ConoHa WINGとConoHa VPSの違いとは

レンタルサーバーのConoHaには「ConoHa WING」と「ConoHa VPS」のそれぞれ別のサービスがあります。

それぞれ何が違うのか?どっちを使ったら良いのでしょうか?

この記事は以下のような人におすすめ
ConoHa WINGとConoHa VPSの違いについて知りたい
性能やスペックはどれくらい違うの?
ConoHa WING、VPSのそれぞれのメリット・デメリットは?

2018年からConoHaを使い続けている私がConoHa WINGConoHa VPSの違いと、それぞれのメリットについて解説します。

ConoHa WINGとConoHa VPSの違い

ConoHa WINGConoHa VPSは全く別のサービスです。

ConoHa WINGは通常のレンタルサーバーと呼ばれるもので、ConoHa VPSは上級者向けの仮想サーバー(バーチャル・プライベート・サーバー)です。

簡単に言うとConoHa WINGは初心者向けサーバーなので、初心者でも簡単に使えるようになっていますが、ConoHa VPSは自由度が高い分、コマンド操作が必要な上級者向けサーバーです。

一般的なブログサイトなどではConoHa WINGで十分です。

ConoHa WINGサーバーの特徴についてこちらの記事で詳しく解説しています。
【実体験】ConoHa WINGサーバーの評判と3つのデメリット 【マイクラにも使える】ConoHa VPSの評判とデメリット 両者を比較した場合の特徴について紹介します。

管理・操作方法

ConoHa WINGは一般的なレンタルサーバー同様に専用のコントロールパネルからサーバーの操作を行います。

ConoHa WINGのコントロールパネル

このように操作がわかりやすく工夫されているので、初心者でも簡単に操作することができます。

一方、ConoHa VPSにも管理画面は用意されていますが、操作はコマンド操作が必要になります。

コマンド操作のイメージ


初心者向きではありません。

料金プラン

ConoHa WINGは1時間2円~利用できる「通常プラン」と、独自ドメインがセットになった「WINGパック」があります。
独自ドメインを利用してこれからWordPress利用する場合は、WINGパックが断然お得です。

WINGパックの場合、契約期間に応じて割引率が大きくなり12か月契約の場合は1ヵ月あたり720円~です。


ConoHa WINGの料金を確認する


一方、ConoHa VPSでは一番安いプランでは620円で、12か月契約なら月額527円で使えます。


ConoHa VPSの料金を確認する

サーバーの性能や自由度

ConoHa WINGは1台のサーバーを複数のユーザーで共有して使う共有サーバーです。
一般的なサイトであれば十分な機能があるので初心者に向いています。

一方、ConoHa VPSは目的に合わせてサーバー構築も自由にできます。
その分、専門的な知識も必要になるので上級者向けサーバーと言えます。

ConoHa VSPでは「ConoHa教室」いうWordPress公開までの手順をわかりやすく解説しているサイトがあります。
参考 ConoHa教室 Hello VPSConoHa VPS公式サイト

よくある質問

VPSのプランによっても異なりますが、WordPressのサイトを作る場合、ConoHa VPSにはKUSANAGIというWordPressの高速化に特化した環境を利用することができます。

ConoHa WINGではこのKUSANAGIを利用することができないので、もし徹底的にサイトの高速化を希望する場合はConoHa VPSでKUSANAGIを使うと無料で世界最速レベルで高速化できます。

ConoHa WINGのプランを見る


ConoHa VPSのプランを見る


ConoHa WINGとConoHa VPSの違いまとめ

ConoHa WINGとConoHa VPSのそれぞれの機能や特長を比べ、まとめると以下のようになります。

ConoHa WINGがおすすめな人
初めてWordPressブログを立ち上げる初心者の方
ドメインとセットで少しでも安く費用を抑えたい方

ConoHa WING公式サイトへ

ConoHa VPSがおすすめな人
自分でサーバー構築やカスタマイズをしたい上級者の方
マインクラフトを使いたい方

ConoHa VPS公式サイトへ


【実体験】ConoHa WINGサーバーの評判と3つのデメリット ConoHa WINGの料金プランとお得なキャンペーン 【全画像付き】ConoHa WINGでWordPressブログを始める方法