【2021年最新版】失敗しないWordPress用レンタルサーバーの選び方

これからWordPressブログを始める場合、レンタルサーバーが必須です。

しかし、無料のサーバーから高額なサーバーまで様々なサーバーがあり、初心者にとってはサーバー選びが難しいです。

レンタルサーバーを選ぶ時はどんな点を比較して選べばよいのでしょうか。

実は、レンタルサーバーを契約して失敗するケースや、使ってみてから他のサーバーの方がよかったと気が付くこともあります。

この記事は以下のような人におすすめ
初心者でも安心なWordPress向けサーバーとは?
サーバーの料金プランや選び方とは?
サーバーの特徴や選ぶ際の注意点とは?

これまで十数社のサーバーを実際に使ってきた経験から、初心者の方におすすできる失敗しないサーバーの選び方について解説します。

今選ぶなら、どんな点に注意してサーバーを選べば良いのかについて、初心者の方にもわかりやすく解説します。

レンタルサーバーとは

レンタルサーバーとはウェブサイトのデータを保存するスペースのことです。

WordPressブログを作る場合、サーバーの中にWordPressをインストールして、その中に記事を書いていきます。

ブログを閲覧ユーザーがアクセスするためのサーバーなので、サーバーの処理能力や表示速度が早いものを選びましょう。

これからブログで集客したり、収益を上げるためにはサーバーの品質も重要です。

サーバーの性能がGoogle検索の評価にも影響するので、遅いサーバーは避けましょう。

レンタルサーバーの種類

レンタルサーバーといっても、個人で利用できるものから法人向けなど様々な種類があるので、ここではおおまかな種類に分けて解説します。

無料サーバーと有料サーバー

サーバーの中には広告が表示される代わりに無料で使える無料サーバーと、月額の料金を払うタイプの有料サーバーがあります。

お金を1円もかけたくない場合は無料サーバーを使うしかありませんが、無料で良いサーバーは無いので、必ず費用をかけて有料サーバーを選択しましょう。

特に初心者の方で、しっかりと副収入を得るためのアフィリエイトやブログを作る場合は、月額1,000円程度のサーバーをおすすめします。

激安サーバーは激安なりの機能や品質なので、特に初心者の方にはおすすめできません。

共用サーバーと専用サーバー

有料サーバーの中でも大きく分けると、専用サーバー共用サーバーがあります。
専用サーバーは住居に例えると「一戸建て」、共用サーバーは「マンション」のようなイメージです。

専用サーバーは自由度が高い分、設定や管理は自己責任で行うものが多く、料金も月額1万円程度~と高額です。

共用サーバーはマンションの1室をレンタルするようなイメージで、一般的なブログを作るための機能はあらかじめ用意されているので、初心者でも使いやすいのが特徴です。

多少の制限はありますが、安いものだと月額300円程度から利用できるので、低価格なのも共有サーバーの特徴です。

この記事では一般的な共用サーバーの選び方について、解説していきます。

おすすめレンタルサーバー5選

WordPressブログを始めるのに最適なレンタルサーバーはどこでしょうか。

レンタルサーバー おすすめ」などと検索して調べ、最終的に以下の5つサーバーに絞る方が多いです。

おすすめ順で並べるとこのようになります。
特に1位~3位に大きな差はなく、どれもおすすめできます。

初心者におすすめなサーバーTOP5
私が使ってみた上でのおすすめのランキングです。

レンタルサーバーを選ぶポイントと比較

これから作るサイトに最適なレンタルサーバーを選ぶ場合、以下のポイントに注目して検討しましょう。

サーバーを選ぶ際に確認すべき4つのポイント
料金
性能(スペック)
機能とサービス
サポート

料金

レンタルサーバーを契約する場合、一般的には初期費用月額料金がかかります。

月額料金はサイトを運営している限り毎月ずっとかかる費用なので、無理のない範囲でなるべくランニングコストは抑えましょう。

料金が安いサーバーほど、スペックやサービスも低く使いづらいので特に初心者の方にはおすすめできません。

月額料金は契約期間に応じて割引になるので、1か月単位での支払いより、1年単位で支払うと月あたりの料金は割安になります。

 初期費用
月額料金
初年度合計
(12ヵ月)
ロリポップ1,650円330円5,610円
カラフルボックスなし638円7,656円
mixhostなし1,078円12,936円
ConoHa WINGなし1,320円15,840円
エックスサーバー3,300円1,100円16,500円
料金で比べるなら...
月1,000円クラスmixhostエックスサーバーConoHa WING
格安クラスロリポップカラフルボックス

