記事内に広告を含む場合があります。

GA4を使ってブログを改善する方法と使い方

  • ブログ記事を分析する方法とは?
  • ブログ記事を改善する方法?

GA4を使うと、ブログサイトを分析したり記事を改善するヒントを得られます。

GA4を使ってブログ記事を改善できると、ブログの収益を増やしやすくなります。

GA4はアクセス数を増やすためではなく、収益を増やすために活用しましょう。

この記事を読むとわかること
GA4でブログ記事を改善する方法
改善すべき記事の見つけ方
収益に貢献している記事を確認する方法

GA4の初期設定はこちらの記事で解説しています。
GA4の設定方法。WordPressへの導入方法と初期設定

ブログ記事の改善とは

ブログ記事を改善できれば、収益を増やしたり成果を高められます。
そのためには大きく分けて2つのポイントがあります。

  • アクセス数を増やす
  • コンバージョン率を高める

コンバージョンとは、サイト内でユーザーにとってもらいたい行動のことです。

収益を最大化するには両方の改善が必要です。

アクセス数が少ないと成果(コンバージョン)の数が増えません。

ブログへのアクセス数が多くても成果につながりづらい(コンバージョン率が低い)と成果が増えません。

改善の優先順位

ブログ記事を改善する場合、気が付いたところから直すのではなく、効果が大きそうな部分から直すのがおすすめです。

特に、コンバージョンしやすいページのコンバージョン率を高めることや、コンバージョン率の高いページへのアクセス数を増やすことなどです。

コンバージョンなどGA4で見るべき指標はこちらの記事で解説しています。
GA4で見るべき指標一覧・ディメンションとの違いは?

GA4でアクセス数を増やす方法

アクセス数を増やすには検索エンジン最適化(SEO)が必須です。

検索されているキーワードで上位表示ができると、ブログへのアクセス数を増やせるからです。

しかし、GA4はアクセス数を増やすためにはあまり役立ちません。
アクセス数を増やすには、GA4ではなくGoogleサーチコンソールのデータが役立ちます。

キーワードごとの表示回数とクリック数を確認する方法

アクセス数を増やすには、
どの記事がどんなキーワードで表示されているのかを知り、そしてどのキーワードで上位表示できればもっとアクセス数を獲得できるのかを知るのがポイントです。

サーチコンソールの、平均掲載順位が10位以内であれば表示回数と検索回数は同じです。
検索回数が多いキーワードでも、自身のブログ記事が検索上位に表示されていない場合、表示回数は少なくなります。

GA4とGoogleサーチコンソールを連携させると以下のようなレポートを確認できます。

クリック数が多い記事で、1位になっていない記事があれば対策の優先度が高いです。
特に2位~5位くらいに表示されているのであれば、その記事を1位にするために記事を修正するのが効果的です。

Googleサーチコンソールでブログ記事を改善する方法はこちらの記事で解説しています。
SWOT分析Googleサーチコンソールでブログ記事を改善する方法

GA4でコンバージョン数を増やす方法

検索結果に上位表示ができて、アクセス数が増えても成果につながらない可能性もあります。

GA4を使うと、サイト内の各ページごとの価値を把握できます。

ページの価値はいくつかの指標で判断できます。
アフィリエイトブログの場合、以下のような指標を確認するのがおすすめです。
・表示回数
・エンゲージメント率
・スクロール

記事ごとの表示回数を確認する

GA4の表示回数とは、ページが表示された回数のことです。
ページビューと同じ意味で、ページがどのくらいの回数見られているのかを確認する時に使う指標です。

ページごとの表示回数を多い順に並べて確認したり、期間を比較して表示回数の増減を確認もできます。

表示回数が多い記事は、ニーズのある記事でもあると考えられます。

GA4の表示回数を確認する方法はこちらの記事で解説しています。
GA4の表示回数とは?ページごとの表示回数を確認する方法

記事ごとのエンゲージメント率を確認する

エンゲージメントとは、ユーザーがサイトにどの程度積極的に関わってくれたかを示す指標です。

エンゲージメントは以下のいずれかの条件に当てはまるセッションのことを指します。

・10秒以上継続したセッション
・2ページ以上を閲覧したセッション
・コンバージョンしたセッション

エンゲージメント率とは、サイトでエンゲージメントしたセッションの割合のことです。

つまりエンゲージメント率を使用すると、各記事へのアクセスのうち、エンゲージメントしている割合を測定できます。

エンゲージメント率が高い記事はユーザーのニーズを満たす良い記事だと考えられます。

GA4のエンゲージメントはこちらの記事で解説しています。
GA4のエンゲージメントとは?エンゲージメント率や時間の目安は?

記事ごとのスクロール率を確認する

GA4のスクロールとは、ページの90%以上がスクロールされたときに計測されます。

記事ページであれば最後まで読まれたと認識する目安です。

スクロールされたということは、エンゲージメントしたともカウントされます。

記事ごとのスクロールを確認する方法はこちらの記事で解説しています。
GA4のスクロールとは?定義とページごとのスクロール率の見方

アフィリエイトブログに役立つデータとは

GA4を使ってアフィリエイトブログの改善に必要なデータは主に、
どの記事がどれだけ表示されているのか
どの記事がしっかり読まれているのか
どの記事にあるリンクがクリックされているのか(←この記事で解説)
の3つです。

実際には、どんなデータがわかればブログの改善に活かせるのか、という視点でGA4を使うのがおすすめです。

GA4で表示回数を確認する方法は、こちらの記事をご覧ください。
GA4の表示回数とは?ページごとの表示回数を確認する方法

どの記事がしっかり読まれているのかを知るにはスクロール率が役立ちます。

記事ごとのスクロール率を確認する方法はこちらの記事をご覧ください。
GA4のスクロールとは?定義とページごとのスクロール率の見方

まとめ

GA4を活用するとブログ記事の分析ができます。

現状を正しく理解できると、改善すべき点を見つけやすくなります。

GA4の使い方はこちらの記事で解説しています。
GA4の使い方・GA4でブログを分析する方法

GA4で特定のページをコンバージョンに設定をする方法はこちらの記事で解説しています。
GA4でサンクスページ到達をコンバージョンに設定する方法【一番簡単】