ECサイトを作る3つの方法とメリット・デメリット

これから自社でECサイトを作り、商品やサービスを販売していこうとする場合、どのような点に気をつければ失敗することなく売り上げをあげることができるのでしょうか。

この記事は以下のような人におすすめ
これから自社でECサイトを立ち上げたい
自社で作るかモールに出店するかで迷っている
自社ECのリスクやデメリットが知りたい

ECサイトを作るメリットとデメリット

既存のビジネス(商売)を発展させるためにEC化することがあります。
簡単にECサイトを立ち上げることができる分、失敗する事例も増えています。

ECサイトを作る3つのメリット
  • 簡単に立ち上げることができる
  • 既存の仕組みと関連付けられる
  • 顧客のデータを獲得しやすい

簡単に立ち上げることができる

なんと言ってもECサイトを作る最大のメリットは、簡単にすぐに作れることです。

無料で始められるショッピングカートサービスもあり、少ない労力ですぐにオンラインショップを持つことができます。

既存の仕組みと関連付けられる

ECサイトを立ち上げるほとんどの場合、既存の販売チャネルがありそれをオンライン化することが多いと思います。

これまでは店頭のみで販売していたものを、オンラインでも購入できるようにする、というものです。

顧客のデータを獲得しやすい

ショッピングサイトでは、既存のお店では得ることが難しい顧客のデータを得ることができます。

Googleアナリティクスなどの解析ツールを使えば、ショッピングサイトに訪問してどの商品をどれだけの時間閲覧してくれたのかや、どんな商品が購入されやすいのかなどの情報を分析できます。

ECサイトで失敗する3つのポイント

ECサイトを作れば売れるはず、と思っている経営者の方がとても多くいます。
しかし、実際には失敗するECサイトの方が大半で、成功するサイトは氷山の一角です。

ここでは、どうしたら失敗しないかを確認しましょう。

失敗する3つのポイント
  • 集客
  • 決済
  • 改善

失敗するポイントとして挙げましたが、この3つのポイントにさえ気を付ければ失敗しない、ということです。

集客で失敗するポイント

ECサイトを作ったらまずは見込み顧客となるユーザーにアクセスしてもらう必要があります。

サイトを作ったらなんとなくアクセスがそこそこ集まると思っている方が多いのですが、実際には全くアクセス数が増えないこともあります。

サイトにアクセスされないということは売れない、ということになるので注意が必要です。

SNSからサイトに誘導すれば良い、と安易に考える方もいますが、実際にはかなり難しいのが現状です。
SNSからサイトへアクセスしてくれる人の割合が少ないのと、SNSに投稿をし続けないといけないのは負担です。

そこでSEO(検索エンジン最適化)や広告での集客が必要となります。

決済で失敗するポイント

商品が売れるたびに、決済手数料がかかります。
決済方法が多い方がユーザーにとっては嬉しいですが、販売者にとっては負担となります。

特にクレジットカードや銀行振込、代引き、後払いなどに対応させるために決済代行業者に申し込むと、実際の入金までにはタイムラグがあります。

改善で失敗するポイント

ECサイトを構築することにリソースを使い切ってしまうと、その後の改善が進まず失敗する場合があります。

ECサイトに限らずウェブのサービスはリリースしてからスタート、という感じで絶えず改善をしていくことが求められています。

そのため初めから改善がしやすい造りにしておくことが重要です。

独自に構築できる

自社ECサイトを独自に構築する場合、デザインや機能を自由にカスタマイズして作ることができます。

モール型のECサイトでは、使える機能が制限されていたり、レイアウトも自由にはできません。

運営コストが安い

自社ECサイトの場合、初期の構築には費用がかかりますが、ランニングコストを安く抑えることができます。

月額の固定費としてはサーバー代や決済代行会社に支払う費用などのみで、毎月数万円もかかるということはありません。

一方、モール型のサイトは集客のための宣伝広告費や、モールを維持するための費用が毎月かかります。
これは商品が一切売れなくてもかかる費用になるので注意が必要です。

モール出店との違い