【推奨】Google Analytics4(GA4)の導入方法と初期設定

Google Analytics4(GA4)を使い始めるには初期設定が必要です。

設定を変更した後からのデータしか取得できないため、アナリティクスの初期設定は必ず最初に行いましょう。

GA4の情報が少なくて、どうやって設定すればいいのかわかりません。
この記事を読むとわかること
GA4の導入方法
GA4の初期設定
WordPressブログに最適なGA4の設定

GA4の特徴や従来のユニバーサルアナリティクス(UA)との違いはこちらの記事にまとめています。
Google Analytics4(GA4)の特徴と今までのアナリティクス(UA)との違い

GA4の導入方法

GA4を正しく使うにはGA4で指定されたタグを、すべてのページに設置する必要があります。
そのタグがページを訪問したユーザーのデータを収集します。

GA4タグを設置するには4つの方法があります。

  • 既存のタグを使う方法
  • ページに直接タグを設置する方法
  • プラグインを使って設置する方法
  • タグマネージャーを使って設置する方法

既存のタグを使う方法

今、従来のアナリティクス(UA)を使っている場合、新たにGA4のプロパティを追加するだけでGA4のプロパティを導入できます。

この方法は、GA4を開始するには一番簡単な方法です。

STEP.1
GA4設定アシスタントを開く
ユニバーサルアナリティクスの管理画面の左下にある「管理」からプロパティの列にある「GA4設定アシスタント」を開きます。

STEP.2
プロパティを作成する
新しいGoogleアナリティクス4のプロパティを作成するために「ようこそ」をクリックします。

※この作業によって既存のアナリティクス(UA)のデータに影響はありません。
※既にGA4プロパティを作成している場合はプロパティにリンクさせることができます。
STEP.3
プロパティの作成
既存のアナリティクスのタグを使用してデータ収集を行うことができるので、チェックを入れ、表示されている説明を読んで「プロパティを作成」をクリックします。

2017年8月以前のタグを利用してアナリティクスを利用している場合(タグがanalytics.jsの場合)は、このチェックをつけることができません。新たにサイトにタグを設置する必要があります。
STEP.4
プロパティの作成完了
「プロパティをリンクしました。」と表示されればGA4プロパティの作成が完了です。

今すぐGA4を使う予定がない方でも、ここまで設定しておけばデータ収集がされる状態なので、とりあえずでOKです。
新しいGA4のプロパティにデータが表示されるまでに、最長で30分ほどかかる場合があります。
サイトにアクセスし、リアルタイムレポートが表示されているか確認してみましょう。

ユニバーサルアナリティクスとGA4の両方を追加するとこのように上下に並んで表示されるので、レポート表示を切り替えることができます。

プロパティIDに「UA」が付いている方が従来のGoogleアナリティクスです。

ページに直接タグを設置する方法

STEP.1
タグを確認する
GA4の「管理」から対象のプロパティの「データストリーム」を開きます。

ウェブ欄に表示されているデータストリームを開きます。

データストリームの詳細ページでタグをクリックします。

STEP.2
タグをコピーする

STEP.3
タグを設置する
全てのページのの中にタグを設置します。

プラグインを使って設置する方法

WordPressサイトの場合、プラグインを使ってタグを導入する方法が簡単です。

タグマネージャーを使って設置する方法

Googleタグマネージャーを活用すると、アナリティクス以外のタグもまとめて管理することができます。

Googleタグマネージャーのタグをページに埋め込んでおけば、あとはタグマネージャーの管理画面からタグの追加などの操作ができます。

ページを直接操作しなくてもよくなるんですね。

おすすめの初期設定

この3つは必ず設定しておきましょう
Googleシグナル
データ保持期間の変更
拡張計測機能

Googleシグナル

これまでのユニバーサルアナリティクスでは、同じユーザーであっても異なるデバイスの場合は別ユーザーと認識していました。

Googleシグナルを有効にすると、異なる端末からのアクセスも同一ユーザーとして扱うようになります。

必須の設定ではありませんが、より正確なデータを収集するために「オン」にしておくことをおすすめします。

Googleシグナルを有効にするための方法はとても簡単です。

Googleシグナルの設定方法

STEP.1
データ収集を開く
管理画面のメニューから「データ設定」→「データ収集」を開くと「Google シグナルのデータ収集を有効にする」という画面が開きます。
ここで「利用を開始する」をクリックします。
STEP.2
Googleシグナルの確認

STEP.3
Googleシグナルを有効にする
詳細な説明が書かれているので読んでから「有効にする」をクリックします。

データ保持期間の変更

収集したユーザーのデータとイベントのデータの保持期間を選択できます。

デフォルトでは2ヵ月になっていますが、最長の14ヵ月に変更しておくことをおすすめします。
※2択です。

特段の理由がない限り保存期間を14ヵ月に変更しておきましょう。

データ保持期間の変更方法

管理画面のプロパティ列の「データ設定」の中にある「データ保持」を開き、イベントデータの保持時間を標準の2か月から14ヵ月に変更します。

GDPRなど個人情報保護関連の規制に対応するため最低限のデータのみを保持するように対策されているようです。

拡張計測機能

必要に応じて設定する初期設定

必要に応じて設定すると便利です
内部トラフィックの除外
Googleサーチコンソールとの連携

内部トラフィックの除外

自分や社内からのアクセスを除外設定することができます。
除外をすると、ユーザーのデータのみを取得できるようになるので除外しておきましょう。

アナリティクスから自分のアクセスを除外する方法はこちら
【超簡単】Googleアナリティクスから自分のアクセスを除外する3つの方法

Googleサーチコンソールとの連携

GA4は従来のUAと同じくGoogleサーチコンソールを連携させることができます。

サーチコンソールとGA4を紐づけると、GA4のレポート上でもサーチコンソールのでデータを見ることができるので、とても便利です。

Googleサーチコンソールの使い方についてはこちらの記事を参考にしてください。
【初心者向け】Googleサーチコンソールの登録と使い方

Googleサーチコンソールとの連携方法

STEP.1
管理を開く
画面左下の「管理」を開きプロパティの列にある「Search Console リンク」を開きます。

STEP.2
リンクを選択
画面が開くので「リンク」から紐づけるアカウントを選択します。

STEP.3
アカウントを選択

該当するウェブストリームを選択し、送信をクリックします。

ちなみにデータストリームに複数選択肢が出ていて、どちらのデータストリームを選択すれば良いかわからない場合は、下記の画面のように「受信できています」とある方を選択してください。

所有者の確認が必要ですが、同じユーザーで管理権限があればスムーズに完了するはずです。

まとめ

ブログのアクセス数を増やしたり、コンバージョンを増やすにはGoogleアナリティクスでの分析が必要です。

ただし、Googleアナリティクス4のレポート画面を見るだけでは、ブログの改善はできません。

正しいデータを収集できるよう、初期設定をしましょう。

【GA4】Googleアナリティクス4の共有設定・ユーザーを追加する方法 GA4に必要なイベント設定とは