【2020年最新版】失敗しないサーバーの選び方(副業や個人向け)

レンタルサーバーの選ぶ際にどんな点を比較して選べばよいのでしょうか。

実は、レンタルサーバーを契約して失敗するケースや、他のサーバーの方がよかったなと気が付く場合があります。

これまで数十のサーバーをレンタルし使ってみた経験から、失敗しないサーバー選びについて解説します。

この記事では、今ならどんな点に注意してサーバーを選べば良いのかについて、初心者にもわかるように解説します。

レンタルサーバーの種類

レンタルサーバーは無料のもとの有料のものがあります。
無料では広告が表示され、機能や容量がかなり限られているのでおすすめできません。

有料サーバーも大きく分けると、専用サーバーと共用サーバーがあります。
専用サーバーは住居に例える一戸建てのようなイメージです。

自由度が高い分、設定や管理は自己責任で行うものが多く、費用も月額1万円程度~となっています。

共用サーバーはマンションの1室をレンタルするようなイメージです。
ある程度の制限はあるものの、一般的なサイトを構築するために必要な機能は全て備わっていて、費用が安いのが特徴です。
メンテナンスもサーバーの会社がやってくれるので、専用サーバーのような手間はかかりません。

この記事では一般的な共用サーバーの選び方について、解説していきます。

レンタルサーバーを選ぶポイント

予算

まずレンタルサーバーを選ぶ際に、おおまかな予算をイメージしましょう。

どんなサイトを作成するかにもよりますが、そのサイトはどれだけ価値を生み出すことができるでしょうか。

サーバー代はサイトがある限り毎月ずっとかかる費用なので、なるべくランニングコストは抑えましょう。

安いサーバーは月額250円~1,000円程度まであります。

乗り換えできる

レンタルサーバーは年に数回は新しい機能やサービスがリリースされます。

レンタルなので、しばらく使ってみてから他のサーバーに乗り換えることも可能です。

特にワードプレスでサイトを構築する場合は、とても簡単にサーバーの引っ越しが可能なので4、5年以上もずっと使うサーバーを選ぶつもりではなく、とりあえず1年は使い続けられるようなサーバーを選ぶことをおすすめします。

レンタルサーバーごとの特徴

安いサーバーは安いなりの理由があるように、サーバーごとに特徴があります。

価格

価格の安さを売りにしているサーバーも多く存在します。
月額100円などのサーバーもありますが、そういったサーバーではワードプレスをインストールする機能がなかったり、機能を絞って提供されていますので、おすすめしません。

スピード

最近ではページの表示速度もGoogleの評価に関わり、遅いページ程ユーザーが直帰や離脱してしまうことから、スピードが求められています。

サーバー自体が遅い場合、ページを軽く作ったりワードプレスをカスタマイズしても、サーバーのスペックがボトルネックとなってしまいますので、始めからスピードにも気を使っているサーバーを選ぶことをおすすめします。

ページの表示速度を改善する方法

目的別のおすすめサーバー

では実際にどのようなサーバーを選択するのが良いのかを具体的にご紹介します。

とにかく格安でサイトを作りたい方向け

日本で一番多くの方に使われているサーバーがロリポップ!です。
月額250円~ワードプレスが利用できるという手軽さから、とありえず作ってみたいという初心者にはおすすめのサーバーです。

ロリポップ



価格
(4.5)
使いやすさ
(4.0)
スピード
(2.0)
機能
(3.0)
サポート
(2.0)
総合評価
(3.5)
多くのユーザーが使い方について発信しているので、検索すると公式のサポートだけでなくユーザーが解説しているページも多くあります。
ただ、個人向けサービスなのでちょっと物足りなくなる場合もあります。

スピードが遅いという点が弱点ですが、月額1,000円のハイスピードプランも用意されています。

ロリポップを見てみる

会社や副業でしっかりとサイトを構築したい方向け

エックスサーバー


価格
(3.5)
使いやすさ
(4.5)
スピード
(4.0)
機能
(4.5)
サポート
(3.0)
総合評価
(4.0)
非常にコスパが良いサーバーです
月額1,000円以上の予算をかけられる場合は、ロリポップよりもエックスサーバーにすることをおすすめします。
ロリポップのような激安サーバーと違い、機能が充実していますので、よほど大きなサイトでない限りエックスサーバーで十分だと思います。
実際に使ってみてわかったエックスサーバーの評判について

エックスサーバーを見てみる

まとめ

月額の予算で検討する場合が多いと思いますが、これから作るサイトに十分なスペックのものを選ぶようにしましょう。

ロリポップもエックスサーバーも無料お試し期間が設定されていますので、使ってみてから判断すると良いでしょう。

失敗しない、中小企業向けレンタルサーバーの選び方 ワードプレスに最適な個人向けレンタルサーバー3選