り上げを見込むサイトの場合は、有料プランの方がお得になります。

ずーっと無料で使えるなんてすごいですね。

充実した機能

カラーミーショップには、在庫管理、売上分析、メール配信機能など、ショッピングサイトを運営するために必要な機能がすべて揃っています。

さらに機能を追加したい時は「カラーミーショップアプリストア」から機能を追加できます。
追加できるアプリは、無料・有料合わせて60種類以上のアプリがあります。

参考 アプリストアカラーミー公式サイト

80種類以上のデザインテンプレートがある

ショップのデザインはテンプレートの中から選んで作成します。

カラーミーでは80種類以上のデザインされたテンプレートが用意されています。

テンプレートは無料のテンプレートと有料のテンプレートがあります。

1からデザインするのではなく、テンプレートをベースにショップを作っていくのでオープンまでの時間も短縮できます。

デザインテンプレートはHTMLやCSSを編集してデザインをカスタマイズできます。

人気のデザインテンプレート
「MODE」

カラーミーショップ公式へ

決済方法が充実

カラーミーショップでは様々な決済方法に対応しています。

クレジットカードや銀行振込や代引きの他にも、AmazonPay、PapPay、コンビニ払い、後払いなどにも幅広く対応しています。

ショップをオープンして最短1営業日でクレジットカードや代引きなどの決済手段を導入できます。

決済方法が多い方が購入してもらいやすそうですね。
決済方法を選べる方がお客様にとって親切なサイトになります。

定期購入機能がある

通販サイトで売り上げを安定させるには、顧客に継続的に販売できる「定期購入」が有効です。

カラーミーショップの定期購入機能を使うと、1回の受注で毎月商品を届ける仕組みを簡単に作れます。

購入者自身でも定期購入のスキップやキャンセルもできるので、安心して定期購入を利用してもらえます。

サポート体制が充実している

カラーミーはショップ運営に関するサポート体制が充実しているのが特徴の1つです。

特に初めてショッピングサイトを作る場合、わからないことがたくさんあるのでサポート体制は重要です。

万が一、問題が生じたときでも迅速に対応してくれるため、初めてのネットショップ運営でも安心です。

メールと電話サポートに対応しています。

トラブルが発生した時に素早く対応してくれると安心ですね。

カラーミーショップはユーザー数が多いので、オーナー同士で問題を共有・解決できる「サポートコミュニティー」もあります。

ユーザー数が多いからこそ、共有の問題や悩みを共有できる場があります。

カラーミーショップはユーザーからの質問をツイッターでも受け付けています。

カラーミーショップ公式ツイッター
https://twitter.com/colormeshop

サポートの担当者が逐一情報を発信しているので、カラーミーショップに障害が発生した時などもすぐに情報をキャッチできます。

カラーミーショップのデメリット

カラーミーショップはメリットがたくさんありますが、デメリットもいくつかあります。

カラーミーを使うデメリット
  • カスタマイズに制限がある
  • 集客は独自で対応が必要
  • HTMLとCSSはサポートの対象外

カスタマイズに制限がある

カラーミーショップは、無制限にカスタマイズできるカートシステムではないので、カスタマイズできる範囲が限られているのがデメリットです。

対応していない機能を追加することはできません。

デザインもテンプレートをベースに作成するので、大幅なカスタマイズはできないというデメリットがあります。

他のショッピングカートサービスも同様です。完全にカスタマイズして作成したい場合は、ウェブの制作会社に依頼して作りましょう。

集客は独自で対応が必要

カラーミーショップでショッピングサイトを作るだけなので、集客できるとは限りません。

サイトへの集客数を増やすためには、検索エンジン最適化や広告などでサイトへのアクセスを増やす必要があります。

特に検索エンジン最適化をしてショップへのアクセス数を増やすには、商品ページを増やすだけでなく、商品について詳細な記事も必要です。

検索エンジン最適化は即効性がないので、時間をかけてコンテンツを充実させていくか、すぐに売り上げを上げたい場合は、広告を使った集客が必要になります。

カラーミーでは集客のための「かんたんリスティング機能」や「Instagramショッピング連携」にも対応しています。

HTMLとCSSのサポートは対象外

カラーミーショップはHTMLやCSSのサポートは対象外です。

デザインテンプレートを選択してCSSを追加することでデザインをカスタマイズできます。
しかし、テンプレートの表示が崩れてしまったりしても自己責任で対応しなければなりません。

カラーミー独自の「デザインカスタマイズに使える独自タグの一覧」も参考にしてください。

技術的な知識がある人や、簡単なカスタマイズをするだけなら特に問題なさそうですね。

カラーミーショップ公式へ

カラーミーショップの料金プラン

カラーミーショップの料金プランはフリープランの他に、3つの有料プランがあります。

レギュラープランでも十分な機能があるので、最初はレギュラープランから始めるのがおすすめです。

レギュラープランから始めて、売り上げが上がってきら上位のプランに即日変更もできます。

カラーミーショップ公式へ

料金プランの違い

料金プランごとの費用に関する違いは以下の通りです。

レギュラーラージプレミアム
月額費用4,950円
9,595円39,600円
初期費用3,300円3,300円22,000円
決済手数料4.0%~4.0%~3.14%~
有料プランの中で一番安いプランはレギュラープランの月額4,950円です。

プレミアムプランは月額費用が高い分、決済手数料が割安になります。

料金プランごとの作成・運用に関する違いは、以下の通りです。

レギュラーラージプレミアム
ディスク容量5GB100GB100GB
Amazon連携1,100円/月0円/月0円/月
ECアドバイザーなしなしあり
レギュラープランのディスク容量は、5GBなので小さなショッピングサイトであれば足ります。

