記事内に広告を含む場合があります。

Googleタグマネージャーとは?導入方法とWordPressで使う方法を徹底解説

  • Googleタグマネージャーで何ができるの?
  • Googleタグマネージャーを導入する方法は?
  • 各ツールのタグを管理する方法とは?
Googleタグマネージャー(GTM)とは、ウェブサイトで利用するタグを一元管理するためのサービスです。

Googleアナリティクスや広告に利用するタグを毎回サイトに埋め込まなくても、すべてタグマネージャー上で管理できます。

タグマネージャーはブログ運営にも役立つ便利なサービスですが、ブログ初心者の中にはまだうまく使えていない人も多いです。

この記事を読むとわかること
Googleタグマネージャーを導入するメリット
導入方法と設定方法
GTMの便利な使い方

Googleタグマネージャーとは?

Googleタグマネージャー(GTM)とは、ウェブサイトに設定する様々なタグを一元管理できる無料サービスです。

Googleが提供する無料のサービスで、Google Analytics(GA4)やGoogleアドセンスなど、Googleのマーケティングツールとの連携がしやすいのが特徴です。

Googleタグマネージャーを使うと、ウェブサイトを直接編集することなく、GA4タグなど各種サービスのタグを設置したり、変更、削除もできます。

Googleタグマネージャーの仕組み

Googleタグマネージャーは、
「タグ」
「トリガー」
「変数」
の3つの要素で構成されています。

タグとは、ウェブサイトに設定するタグそのもののことを指します。
タグごとにユーザーの行動を追跡したり、広告を表示したりすることが可能になります。

トリガーとは、タグが動作する条件を設定するものです。
どんな時にタグを配信するかを決められます。
特定のページにのみを指定することもできます。

変数とは、タグやトリガーの設定に使われる動的なデータを保持するものです。

Googleタグマネージャーは、各ページに設定されたコンテナタグにより、その他のタグを管理します。

ユーザーがページを訪れたとき、コンテナタグが読み込まれ、設定された条件(トリガー)に基づいて各タグが作動します。
これにより、必要なタグだけが適切なタイミングで作動し、ウェブサイトのパフォーマンスを維持しながら、必要なデータの収集が可能になります。

GTMを導入するメリット

Googleタグマネージャーを使うことによって得られるメリットは以下の3つです。

GTMを導入するメリット
  • タグの追加と管理をしやすくなる
  • サイトのパフォーマンスが向上する
  • 公開する前に動作確認もできる

タグの追加と管理をしやすくなる

GTMを使えば、タグをWebサイトに直接貼り付けることなく、GTMの画面からタグを追加・管理できます。

これにより、タグの追加・管理が簡単になります。

また、GTMではタグの動作を制御することができます。
例えば、タグを特定のページや条件でのみ発火させたり、タグの動作を遅延させたりすることもできます。

サイトの編集が不要なのでページの編集権限がなくてもタグを設置できます。

サイトのパフォーマンスが向上する

タグの設置のためにウェブサイトを修正する必要がなくなるので、サイトに影響を及ぼすリスクを減らせます。

さらに、GTMではタグのテストが簡単にできます。
GTMの画面からタグの動作をテストできるので、タグが正しく発火していることを確認することもできます。

タグがWebサイトのソースコードを変更する必要がなくなり、Webサイトのパフォーマンスに悪影響を及ぼす可能性を減らすことができます。

公開する前に動作確認もできる

設置するタグが正常に機能しているのかを、プレビュー機能を使って事前に確認できます。

タグを追加したら不具合が発生してしまった、などのトラブルも事前に回避できます。

ちゃんと測れているのか不安な方にはおすすめですね。

GTMの導入方法と手順

Googleタグマネージャー(GTM)の導入するには、以下の手順が必要です。

  1. アカウントを作成する
  2. コンテナの作成する
  3. GTMタグを設置する
  4. タグを設定する

GTMのアカウントの作成方法

1.GTMの公式サイトにアクセスする
2.「アカウントを作成」をクリックする
3.アカウント名とメールアドレスを入力する
4.「作成」をクリックする

STEP.1
GTMの公式サイトにアクセスする
STEP.2
「アカウントを作成」をクリックする
タグマネージャーのアカウントを作成します。
アカウントは無料で作成できます。
アカウントは1つの企業に1つ、というようにサイトごとに作る必要はありません。
STEP.3
アカウント名とメールアドレスを入力する
アカウント名とメールアドレスを設定します。
STEP.3
「作成」をクリックする
アカウントを作成します。

GTMのコンテナの作成方法

アカウントを作成したら、その中にコンテナを作成します。
コンテナは1つのウェブサイトに1つのコンテナを使うようにします。

GTMのコンテナの作成方法は、以下の手順です。

Googleタグマネージャーのアカウントにログインする
「管理」タブをクリックする
「コンテナ」をクリックする
取得したいコンテナの「コード」をクリックする
「コンテナのコード」をコピーする

GTMの設定方法

Googleタグマネージャーを導入した後は、具体的なタグの設定を行います。
これには「タグの作成と設定」と「トリガーの設定」の2つのステップが必要です。

GTMでスクロール率を確認する方法はこちらの記事で解説しています。
GA4のスクロールとは?ページごとのスクロール率を確認する方法