記事内に広告を含む場合があります。

GA4の表示回数とは?ページごとの表示回数を確認する方法

  • GA4の表示回数の定義とは?
  • 表示回数とページビュー数は同じ?
  • GA4で表示回数を確認する方法は?
GA4の表示回数とは、ページが実際に表示された回数のことです。

GA4でページの表示回数など、サイト内で読者がとった行動を分析できると記事の改善に役立ちます。

従来のアナリティクスからGA4に変わり、いくつかの指標の名前や定義が変わりました。

この記事を読むとわかること
GA4で表示回数を確認方法
表示回数の定義
GA4のレポートで表示回数を見るコツ

GA4を使うとページごとの表示回数だけでなく、読者の行動を把握できます。

この記事ではGA4における表示回数(ページビュー数)について解説します。

GA4の初期設定はこちらの記事で確認できます。
GA4の導入方法。初心者向けWordPressへの導入方法と初期設定

GA4の表示回数とは

表示回数とは、ブログに訪れたユーザーがページを表示するごとにカウントされる数のことです。

従来のユニバーサルアナリティクスでページビュー数が、GA4では「表示回数」に変更されました。

従来のページビューは、GA4では表示回数という指標で表示されます。

ページビュー数と表示回数は同じなんですね。

表示回数の定義

GA4の表示回数の定義は、ユーザーの端末に表示された回数です。

スマホのアプリ経由でページを開くと“スクリーン”と認識されます。
そのため、正確にはブラウザ経由で開いたページの「表示回数」とアプリから開いた「スクリーン数」の合計が表示回数になります。

ポイント
セッションと違い、表示するたびにカウントされるので、再読み込みをすると表示回数として何度もカウントされます。

ページを再読み込みする度にカウントされるんですね。
GA4はウェブページだけなくアプリも含めて解析できるようになったので、アプリには無いページビューという指標ではなく、表示回数という指標に統一しました。

サイト全体の表示回数を確認する方法

GA4でサイト全体の表示回数を確認する方法を紹介します。

GA4のレポート画面を開き、
「エンゲージメント」→「概要」
を開くと、サイト全体の表示回数とグラフを確認できます。

画面右上で日付を指定できるので、期間を区切ったり比較して確認できます。
数値は四捨五入されて、まとまった数値になっています。

これなら簡単にブログ全体の表示回数をグラフでも確認できるんですね。
ただし、この方法ではページごとの表示回数はわかりません。

ページごとの表示回数を確認する方法

GA4でページごとの表示回数を確認するには主に2つの方法があります。

「レポート」で確認する方法

GA4の「レポート」からページごとの表示回数を確認する方法を解説します。

レポートの
「ライフサイクル」
→「エンゲージメント」
 →「ページとスクリーン」
を開きます。

この状態のままだとページのタイトルではなくURLが表示されます。

ページタイトルに変更するには、グラフの下に表示されている「ページパスとスクリーンクラス」という部分のプルダウンを選択し、ページタイトルとスクリーン名を選択します。

そうすると以下のようにページタイトルが表示され、ページタイトルごとの表示回数が表示されます。

表示回数以外にも、ユーザー数や平均エンゲージメント時間などの指標も合わせて確認できます。

画面右上の日付を選択すると、期間を区切ったり比較をしてレポートを表示できます。

「探索」で確認する方法

GA4の「探索」を使えば複数の指標を組み合わせてより詳細なデータを見ることができます。

探索を使って「ページごとの表示回数」を確認する方法を解説します。

STEP.1
探索の空白レポートを開く
「探索」画面から「空白」を選択して新しいデータ探索を作成します。

STEP.2
ディメンションを指定する
ディメンションをクリックし、「ページ/スクリーン」の中にある「ページタイトル」にチェックを付け、画面右上にある「インポート」をクリックします。