しっかりとアクセスを増やしたい、収益を増やしたい場合は月額1,000円程度以上のサーバーをおすすめします。

性能(スペック)

サーバー自体の性能はサイトを作る際に必ず確認しておきましょう。
だいたい月額料金に比例することが多いです。

性能を比較する場合のチェックポイント
  • ページの表示速度

ページの表示速度

サーバーの性能によってページの表示速度に影響があるので、サーバーを選ぶ場合は必ずサイトの表示速度を確認しましょう。

表示が遅いページほど、ユーザーが直帰や離脱してしまうので、できるだけ早いサーバーを選択しましょう。

WordPressのプラグインを使ったりしてカスタマイズして早くしようとしても、サーバー自体が遅いと改善に限界があるので、始めから表示速度が少しでも早いサーバーを選ぶことをおすすめします。

一般に格安サーバーといわれる月額500円未満のサーバーは遅いです。

表示速度が最も早いとされるmixhostについてはこちらの記事をご覧ください。
【使ってみた】Mixhost(ミックスホスト)の評判と3つのデメリット ページの表示速度の重要性についてはこちらをご覧ください。
WordPressの表示速度を早くする方法

ディスク容量

ディスク容量とはデータを保存できるサーバーの容量のことです。

特に大きな画像や動画を保存するサイトの場合は、ディスク容量が大きいものを選びましょう。

ほとんどのサーバーでは数十GB~数百GB以上あるので、一般的なブログサイトの場合はあまり意識する必要はありません。

特に動画を扱う場合は、YouTubeなどの外部の動画共有サービスにアップしてからサイトに埋め込む方法がおすすめです。
その場合、サイトの容量には関係ありません。

 
ディスク容量
(多い順)
エックスサーバー300GB
ConoHa WING300GB
mixhost250GB
ロリポップ160GB
カラフルボックス150GB
性能で比べるなら...
性能が高い順→mixhost、エックスサーバー、ConoHa WING、ロリポップ、ColorfulBox

機能・サービス

機能やサービスは、サーバーの月額料金にある程度比例します。

確認すべき代表的な機能やあると便利な機能について解説します。

機能・サービスを比較する場合のチェックポイント
  • WordPressを簡単にインストールできるか
  • SSL化を無料でできるか
  • 自動バックアップ機能

WordPressを簡単にインストールできる機能

従来のやり方でWordPressをインストールするには、ある程度の専門知識が必要でした。

しかし、現在ではWordPressを使うユーザーが大半なので、多くのサーバーでWordPressを簡単にインストールできる機能を用意しています。

このWordPressを簡単インストール機能を使うと、初心者でも10分もあればサーバーの契約からWordPressのインストールまで簡単にできるようになるので、サーバーを選ぶ際に簡単さも確認しましょう。

