Google Analytics4(GA4)の特徴と今までのアナリティクス(UA)との違い

Googleアナリティクスによる分析は、ブログ運営に役立つヒントを得られます。

Googleアナリティクスが新しくなったみたいだけど、どうやって見ればいいの?
これから作成するアカウントは標準で新しいGoogleアナリティクス4(GA4)になっています。

現在のアナリティクスの画面上部にこのようなメッセージが表示されていませんか?

2023年7月1日より、ユニバーサルアナリティクスでは標準プロパティで新しいデータの処理ができなくなります。それまでに Googleアナリティクス4プロパティに切り替えて設定を進めておきましょう。

この記事を読むとわかること
新しいGoogleアナリティクス4とは?
これまでとの違いや特徴が知りたい
デメリットや設定方法を確認したい

Google Analytics 4(GA4)とは

Google Analytics 4(GA4)とは2020年10月から導入された次世代のGoogleアナリティクスのことです。

従来のGoogleアナリティクスはユニバーサルアナリティクス(UA)と呼ばれるもので、GA4はデータの計測方法や各種指標がこれまでのアナリティクスと大きく異なります。

ユニバーサルアナリティクスのサポートが2023年7月1日に終了します。
今からGA4を使えるようにしておきましょう。

GA4の主な特徴

GA4はこれまでのアナリティクスと計測の仕組みやレポートの表示も大きく違います。

GA4の主な特徴
  • すべてイベント単位で計測する
  • 同一ユーザーの計測ができる
  • 機械学習が強化された

イベントとして計測する

ユニバーサルアナリティクスでは計測の単位が「セッション」でした。
GA4ではページのセッションも全て「イベント」として計測されます。

エンゲージメントという概念で、これまで計測が難しかったページのスクロール、ボタンのタップなどのユーザーの行動・操作を計測しやすくなりました。

GA4のイベントとは
GA4に必要なイベント設定とは

同一ユーザーとして計測できる

GA4では「Googleシグナル」という仕組みを使い、デバイスやアプリをまたぐ場合でも同一ユーザーとして判別できます。

例えば、自然検索でサイトに訪問したユーザーが、アプリ上で行動したアクションも一連の動作として確認することができます。

機械学習の強化

GA4には機械学習を用いた予測機能が導入されています。

これによってユーザーがコンバージョン(購入)する可能性や、離脱する可能性、収益の予測までできるようになりました。

予測オーディエンスとして活用することもできます。

予測指標には以下の3つの指標があります。

購入の可能性
過去28日間に操作を行ったユーザーによって、今後7日間以内に特定のコンバージョンイベントが記録される可能性。

離脱の可能性
過去7日以内にアプリやサイトで操作を行ったユーザーが、今後7日以内に操作を行わない可能性。

予測収益
過去28日間に操作を行ったユーザーが今後28日間に達成する全購入コンバージョンによって得られる総収益の予測。

こんなことまで予測できるなんて、すごいですね。

ユニバーサルアナリティクスとGA4の違い

全く違う仕組みのアナリティクスなので、違いはたくさんあります。
既存のアナリティクスを使い慣れている方から見てざっくりと違う点は以下の通りです。

従来のアナリティクスとGA4の違い
  • 見た目(UI)が違う
  • 計測単位が違う
  • 直帰率などの指標がなくなる

レポート構成や見た目(UI)が違う

これまでユニバーサルアナリティクスに慣れている方から見ると、GA4の見た目が全く違うことにすぐに気が付きます。

GA4のレポートは大きく分けると、
「レポート」
「探索」
「広告」
の3つに分かれています。

リアルタイムレポート画面

計測方法が違う

従来のアナリティクス(UA)では、ユーザーがサイトにアクセスしてからの一連の行動をページ単位で計測していました。

GA4では測定する単位が「イベント」に統一されました。

さらに「セッション」を軸に計測する方法から「ユーザー」を軸に計測する方法に変更されています。

これによってユーザーの行動・操作をより細かく分析できるようになりました。

直帰率などの指標がなくなる

新しい指標が追加されたり、名称が置き換わったり、なくなる指標もあります。

これまでレポートにあった直帰率という指標はGA4にはありません。

どうしても直帰率を知りたい場合は、BigQueryなどを活用して高度な分析が必要になります。

無くなる指標

UAの指標GA4の指標
直帰率なし
ユーザーあたりのセッション数なし※
ページ/セッションなし※
ページの価値なし
コンバージョン率なし※
離脱率なし※
※印をつけたものは、指標としてはなくなりますが、自分で計算して求めることができます。

別の名前に置き換わる指標

UAの指標GA4の指標
ページビュー数表示回数
新規ユーザー新しいユーザー
平均セッション時間セッションあたりの平均エンゲージメント時間
平均ページ滞在時間平均エンゲージメント時間
目標の完了数コンバージョン
目標値イベント収益
トランザクション数eコマースの購入数

新たに追加される指標

エンゲージのあったセッション数

UAとGA4どちらを使うべき?