しかし、レギュラープランの場合、Amazonと連携をするには月々1,100円がかかります。

プレミアムプランには、通常のカスタマーサポートとは別に、ショップの構築や機能について専任の「ECアドバイザー」がショップ運営のサポートや改善提案をしてくれます。

カラーミーショップの始め方

実際にカラーミーショップを始める方法を紹介します。

カラーミーは30日間無料で体験できるので、まずは無料お試しから開始します。

STEP.1
無料体験の申込み
カラーミーショップの公式サイトにある「30日間無料で試してみる」をクリックします。


STEP.2
アカウント情報の入力
ショップを作るために必要なアカウント情報を入力します。

クレジットカードなどの情報は不要です。

STEP.3
本人確認
携帯電話番号を入力し、SMS(ショートメッセージ)による本人確認が必要です。



携帯電話に届く4桁の数字を入力してください。

STEP.4
申込み完了
お申込みが完了すると、自動的にログイン画面が表示されます。

先ほど設定したショップURLとパスワードを入力すると、ショップの管理画面にログインできます。


たったこれだけでショップを開設できるなんて簡単ですね!

カラーミーショップ公式へ

カラーミーショップの管理画面

ショップの開設が完了すると、各種設定を行うためのガイドが表示されます。

ショップで取り扱う商材のジャンルを一覧から選択します。
あとから変更できるので決まっていなければ「まだ決まっていない」を選択すればOKです。

次の画面では、目標にする年商を選択します。
選択する年商によって、案内される情報が異なるようです。

設定を進めると「ショップ開設ガイド」が表示されます。

このガイドの通り進めると、ショップ名やデザインなど一通りの設定が抜け漏れなくできます。

何を設定すれば良いのか教えてくれるんですね。

カラーミーショップ公式へ

カラーミーショップで作ったサイト事例

実際にカラーミーショップを使って商品を販売しているサイトを紹介します。

the Farm

https://uni-green.net/
観葉植物・多肉植物の通販サイトです。
Cotyle Online Store

https://cotyle.com/
メンズ・レディースのセレクトショップです。
mogcook

https://mogcook.com/
魚の離乳食・ベビーフードの通販サイトです。

カラーミーなら、様々なジャンルのショッピングサイトにも対応できるんですね。

カラーミーショップ公式へ

まとめ

カラーミーショップの特徴やデメリットをまとめると以下のような方におすすめです。

・ネットショップ運営は初心者だけどネットショップを作ってみたい
 ⇒カラーミーなら初心者でも簡単に作れるのがメリットです。

・しっかりとサポートを受けられるサービスを選びたい。
 ⇒初めてのショップ運営でも安心。

 
・販売手数料が無料のショッピングサービスがいい。
 ⇒なるべく低コストでスタートできる。

カラーミーショップのよくある質問

はい。カラーミーショップはスマホ対応しているので、ショップの開設もスマホだけで完了できます。
ただし、デザインのカスタマイズなどはパソコンから操作するほうがスムーズなので、パソコンも使うのがおすすめです。
はい。
カラーミーWPオプションを利用すれば、カラーミーショップの中にWordPressをインストールできます。

サーバーやドメインを別途契約しなくても、ネットショップと同じドメインでWordPressブログを運用できます。

商品情報だけでなくコラムなどの記事をWordPressブログで更新することで、検索エンジン最適化をしやすくなります。

カラーミーショップのフリープランは、これからショップを始める方や月商10万円以下の方を対象としているプランです。

初期費用も月額費用も0円で利用できるのが特徴です。

月商10万円を超える場合は、有料プランに変更した方が決済手数料などがお得になります。
カラーミーショップのフリープランなら、特商法のページに表示する住所や電話番号を非公開にする機能があります。
ショップ上で身元を明かずにショップ運営を始められます。
はい。
カラーミーショップとWordPressの連携にはいくつかの方法があります。

どこでもカラーミー」という機能を使うと、WordPressの中にカートを埋め込むことができます。

自動で生成されるコードを、WordPressページに貼り付けるだけで商品情報とカートに入れるボタンを設置できます。

<どこでもカラーミーのイメージ>


カラーミーショップのドメインの中にWordPressを設置することもできます。
ただし、「カラーミーWPオプション」の契約が必要で、月額5,500円かかります。

はい。
カラーミーショップでは、無形商品の販売も可能です。

はい。
カラーミーショップはGoogleアナリティクスにも対応しています。
カラーミーショップの管理画面でGA4の測定ID(「G-」で始まる)を入力するだけでGA4の計測ができます。

eコマース機能も利用できるので、販売した商品やその売り上げなどもGA4上で確認できます。
GA4の初期設定はこちらの記事で詳しく解説しています。
GA4の導入方法。初心者向けWordPressへの導入方法と初期設定

はい。
カラーミーではデザインテンプレートをコピーできるので、本番環境を直接操作しなくてもコピーを操作できます。

カスタマイズや制作をする人には便利な機能ですね。
カラーミーには商品の宣伝文を自動的に生成してくれる「カラーミーAIアシスタント(β)」というアプリがあります。
このアプリを使うと、最短10秒で商品情報を基にしたSNS投稿用の文章を作成できます。
投稿用の文章を生成したら確認し、SNSでシェアできます。
ハッシュタグや絵文字も含めた文章を生成してくれるので、少し手直しするだけでSNSに投稿できる文章ができます。

カラーミーショップには「制作代行サービス」もあります。
ショップを開設する際の設定や、制作をプロに依頼できるサービスです。
新規に開設する場合や、他社のカートサービスから移行する作業をサポートしてくれます。

デザインを丸ごとプロにお願いしたり、一部分だけのカスタマイズや設定をお願いすることもできます。