SSL化を無料でできる機能

SSL化とは通信を暗号化するセキュリティ対策のことで、Google検索の順位にも影響するので対応は必須です。

このSSL化を無料でかつ簡単に設定できるようになっているサーバーを選ぶことをおすすめします。

手動でSSLを設定しなければならない場合、初心者にはハードルが高い作業になるので、必ず無料でSSL対応ができるサーバーを選びましょう。

自動バックアップ機能

自動バックアップとは文字通り、万が一の際に備えて、サイトのデータを自動的にバックアップしてくれる機能です。

WordPress初心者にとって、間違えてサイトのデータを消してしまったり、不具合が起きてサイトが消えてしまったりなどのトラブルが発生します。

そんな最悪な状態になってもサーバーのバックアップ機能があれば、ある時点の状態にサーバーを丸ごと復元することができます。

バックアップ機能は無料でも、そのデータを使って復元する場合は有料に設定されているサーバーもあります。

自動でバックアップされる期間や復元する場合の手軽さも含めて、サーバーを比較しましょう。

 
自動バックアップ
エックスサーバー
ConoHa WING
mixhost
ロリポップ
×
カラフルボックス

転送量

転送量とは、サイトにアクセスされた時にやり取りされるデータの量のことで、転送量の上限が定められています。

スマホの契約プランのように1日単位や月単位で上限が決められていて、上限を超えると制限がかかってしまったり、表示ができなくなる場合もあります。

データ容量が大きいサイトや、大量のアクセスを見込んでいるサイトの場合は、転送量の目安も合わせて確認しておきましょう。

 
転送量
(多い順)
エックスサーバー900GB/日
ConoHa WING27TB/月
mixhost18TB/月
ロリポップ500GB/日
カラフルボックス6TB/月
機能で比べるなら...
高機能なサーバー順→mixhost、エックスサーバー、ConoHa WING、ロリポップ、ColorfulBox

サポート体制

WordPressブログを運営していく場合、技術的な問題が発生することがあるので、特に初心者にとってはサポートが充実しているかもサーバー選びのポイントです。

トラブルが起きた場合に自力で解決をするか、サーバーのサポートに問合せして解決しなくてはならいため、サーバーのサポート体制もサーバー選びで考慮しましょう。

大手のサーバーであればユーザー数も多いため、わからないことがあったら検索するとユーザーが解決方法を書いてくれていたり、よくある質問も充実しています。

サーバーによってはメールでの問い合わせのみであったり、電話やチャットの対応もしている会社もあります。
サポート窓口の対応時間なども確認しておきましょう。

サポート体制で比べるなら...
サポート体制がしっかりしている順→エックスサーバー、mixhost、ロリポップ、ConoHa WING、ColorfulBox

特徴ごとにおすすめサーバーを紹介

具体的におすすめできる代表的な5つのレンタルサーバーを紹介します。

いずれのサーバーも有名なサービスばかりなので比較検討する方が多くいます。

mixhost

mixhostは急成長をしている今人気のサーバーです。
大手の老舗サーバーと比較し、コスパが良いサーバーで、このサイトもmixhostで運営しています。

mixhostの特徴
  • 表示速度が一番速い
  • WordPressのインストールが簡単
  • 初期費用が無料
  • コスパが良い
mixhostの最大の特長はサーバーの処理が非常に高速な点です。
エックスサーバーも早いサーバーですが、特に表示速度にこだわる方はmixhostがおすすめです。

これからWordPressを始める初心者はmixhostを選んでおけば間違いないです。
mixhostの評価
料金
(5.0)
性能
(5.0)
機能・サービス
(5.0)
サポート
(4.0)
総合評価
(4.5)



mixhost公式サイトへ


mixhostについて詳しい情報はこちらの記事で紹介しています。
【使ってみた】Mixhost(ミックスホスト)の評判と3つのデメリット mixhostのお試し体験とキャンペーン内容について

ConoHa WING

ConoHa WINGの特徴
  • 表示速度は国内最速級
  • 使った分だけの料金体系もある
  • WordPressの移行が簡単
ConoHa WINGでは、Web処理速度の高速化にこだわり様々な機能や仕組みが採用されています。
ConoHa WINGの評価
料金
(4.0)
性能
(4.0)
機能・サービス
(4.5)
サポート
(4.0)
総合評価
(4.5)


ConoHa WING公式サイトへ

ConoHa WINGの詳細はこちらの記事でも紹介しています。
ConoHa WINGの料金プランとお得なキャンペーン 【実体験】ConoHa WINGサーバーの評判と3つのデメリット

