実際に使って試したConoHaサーバーの評判

副業やアフィリエイトでサイトを作成しようとする際に、少しでも安くてコスパの良いサーバーを選ぶことは重要です。

この記事では、比較的新しいConoHa WING(コノハウィング)というサーバーを実際に使ってみた感想と、なぜ評判が良いのかについてまとめてみました。

実はConoHaサーバーにもデメリットがあるので、選ぶ際は注意しましょう。

ConoHaサーバーの概要

国内レンタルサーバー大手のGMOインターネットグループが提供する「ConoHa」というブランドです。
共用サーバー「ConoHa WING」というサービスの他に、VPSの「ConoHa VPS」、Windowsサーバーの「ConoHa for Windows Server」などのサービスを展開しています。

ConoHaサーバーの評判が良い5つの理由

表示が高速

”国内最速”と表現を前面に出しているほど、表示スピードにこだわったレンタルサーバーです。

昨今、ページの表示スピードはユーザビリティだけでなくSEOの要素にも加わっているため、少しでも早いサイト作りが求められています。
実際にGoogleのウェブマスター向けブログでも、ページの読み込み速度がSEOに影響すると発表されています。
参考 ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用しますGoogleウェブマスター向け公式ブログ

ただし、実際にはサーバーが早いからといってどんなサイトでも早くなるわけではありません。
ワードプレスの場合はデザインテーマやプラグインソフトによってスピードは大きく左右されます。
全く同じサイトを異なるサーバーにコピーして比較しない限り、スピードの比較はできません。

機能が充実

最近ではワードプレスでサイトを構築するためにサーバーを契約する方がほとんどなので、ConoHa WINGでは「WordPressかんたんセットアップ」という機能をリリースしました。

初心者でもすぐに簡単にワードプレスのサイトを構築することができるようになっています。

WordPressテーマが割引を購入できる

WordPressをインストールしたらすぐにデザインのテーマを選びます。
無料のものもありますが、有料のテーマだと一気に完成度が高いデザインを選べるので、制作のスピードがあがります。
ConoHa WINGでは、有料のテーマを割引価格で購入することができます。


ワードプレスのテーマの選び方

初期費用0円・ドメインも無料

初期費用もなく、契約してから料金が課金されるようになるのは翌月分からです。
そのため月の初めに契約をスタートすると、その月は最大31日間無料で利用することができます。

WINGパックという長期契約の割引プランがあります。
それぞれのプランごとに3ヵ月、6ヵ月、12ヵ月、24ヵ月、36ヵ月と契約期間が長ければ長いほど割引価格で契約することができます。
さらに独自ドメインが1つ永久に無料となります。
(ConoHa WINGサーバーを契約し続ける限り、独自ドメイン料金がかからないということです。)

最低利用期間がない

ほとんどのレンタルサーバーでは、1か月単位での契約が必要になり月の途中で解約してもその月の料金は支払わなくてはいけません。
それに対し、ConoHa WINGでは上記のWINGパック料金でない場合、時間単位の課金制になっています。

例えばベーシックプランの場合、最低利用期間は決められておらず1時間2円となっているので、もし丸2日間だけ利用してみてやっぱり解約したい、という場合は2円×48時間=96円だけの支払いで済みます。

お得なキャンペーン

上記のWINGパックで契約する方向けに、「今だけConoHa WINGが月額640円~使える」キャンペーンを開催しています。
12ヵ月以上のプランを申込みすると、全プランの料金が20%オフになります。

期間は2020年11月6日までです。



ConoHa WINGのプラン

ConoHa WINGには、「ベーシック」「スタンダード」「プレミアム」の3種類のプランがあります。
※その他「リザーブド」プランが用意されています。

それぞれ1時間単位で課金するのが通常の料金タイプとなっていますが、「WINGパック」という3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月単位で申し込みをすると期間に応じて割引が受けられる料金体系になっています。

さらに独自ドメインの料金がセットになっています。
ConoHa WINGを契約している限りは永久にドメイン料金が無料になります。

3ヵ月未満で解約する予定でなければ「WINGパック」で契約する方が断然お得です。
※料金の支払いは一括前払いになります。

ドメインとセットならWINGパック

レンタルサーバーとドメインを同時に申し込むことによって、サーバーは割引されドメインは契約期間中はずっと無料になるというパックです。

料金は最大で46%オフになるというお得なパックなので、ドメインと同時に申し込む場合はWINGパックを選択しましょう。

初心者は「ベーシック」プランから

独自ドメインとは別で、これから始めてWordPressのサイトを作ろうという方は一番安い「ベーシック」プランのスペックで初心者なら十分です。

ConoHa WINGではすぐにプランの変更が可能なので、必要なときにプラン変更をすれば始めから「スタンダード」や「プレミアム」にしなくて大丈夫です。

ConoHa WINGのデメリット3つ

無料お試し期間がない

ほとんどのレンタルサーバーでは無料でお試しができる期間が用意されていますが、ConoHa WINGでは無料お試しはできません。

ちょっと管理画面の操作感を見てみたい、といった場合でも有料の契約をしてからでないと確認ができません。

ただし、上記の通りConoHa WINGでは時間課金のプランがあるので、1時間単位で契約ができるようになっています。
1時間2円という課金方式です。

土日祝日のサポートがない

ConoHa WINGでは電話、チャット、メールでサポートを受け付けていますが、いずれも平日の10時~18時までの対応となります。
メールは受信されていても、返信は平日のみになります。

例えば、金曜日の夜に何か困ったことがあって解決したい、と思って問い合わせしても月曜日にならないと返答は得られないとうことです。

安定していない

ConoHaブランドは2013年からですが、ConoHa WINGは2018年9月からサービスを開始した比較的新しいサービスです。

エックスサーバーなどと比べると歴史が浅く実績も少ないので、一時的なエラーや障害はエックスサーバーに比べると多く発生しています。

ConoHa WINGに関するスイートまとめ

様々な方がConoHa WINGについてツイートしています。



まとめ

まとめると以下のようになります。

ConoHa WINGに向いている人
・サイトの表示を少しでも早くしたい人
・ドメインもセットで安く利用したい人
・WordPressのサイトを引っ越してそのまま使いたい人
ConoHa WINGに向いていない人
・安定性を求める人
・しっかりとしたサポートを求める人

ConoHa WING公式サイトへ

エックスサーバーとConoHaサーバーを徹底比較 【2020年最新版】失敗しないレンタルサーバーの選び方