WordPressブログをConoHa WINGに移行する3つの方法

ConoHa WINGにはWordPressブログを簡単に移行できる機能があります。

今使っているサーバーが古くて遅かったり、コスパが悪い場合、WordPressブログをConoHa WINGに乗り換えられます。

この記事を読むとわかること
ConoHa WINGに移行(引っ越し)するメリット
WordPressの移行方法と手順

月額1,000円位のサーバーでConoHa WINGは人気のサーバーです。

ConoHa WING公式サイトへ


ConoHa WINGの評判とデメリットはこちらの記事も参考にしてみてください。
【実体験】ConoHa WINGの評判と3つのデメリット

ConoHa WINGに引っ越す理由

ページの表示速度を今より早くしたいという理由でConoHa WINGに乗り換える方が多くいます。
ConoHa WINGは表示速度が速いサーバーなので、今のサーバーから乗り換えるだけでページの表示速度が速くなる場合もあります。

ConoHa WINGに乗り換えるメリット
  • ページの表示速度が高速になる
  • WINGパックでドメイン込みの料金が安くなる

特にConoHa WINGは新規契約者向けにお得なキャンペーンを展開しているので、安い料金でWordPressブログを移行できます。

WordPressの表示速度を改善する方法はこちらの記事で詳しく解説しています。
【初心者向け】WordPressの表示速度を改善する簡単な方法

ConoHa WINGへ引っ越す3つの方法

引っ越す3つの方法
  • 「WordPressかんたん移行」を利用する方法(無料)
  • 「WordPress移行代行」を利用する方法(有料)
  • プラグインを利用する方法(無料)
ConoHa WINGにはWordPressの引っ越しをする方向けに専用のサービスが用意されています。

「WordPressかんたん移行」を利用する

WordPressかんたん移行」とは、ConoHaが独自に開発したWordPressの移行ツールです。

WordPressかんたん移行

必要な情報を入力すればワンクリックでWordPressを移行することができます。

難しい操作が不要なので初心者の方でも引っ越しができるようになっています。

「WordPressかんたん移行」の手順を動画で解説したものです。
この動画の手順に沿って操作をすれば初心者でも移行ができます。

移行作業前の確認
以下に該当するWordPressには対応していません。
・ WordPressのバージョンが3.8.5より古いサイト
・ PHPのバージョンが5.3より古いバージョンを利用しているのサイト
・マルチサイト機能を使用したWordPress
・ダッシュボードログイン時に二段階認証(ロボット認証)を行っているサイト
・プラグインインストール時にFTP情報を必要とする設定のWordPress
・WordPress.comからの移行
・ダッシュボードから画像投稿が出来ないサイト
以下のプラグインを利用している場合にエラーになる可能性があります。
・Yet Another Related Posts Plugin
・WassUp Real Time Analytics
・WordPress Popular Posts
・wp slims stat
・Broken Link Checker
・count per day

移行の手順

STEP.1
ConoHa WINGのアカウントを作る
ConoHa WINGの契約を先に済ませておく必要があります。

Conoha WING公式サイト

STEP.2
ConoHa WINGにドメインを追加する
引っ越したいブログのドメインを追加します。
ドメインの追加画面

ConoHa WINGの管理画面にログイン後、「サーバー管理」→「ドメイン」と進むと画面右上に「+ドメイン」というボタンがあるのでクリックします。
ドメイン名の入力

「新規ドメインを追加」を選択し、追加するドメインを入力します。
無料独自SSLは「利用する」を選択します。
STEP.3
WordPressかんたん移行を使って移行する
かんたん移行の設定

「サイト管理」→「サイト設定」を選択し右上にある「+アプリケーション」をクリックすると、情報を入力する画面が開きます。
※ドメインが複数ある場合は、画面左に表示されている「切り替え」ボタンから該当するドメインに切り替えが必要です。
インストール方法:かんたん移行を選択します。

テスト移行:一旦テスト移行先URLに移行を行い、テスト移行先を確認後、本番用URLに本番移行を行うことができます。テスト移行先URLはBasic認証が設定され、アクセス制限パスワードとアクセス制限ユーザー名を入力することでアクセスが可能です。
特に動作のテストが必要な場合のみ利用しましょう。

バージョン:数字が大きい方が新しいので、新しいバージョンを選択しましょう。

移行元URL:移行する元のURLを入力します。

サイトURL:wwwのあり、なしを選択することができます。

移行元ユーザー名:現在のWordPressのログインユーザー名です。

移行元パスワード:現在のWordPressのログインパスワードです。

データベース:特に指定がなければ自動で割り振られている文字列でOKです。新たに作成するデータベースの情報なので、これまで使っていたデータベースの情報ではありません。

コントロールパネルプラグイン:ConoHa WINGサイト管理設定の一部機能を、WordPress管理画面から設定が行えるプラグインです。不要な場合はチェックを外します。

自動キャッシュクリアプラグイン:WordPressの記事を投稿した際に、 ConoHa WINGサーバー上のコンテンツキャッシュを自動でクリアするプラグインです。不要な場合はチェックを外します。
STEP.4
ドメインのネームサーバーを変更する
ドメインを管理しているサービス側でネームサーバーの変更をします。
ムームードメインにログイン