エックスサーバー

エックスサーバーの特徴
  • 国内シェアNo.1の老舗サーバー
  • 電話サポートにも対応
  • メーリングリストやメールマガジンも作れる
国内シェアNo.1のサーバーで昔から多くのユーザーがいるので、安心感があります。
エックスサーバーの評価
料金
(4.0)
性能
(4.5)
機能・サービス
(4.0)
サポート
(4.5)
総合評価
(4.0)


エックスサーバー公式サイトへ

エックスサーバーでは新規申込み時にお得なキャンペーンをよく開催しているので、キャンペーンの内容をチェックしてから申し込みしましょう。
エックスサーバーの詳細はこちらの記事でも紹介しています。
エックスサーバーは高い?キャンペーン中がおすすめ エックスサーバーの評判エックスサーバーの評判とは?実際に使った感想とデメリット

ColorfulBox

ColorfulBoxの特徴
  • 初心者にも優しい操作
  • プラン変更が柔軟
  • 地域別自動バックアップ機能が標準搭載
カラフルボックスはとにかく初心者でも使いやすいように工夫されたレンタルサーバーです。

特に災害時などのトラブルにも強いバックアップ体制が整っているので、安心して利用できます。

ColorfulBoxの評価
料金
(4.5)
性能
(4.5)
機能・サービス
(4.0)
サポート
(3.5)
総合評価
(4.0)


ColorfulBox公式サイトで見る


ColorfulBoxの詳細はこちらの記事でも紹介しています。
カラフルボックス(ColorfulBox)の評判について

ロリポップ

ロリポップの特徴
  • 初心者に優しい
  • 月額料金が格安
  • WordPress簡単インストールが便利
ロリポップの評価
料金
(5.0)
性能
(4.0)
機能・サービス
(3.0)
サポート
(3.5)
総合評価
(3.5)
ロリポップの詳細はこちらの記事でも紹介しています。
初心者向けロリポップは安いけど重い?評判まとめ

目的別のおすすめサーバー

では実際にどのようなサーバーを選択するのが良いのかを具体的にご紹介します。

とにかく高速なサイトを作りたい方向け

サイトの高速表示を求めるならmixhostがおすすめです。

mixhost



料金
(5.0)
性能
(5.0)
機能・サービス
(5.0)
サポート
(4.0)
総合評価
(4.5)
ハイスペックでダントツコスパが良いサーバーです

レンタルサーバーの会社の中では後発なので、その分思い切ったサービスをどんどん打ち出している会社です。

機能が豊富なので初心者の方にとってはわかりづらい部分があるかもしれませんが、ページの表示速度の高速化にもこだわっていてるサーバーです。

mixhost公式サイトへ


【使ってみた】Mixhost(ミックスホスト)の評判と3つのデメリット

少し高くてもサポートを重視したい方向け

エックスサーバー


料金
(3.5)
料金
(4.5)
性能
(4.0)
機能・サービス
(4.0)
サポート
(5.0)
総合評価
(4.0)
エックスサーバーは総合的にバランスの取れているサーバーです。

エックスサーバーの最大の特長は、初心者にも使いやすくサポートがしっかりしている点です。

エックスサーバー公式サイトへ


エックスサーバーの評判エックスサーバーの評判とは?実際に使った感想とデメリット エックスサーバーの全プラン全機能を徹底解説

サーバー選びのまとめ

月額の予算で検討する場合が多いと思いますが、これから作るサイトに十分なスペックのものを選ぶようにしましょう。

エックスサーバーには無料お試し期間mixhostには30日間の返金保証が設定されているで、使ってみてから判断すると良いでしょう。

レンタルサーバーは年に数回は新しい機能やサービスがリリースされます。

特にWordPressでサイトを構築する場合は、サーバーの引っ越しも可能ですが、まずは1年間は使い続けられるようなサーバーを選ぶことをおすすめします。
ConoHa WINGとmixhostの徹底比較・WordPress向け エックスサーバーとConoHa WINGを徹底比較 エックスサーバーとmixhostを実際に使って比較してみた 中小企業向けレンタルサーバーの選び方 【月額500円以下】個人向け格安レンタルサーバー3選