ワードプレスのテーマの選び方

ワードプレスでサイトを構築する場合、迷ってしまい多くの時間を割いてしまいがちなのはテーマ選びです。

実は、ワードプレスでは無料と有料のデザインテーマが数多くあり、選ぶ際に迷ってしまう方が多くいます。

この記事ではどんなデザインテーマを選べば良いのか、テーマの選び方とそのポイントについて解説します。

テーマとは

ワードプレスには標準でいくつかのデザインテーマがあらかじめインストールされています。

デザインテーマを切り替えることで、記事を書きなおしたり設定を変更することなく、デザインだけを変更することができます。
※一部表示が崩れる場合はあります

始めから入っているテーマを使うこともできますが、デザインがシンプルすぎるのと、頻繁にアップデートがあるのでおすすめではありません。

テーマの種類

世の中に存在するワードプレスのテーマは2020年5月時点で7,478個あります。
これはwordpress.orgに登録されているテーマだけなので、実際にはもっと多くのテーマが存在します。

テーマをワードプレスにインストールし「有効化」というボタンをクリックするだけでそのデザインに切り替えることができます。

そんな数あるテーマの中から選ぶ際のポイントをわけてみました。

無料か有料か

ほとんどのテーマは無料で公開されているので、気軽にインストールして試すことができます。

シンプルなデザインや機能のものは無料でも多く配布されていますが、有料のテーマは高機能でデザイン性に優れているのが特徴です。

特にあらかじめ業種に特化して作られたテーマや、SEOにこだわっていたり表示が高速なテーマなどがあります。

無料のテーマでも機能を拡張するにはオプション料金を払うものもあります。
【実際に使ってみた】TCDのワードプレステーマの評判

日本製か外国製か

公開されているテーマの大半は外国製で、外国語のテーマでも同じフォーマットで作られているのでデザインを適用させることはできます。

日本語のフォントもうまく表示されることを確認できれば、外国製のテーマでも問題なく使うことができます。

テーマを選ぶ際の注意点

せっかく選んだテーマで作りこんた後に、テーマの問題によって変更せざるを得ない場合がありますので、慎重に選びましょう。

主に以下のような点について確認しましょう。

レスポンシブに対応しているか

レスポンシブデザインとは、パソコンのレイアウトからスマホなど画面の幅に合わせて、デザインを自動的に調整してくれるデザインのことを指します。

最近人気のテーマではほとんどがレスポンシブデザインで作られているのですが、稀にきちんとレスポンシブに対応していないテーマも存在しますので確認しましょう。

表示速度が早いか

サイトを作る上でページの表示速度も重要な要素です。

サーバーが早くても、画像を軽くしても、テーマファイル自体の問題で表示速度が遅くなってしまう場合があります。
この場合、後から変更することはほどんどできないので、あらかじめ表示速度が速いテーマを選ぶ必要があります。
ページの表示速度を改善する方法

カスタマイズがしやすいか

テーマをインストールし始めのうちはそのまま基本的な機能だけしか使わないかもしれませんが、設定できる範囲を確認しておきましょう。

備わっている機能を消したい場合は消すことができるのかや、HTMLやCSSの知識がなくてもカスタマイズできるようになっているのか等も確認しておきましょう。

SEOに対応しているか

実はSEOに強いと書かれているテーマでも、そうでないテーマでもそれほど差はありません。
Googleはコンテンツの質を見てページの価値を判断するので、それの邪魔をしない程度であれば”SEOに強い”というテーマを重視して選ぶ必要はありません。

有料で販売されているテーマには、SEOに強いと書かれているものが多く存在しますが、テーマの影響を過信しないようにしましょう。
超初心者でもできるワードプレスの始め方・すぐにできるワードプレス