ムームードメインのコントロールパネルにログインし、「ドメイン操作」→「ネームサーバー設定変更」ページを開きます。
該当のドメイン名の横にある「ネームサーバー設定変更」をクリックします。
ログイン

ネームサーバー設定変更画面の下にある「GMOペパボ以外のネームサーバーを使用する」にチェックを入れ、ConoHa WINGのネームサーバーを入力します。
例:
ns-a1.conoha.io
ns-a2.conoha.io
「ネームサーバー設定変更」ボタンを押して完了です。
エックスサーバードメインにログイン

エックスサーバードメインの管理画面にログインし、左側のメニューの「ネームサーバー設定」を開きます。
該当するドメインの行にある「選択する」をクリックします。
ネームサーバーを入力

ドメイン適用先サービスとして「その他のサービスで利用する」を選択します。
ネームサーバーの入力欄にConoHa WINGで指定されたネームサーバーを入力します。
例:
ns-a1.conoha.io
ns-a2.conoha.io
確認画面に進みます。
確認

間違いのないことを確認し、「設定を変更する」をクリックします。
STEP.5
SSLの設定をする
SSLの設定も簡単にできるようにConoHa WINGにはhttpのWordPressをhttpsに対応させる「かんたんSSL化」という機能があります。
SSL設定

「サイト管理」→「サイト設定」の中にある「SSL有効化」ボタンをクリックします。

「サイト管理」→「サイトセキュリティ」で独⾃SSLの利⽤設定が「ON」になっている必要があります。

STEP.6
移行を確認する
ネームサーバーの反映がされ次第、ConoHa WING上のWordPressが表示されます。

ブログ初心者の私でもできそうですね。

「WordPress移行代行」を利用する

WordPress移行代行とは、WordPress移行作業の全てをConoHa WINGのプロの担当者にお任せするサービスです。

WordPress移行代行

WordPressかんたん移行でも難しそうだと感じた方や、費用がかかってもプロに依頼して行う方がいい場合は、「WordPress移行代行」を利用しましょう。

特に初心者には心配な作業も、プロに依頼できるので安心してWordPressの移行ができます。

依頼できること

WordPress移行代行に依頼できる作業は以下の通りです。

WordPress移行代行作業の内容
・サイトのデータを丸ごと移行
・ネームサーバーの切り替え作業
・SSLの再設定

料金・試用

1サイトにつき7,678円(税込)
※SSL設置済みサイトの場合、1サイトあたり3,300円(税込)のオプション料金が必要

依頼できる条件:
独自ドメインを使用してWordPressを運用しているサイトであること。

依頼する流れ

STEP.1
ConoHa WINGのアカウント作成
WordPress移行代行を申し込むには事前にConoHa WINGの契約が必要です。

Conoha WING公式サイト

STEP.2
「WordPress移行代行チケット」を購入
移行のための費用を支払うため、ConoHaショップにてチケットを購入する必要があります。
WordPress移行代行チケットは7,678円(税込)です。
STEP.3
必要な情報を入力
ヒアリングフォームがメールで届くので必要事項を入力します。
STEP.4
WordPress移行作業を実施
希望の日にちに合わせて移行作業が行われます。
STEP.5
移行完了
最後にドメインの設定をしてWordPress移行は完了します。

プロに頼めるのは安心ですね。

プラグインを利用して引っ越す

WordPressの無料プラグインを使って引っ越しをする方法です。

おすすめの無料のプラグインは「All-in-One WP Migration」です。
データをエクスポートして、新しい引っ越し先のWordPressにインポートして引っ越す方法です。

STEP.1
プラグインをインストールする
WordPressブログのデータを丸ごとバックアップできる「All-in-One WP Migration」というプラグインをインストールします。
STEP.2
エクスポートする
WordPress内の全部のデータを引っ越し先に移動するためにエクスポート(書き出し)します。
サイトをエクスポート

ファイルを選択すると自動的にデータのアーカイブがスタートし、ダウンロードの準備が進みます。
エクスポート中

途中で止める場合は「エクスポートを停止」をクリックします。

ブログによってはデータが大きくなるので時間がかかります。

ダウンロード

このような画面が表示されたらダウンロードをクリックしてバックアップデータをダウンロードします。
STEP.3
引っ越し先のブログでインポートする
引っ越し先のブログにも「All-in-One WP Migration」をインストールし、STEP.2でエクスポートしたデータを引っ越し先のブログにインポートします。
ブログのインポート

これでWordPressブログをConoHa WINGサーバーに移行することができます。

初心者の私にはちょっと難しそうです。

ConoHa WINGへ引っ越す方法のまとめ

新しくConoHa WINGを契約し既存のWordPressを移す3つの方法をご紹介しました。

・「WordPressかんたん移行」を利用する方法
・「WordPress移行代行」を利用する方法
・プラグインを利用する方法

ConoHaのWordPress移行代行については、事前相談も受け付けているので詳細を確認してから依頼しましょう。

公式サイトで詳細を確認する

ConoHa WINGでWordPressブログを始める方法はこちらの記事で解説しています。
【ConoHa WING】WordPressブログの始め方を徹底解説

ConoHa WINGのレビューやクチコミはこちらの記事にまとめています。
【実体験】ConoHa WINGの評判と3つのデメリット ConoHa WINGのキャンペーンとお得な料金プラン