Google Meetでバーチャル背景を使うコツ

これまでZoomでは利用可能だった背景を変える「バーチャル背景」機能がGoogle Meetでも利用できるようになりました。

Google Meetでバーチャル背景を使う方法

バーチャル背景を使う方法は、メニューの中に追加されています。

STEP.1
会議に参加する準備画面を開く
通常どおり新しい会議を始めるか、会議に参加するボタンから、準備画面を表示させてください。
STEP.2
右下にあるアイコンをクリック
準備画面が表示されたら右下のアイコンをクリックしてください。

STEP.3
バーチャル背景を選択
「背景を変更」ボタンをクリックすると、あらかじめ用意されているバーチャル背景素材が表示されます。

この中から好きな背景を選択し、「今すぐ参加」ボタンを押すと、バーチャル背景が適用された状態で会議を始めることができます。

オリジナルの画像をバーチャル背景に追加できる

あらかじめ用意されているバーチャル背景は26枚の画像が用意されていますが、オリジナルの画像を追加することもできます。

下の画像の赤枠部分「ディスク上の画像を使用」をクリックして、使いたい画像をアップロードするとバーチャル背景として適用でき、次回以降も使用できるようになります。

アップできるファイル形式は、JPG形式かPNG形式です。
アップロードした画像は、合計30枚以上保存が可能です。

サイズは特に制限がないようです。

バーチャル背景を設定する場合のポイントと注意点

今後GoogleMeetの機能がアップデートされるかもしれませんが、現時点では以下のような仕様になっています。

画像は反転されてしまう

アップロードした背景画像のプレビューは、反転されて表示されてしまいますが、相手の画面には反転せずに表示されているのでご安心ください。

それでも反転してしまっているのが気になる方は、Snap Cameraやmmhmmなどのソフトを通してカメラの映像を映すと直ります。

自動でカメラ「オン」になってしまう

会議の準備画面でカメラをオフにしていても、バーチャル背景の画像を選択すると自動的にカメラがオンになります。

つまりバーチャル背景の画像を選択したまま会議を開始すると、顔が映ってしまうので注意してください。

まとめ

少しでも映像をキレイに見せるには外付けのカメラがおすすめです。
3,000円未満のカメラでも既存のカメラよりも画素数が高いので、クリアな映像を見せることがでできます。
おすすめの商品をいくつかご紹介します。

 

【2021.1.15更新】Google Meetの使い方と使いこなすコツ Google MeetとZoomを徹底比較 【解決】Snap Cameraが使えない時の原因と対処法