ConoHa WINGの自動バックアップ機能と復元方法

万が一、ブログにトラブルが起きた場合、サーバーにバックアップ機能があればブログを元通りに復元することができます。

WordPress向けレンタルサーバーのConoHa WINGは、全てのプランに自動バックアップ機能がついています。

この記事を読むとわかること
ConoHa WINGの自動バックアップ機能
バックアップから復元させる方法

バックアップとか復元とか操作が難しそう。。。。

ConoHa WINGのバックアップと復元方法について初心者向けに解説しています。

ConoHa WING公式サイトへ

コノハウィングの特徴やデメリットの詳細はこちらの記事をご覧ください。
【実体験】ConoHa WINGの評判と3つのデメリット

自動バックアップ機能とは

バックアップとは突然サーバーに障害が発生したり、操作ミスによってデータが消えてしまった場合などに備え、データを別の場所に保存しておくことです。

このバックアップを自動で行ってくれるのが「自動バックアップ機能」です。

WordPressに不具合が起きると、せっかく書いた記事も一瞬で全て消えてしまう可能性があるので、ブログ運営をするならバックアップは重要です。

日々の操作で触れることのないバックアップ機能ですが、万が一の際に備えてバックアップ機能が充実しているサーバーを選びましょう。

ConoHa WINGの自動バックアップの特徴

ConoHaの自動バックアップの特徴
  • 無料で全プランに標準搭載
  • 過去14日分まで自動保存
  • バックアップからの復元も簡単

無料で全プランに標準搭載

ConoHa WINGの全プランに自動バックアップ機能が搭載されています。

事前に何も設定をしなくても、自動でバックアップしてくれているので初心者でも安心です。

バックアップの設定は何もしなくていいのは助かりますね。

過去14日分まで自動保存

コノハウィングのバックアップは1日1回自動で保存され、過去14日分まで保存されます。

復元する場合は、過去14日間のなかでどの日付の時点に復元するかを選べます。

14日以内に問題に気が付かないと復元の対象から外れてしまいます。

バックアップからの復元も簡単

ConoHa WINGではバックアップデータから、簡単な操作で復元させることができます。

バックアップは万が一の際に復元するためのものです。

バックアップ機能でサーバーを比較する場合、復元のしやすさを確認しておくことも重要です。

自動バックアップできるデータは3種類

ConoHa WINGの自動バックアップの対象となるデータ領域は、
「WEBサイト」
「データベース」
「メール」
の3種類です。

それぞれ個別に復元することができます。

メールは複数のメールアカウントを利用していても、希望するアカウント単位で復元できます。

バックアップから復元する方法

万が一、ブログに不具合が起きた場合、バックアップしたデータを使って復元する作業を行います。

以下のように管理画面からバックアップデータを確認することができます。

STEP.1
復元するファイルを選択
ConoHa WINGの管理画面にログイン後、「サーバー管理」→「自動バックアップ」を開きます。

※稀に「リストア不可」と表示されることがあります。
これは正常にバックアップデータを取得することができなかった状態なので、復元(リストア)することができない状態です。
STEP.2
復元の確認
復元(リストア)の操作は後から元に戻すことができません。

STEP.3
復元中
データを復元している間は「リストア中」と暫らく表示されたままになります。
データの量によって復元に時間がかかるので気長に待ちましょう。

※数分から数十分かかる場合があります。
STEP.4
復元完了
リストアが完了するとこのような画面が表示されるので、「OK」をクリックすれば復元が完了です。

復元が完了すると同じ画面の「リストア履歴」という部分に復元された履歴が残るようになってます。

WordPress初心者でも簡単に復元できるのがConoHaの良いところです。

いざという時に復元できるのが安心ですね。

まとめ

・ConoHa WINGサーバーでは、全プランで自動バックアップ機能が標準搭載されています。

・バックアップに関する設定は不要で自動バックアップされます。

・復元する場合も、データ領域ごとに日付を選んで簡単に復元できます。

ConoHa WING公式サイトへ


ConoHa WINGの特徴やデメリットについてはこちらの記事をご覧ください。
【実体験】ConoHa WINGの評判と3つのデメリット

WordPressのバックアップ用プラグインについてはこちらの記事をご覧ください。
【簡単】WordPressのおすすめバックアッププラグイン