Googleが推奨するスマホ向けに最適化する方法

近年ではパソコンではなく、スマホからのアクセスの方が多いため、スマホ向けをメインにホームページを作成する必要があります

スマホからもパソコンからも見やすいように作るにはどうすれば良いのでしょうか?

スマホ用とPC用のページの考え方についてはこちらの記事をご覧ください。
スマホ用とPC用でページを分けるべき!?

Googleが推奨するスマホ向けに最適化する方法について解説します。

スマホ向けにする重要性

ひと昔前までは、”うちの商材はスマホで買う人なんていないからスマホ対策は必要ない”という方が多くいました。

確かに住宅や車などをスマホから注文する人は殆どいないと思いますが、情報を入手したり資料請求をするのはスマホから、という方が大半になっている時代です。

スマホからサイトを見つけてもらえないと、その時点で不利な状況になっていると言えます。

ユーザーが必要としている瞬間に情報を提供できるという点からも、業種に関わらずスマホ対応は必須です。

スマホ向けに最適化するポイント

ではどのようなポイントに気を付けてスマホ対応をすればよいのでしょうか。

ページの表示スピードを上げる

ページの読み込み時間が 3秒を超えると約半数のユーザーがサイトを離れてしまいます

パソコン向けのように大きなファイルサイズで構成されていると、表示が遅くなりますのでスマホに最適化されたつくりにする必要があります。

ページの表示速度については下記の記事も参考にしてください。
ページの表示スピードを速くする方法

操作を簡単にする

パソコンに比べスマホやタブレットは画面のサイズが小さいため、情報を見やすく、操作しやすくする工夫が必要になります。

拡大する必要があったり、ページの遷移も多ければ多いほど、ストレスを感じてしまうのでメニューや構成をシンプルにするなどして、快適に閲覧してもらう工夫が必要になります。

アクションを促す

探しているものにすぐにたどり着けるように導線を考える必要があります。

お問合せや資料請求等でフォームに入力してもらいたい場合も、極力簡単にすることで、件数のアップにつながります。

タップしてすぐに電話がかけられるようにできるのも、スマホサイトの特徴ですので、電話対応ができるサイトであれば、電話をかけてもらいやすくするのも良いでしょう。

まとめ

Googleではパソコンでの検索結果も、スマホサイトの評価を基に順位付けを行っていることから、スマホサイトを最適化することはサイトを作る上では必須と言えます。

あなたのサイト上でユーザーに期待する行動は何でしょうか?

商品の購入であったり、資料請求であったり、電話をかけてもらうこと等でしょうか。
それらを明確にした上で改善することによって、そうした行動が達成される可能性を高めることができます。