失敗しない独自ドメインの決め方

ブログなどのサイトを作る際に、決めなければならないドメイン名についてこんな疑問はありませんか?

ドメイン取得に関する疑問
・どんなドメインが良いの?
・ドメインの種類によって何が違う?
・SEOに有利なドメインにしたい
・なるべく安くドメインを取得するには?

一度取得したら変更することはできないので、失敗したくないですよね。

この記事では失敗しない独自ドメイン名の決め方について、徹底的に解説します。

この記事を読むと、正しいドメイン名の決め方がわかり納得してドメイン名を決めることができるようになりますので、ぜひ参考にしてみてください。

独自ドメインとは

独自ドメインとは、サイトの住所にあたるものでURLの一部です。

例えば、Googleのサイトはhttps://www.google.co.jp/なのでgoogleにあたる部分を独自ドメインと呼びます。

ドメイン取得会社で任意のドメインを取得することができますが、先着順なので誰かに取得されているものは取得できません。

無料のブログサービスなどでは、任意のアカウント名(URLになるもの)が選べますがこれは独自ドメインではありません。

独自ドメインを取得するメリット

独自ドメインを保有しておくことのメリットは主に以下の3つです。

ドメインの価値を上げることができる

サイトを運営していくと徐々にサイトの価値が高めることができます。
Googleがサイトの価値を評価してそれを紐づけるのはドメインです。
ドメインの価値を高めることで、検索結果に表示されやすくなり、サイトのコンテンツを資産として積み上げていくことができます。

URLを変更せずにサーバー移転ができる

独自ドメインはドメイン取得サービスで取得しますが、サイトやサーバーに関わらずドメイン単体で保有することができるので、サーバーを変更してもドメインをそのまま引き継いで使えます。

覚えてもらえる

会社名やサービス名を使ったドメインや、できるだけ短いドメイン名を使うことで相手に覚えてもらうことができます。
〇〇.comといった感じで印象に残るドメインであればあるほど良いでしょう。

日本語のドメインも普及してきているので、視覚的な宣伝効果も期待できます。

独自ドメインの種類と特長

独自ドメインは、「.com」や「.jp」などドメインの末尾(トップレベルドメインと呼ぶ)の組み合わせがあります。
価格もそれぞれ異なります。

ドメイン取得サービスによって取得価格、更新価格が様々です。

代表的なトップレベルドメインを紹介します。

.com

.comとはCompany(会社)の略ですが、誰でも取得ができます。

ドットコムという響きでわかりやすく、取得費用も他のドメインに比べて安いのが特徴です。

世界で最も多く取得されているドメインなので、希望する独自ドメインが既に誰かによって取得されている可能性があります。

.jp

.jpは日本のJapanを表すドメインです。
2文字で短くスマートな印象を与えることができます。

日本からしか取得することができません。

デメリットは更新費用がやや高いという点です。

.org

.orgはOrganizationの略で、非営利団体向けに用意されているドメインです。

しかし現在では誰でも取得できるようになっていて、一般的なドメインとして使われています。

.info

.infoはinformationの略で使われています。

情報発信するサイトというイメージで使われることがありますが、誰でも自由に取得できるドメインです。

.tokyoなど

地域名のドメインとして、特に.tokyoは都内でサービスを展開しているお店などのサイトに使われることが多いです。

比較的新しいドメインなので、取得しやすいドメインです。
取得料金を安くしているサービスが会社も多いので人気のあるドメインです。

.tokyoだからといって東京に関係がない方は取れない、というわけでもなく誰でも取得可能です。

SEOに有利なドメインとは

ドメインの種類によってSEO(検索エンジン最適化)に有利だとか不利ということはありません。

Googleのサイトの評価はドメインに紐づかれるので、サイトの運用歴などによってドメインの価値に差がでますが、.comより.jpが良いということはありません。

決めるときの注意点

では実際に独自ドメインを決める時はどんな点に注意すれば良いのでしょうか。

短くする

ドメインは長いものよりも短いほうが良いです。
長いことによるメリットはありません。

会社名やサービス名で取得する例が多いですが、できるだけ短い方が覚えてもらいやすいです。

名刺などに記載する場合も短い方がスマートですね。

サイトの内容にあったものにする

サービスの内容やサイトの内容にあった文字列で取得するようにしましょう。
覚えることができないような意味不明な英数字ではなく、意味のある単語をつなげるなど、Googleにも認識ができる文字が良いです。

これはSEOにもつながります。

ドメインの決め方Q&A

ドメインを決める際によくある質問をまとめてみました。

Q:あとで変えられる?

A:あとで変更することはできません。
取得しなおすことになってしまうので、慎重に選びましょう。

Q:SEOな有利なドメインは?

ドメインの文字によって順位が変わるということはありませんが、GoogleではURLを意味のある文字列にすることを推奨しています。

そのためできればサービス名やサイトの内容を含めたドメインの方が良いでしょう。

ドメインの取得方法

独自ドメインを取得するにはドメインを管理している会社で申し込みをする必要があります。
レンタルサーバーをセットで申し込みできるようになっているサービスや、ドメインのみを契約することができるサービスもあります。

おすすめ方法としては、更新費用が安いサービスを利用することです。
独自ドメインの取得・おすすめな方法 その中でもおすすめの会社は、エックスサーバー社が運営するドメイン取得サービス「エックスドメイン」です。
最大の特長は更新費用が安いことです。

.comのドメインなら380円で取得でき、更新費用も1,180円で済みます。
ドメインの種類によって値段が異なりますが、エックスドメインが一番安いです。



まとめ

ドメインの種類、特長を把握した上で、できるだけ短くて覚えやすいドメインを取得することです。

そして一度取得したら毎年更新する必要があるので、取得費用だけでなく更新費用も含めてドメイン取得サービスを比較するようにしましょう。
独自ドメインの取得・おすすめな方法 【ドメインの選び方】日本語ドメインのメリット・デメリット