2023年7月1日でユニバーサルアナリティクスのサポートが終了すると発表されました。
参考 ユニバーサル アナリティクスのサポートは終了しますアナリティクスヘルプ

この発表があるまでは、情報も多くヘルプも充実している従来のユニバーサルアナリティクスを使う方がおすすめでした。

しかし、サポート終了の時期が決まったので、これからはGA4を使うことをおすすめします。

使い方がよくわからない場合でも、GA4のプロパティを作成しデータの取得だけは開始しておいた方がいいです。

従来のGoogleアナリティクス(UA)の使い方についてはこちらの記事をご覧ください。
【初心者向け】Googleアナリティクスの設定方法と使い方

GA4のデメリットと注意点

GA4のデメリットと注意点
  • 既存データを引き継げない
  • GA4に関する情報が少ない
  • UAとGA4のデータは一致しない

既存データを引き継げない

計測方法が従来のGAと全く異なるので、これまでユニバーサルアナリティクスで計測していたデータをGA4に移行したり引き継ぐことはできません。

GA4のプロパティを作成した時点からデータの取得が始まるので、まだGA4を使わない方でもプロパティだけは先に作成しておきましょう。

GA4の使い方がわからなくてもプロパティだけは作成しておきましょう。

GA4に関する情報が少ない

GA4はまだリリースされたばかりで、活用している企業も少ないのが現状です。
GA4について解説をしているサイトや書籍も少なく、知りたい情報を検索しても見つけることが難しいのがデメリットです。

UAとGA4のデータは一致しない

ユニバーサルアナリティクスとGA4とではデータの計測方法が異なるため、レポートに表示されるデータは一致しません。

そのため、併用してデータを組み合わせて見るのではなく、どちらか一方を中心に見るようにしましょう。

GA4の導入方法

GA4を使えるようにするためにはページにタグを埋め込む必要があります。

既存のアナリティクスのタグを使う方法や、Googleタグマネージャーを使って導入する方法があります。

詳しくはこちらの記事にまとめています。
【推奨】Google Analytics4(GA4)の導入方法と初期設定

GA4の初期設定

GA4を導入したら初期設定をしましょう。
【推奨】Google Analytics4(GA4)の導入方法と初期設定

Googleシグナル

これまでCookieをベースに計測していたアナリティクスでは、同じユーザーであっても異なるデバイスの場合は別ユーザーと認識していました。
Googleシグナルを設定することで、同じユーザーであれば異なる端末からのアクセスも同一ユーザーとして扱ってくれるようになります。
※Googleアカウントを活用します。

必須の設定というわけではありませんが、より正確なデータを収集するために「オン」にしておくことをおすすめします。

データ保持期間

アナリティクスで収集しているデータをどこまで保持しておくか、期間を選択することができます。

デフォルトでは2ヵ月になっているので、最長の14ヵ月に変更しておくことをおすすめします。
※2択です。

Googleサーチコンソールとの連携

GA4は従来のUAと同じくGoogleサーチコンソールを連携させることができます。

Googleサーチコンソールの使い方についてはこちらの記事を参考にしてください。
【初心者向け】Googleサーチコンソールの設定方法と使い方

GA4の使い方

デモアカウントで練習する

GA4のよくある質問

UAとGA4はレポートの構成が大きく違うので、今まで見ていたレポートをそのままでは見ることはできません。

GA4の「探索」からレポートを作成しましょう。

はい。従来のアナリティクスと同様に、Google広告やGoogleサーチコンソールとの連携ができます。

GA4では「ビュー」という項目がなくなってしまったので、これまでビューを他のユーザーと共有していた場合、「探索」でレポートを作ってそれを共有しましょう。

まとめ

GA4のまとめ
近い将来にGA4を使えるように準備をしておく
しばらくはUAを使っていて問題なし
UAとGA4の比較はできない

アナリティクスの除外設定はこちらの記事で解説しています。
【超簡単】Googleアナリティクスから自分のアクセスを除外する方法