ちなみにディメンションは〇〇ごとの×××を見たい、という場合の〇〇の部分に当てはまるものです。

STEP.3
指標を指定する
指標をクリックし、「ページ/スクリーン」の中にある「表示回数」にチェックを付け、画面右上にある「インポート」をクリックします。


指標は〇〇ごとの×××を見たい、という場合の×××の部分に当てはまるものです。

STEP.4
行と値を設定する
指定したディメンション「ページタイトル」を「行」の欄に、
指標「表示回数」を「値」の欄にマウスでドラッグ&ドロップして移動します。
(ダブルクリックでも移動できます。)


そうすると自動的に右の画面にページタイトルごとの表示回数が示されます。
STEP.5
探索に名前を付ける
画面左上にある「データ探索名」という部分からこの探索の名前を付けられます。

「無題のデータ探索」という名前になっているので、「ページごとの表示回数」など自分でわかる名前を付けておきましょう。
名前はなんでも構いません。

探索では表示回数以外の指標も並べて分析できます。

例えば、ページタイトルごとのアクティブユーザー数、平均セッション継続時間、スクロール率なども並べてみると、より詳しいページごとの情報を分析できます。

GA4の見るべき指標はこちらの記事で解説しています。
GA4で見るべき指標一覧・ディメンションとの違いは?

よくある質問

表示回数はユーザーがページやアプリ画面を開いた回数をカウントしています。

ページを開く度にカウントされます。
同じユーザーが何度もアクセスをしても表示回数に含まれます。

ユーザーの行動単位を知りたい場合は、セッション数を確認してください。
セッションは何回ページを開いても、同一のセッション(30分以内)であれば同じセッションとしてカウントします。

GA4でのページタイトルとは、ウェブページのタイトルがそのまま表示されます。

具体的には、HTMLのtitleタグで指定されたものが、GA4のページタイトルとして表示されます。

ページパスとはドメインの後の文字列のことです。
例えば、「aaa.com/bbb」というページの場合、「aaa.com」がドメインで「bbb」がページパスになります。
ディメンションの「ページタイトルとスクリーンクラス」というのは、ウェブページの場合、ページタイトルと同じです。

GA4はアプリの分析にも対応しているので、アプリで使う”スクリーンクラス”とセットで表示されています。

ユーザーが最初に訪問したページで発生するイベントです。
例えば、ページごとの閲覧開始数を確認すると、ランディングページごとの表示回数と同じになります。

ランディングページとの違いは、
ランディングページはディメンションで、閲覧開始数は指標である、という違いです。

表示回数は、ユーザーがサイトやアプリを閲覧した回数のことです。

セッション数は、ユーザーがサイトにアクセスして離脱するまでの一連の流れが行われた回数です。
ユーザーが何回訪問したかを示す指標で、サイトの集客力やユーザーの興味関心を測る指標として使えます。

一般的にアクセス数というのはセッション数を指します。

はい。
リアルタイムレポートでも表示回数は確認できます。
デフォルトで「表示回数」というカードが表示されているはずです。

表示回数を増やす方法

サイトの表示回数を増やすには、検索エンジンの検索結果で上位に表示させるのがおすすめです。

一般的に検索結果の順位が上昇すれば、表示回数も増えるからです。

しかし、ページの表示回数を増やすことを目指すのではなく、コンバージョンを増やすことが重要です。

ブログのアクセス数の増やす方法はこちらの記事も参考にしてください。
ブログのアクセス数を増やす方法13選・増えない場合の対策

まとめ

GA4の表示回数のまとめ
GA4でページの閲覧数は表示回数で見る
 →「表示回数」という指標がページビューにあたります。

表示回数はpage_viewというイベントで計測される
 →GA4はすべてイベントという単位で計測されます。

表示回数はレポートや探索から確認できる
 →ページごとの表示回数を確認するには探索を使いましょう。
  一度作成すればいつでもすぐにデータを確認できます。

GA4のイベント設定についてはこちらの記事で解説しています。
GA4のイベントとは?イベントの設定方法

GA4の使い方はこちらの記事をご覧ください。
GA4の使い方・GA4でブログを分析する方法