Googleアナリティクスのデータを共有する方法

Googleアナリティクスでは、レポートを他のユーザーと共有する機能があります。

サイトにタグを埋め込んでアナリティクスのデータは計測できているけど、見方が良くわからないという方は、アナリティクスのデータを分析できる知人や業者の方に共有することで、自身のアカウント情報を伝えることなくデータのみを共有することができます。

この記事では、そんなGoogleアナリティクスの共有設定までの手順を解説します。

共有する単位

Googleアナリティクスの構成は
「アカウント」
「プロパティ」
「ビュー」

の3段階に分かれています。

アカウントは企業単位、プロパティはサイト単位、ビューは見方の単位、といったように使い分けることができ、それぞれの単位で共有設定ができます。

「アカウント」が一番上位の単位なのでアカウントレベルで共有設定を行うと、それ以下の「プロパティ」と「ビュー」にも自動的に権限が付与されることになります。

もし限られたデータのみを相手に共有したい場合は、「プロパティ」や「ビュー」単位で共有設定をすることでデータを共有する範囲をコントロールすることができます

共有する権限の種類

まず、どのレベルで共有を行うのか、Googleアナリティクスのユーザーには4段階の権限があります。

それぞれの権限でできることは以下の通りです。

編集
管理やレポートに関連する操作をすることができる権限です。
レポートを表示させたり基本的な操作はできますが、ユーザーの追加や変更、削除はできない権限です。
以下の「共有設定」の権限も「編集」に含まれています。
共有設定
レポートの作成や編集、削除や共有をすることができる権限です。
以下の「表示と分析」の権限も「編集」に含まれています。
表示と分析
レポートの表示のみができる権限です。
レポート内の操作(フィルタを適用したり、セグメントを作成したり)もできますが、共同で編集はできません。
社外の人にレポート内容を共有する際、どの権限にすれば良いのか迷ったらこの権限にしておきましょう。

ユーザー管理
アカウントのユーザーを管理できる権限のことで、ユーザーを追加したり削除することができます。
アカウントや、プロパティ、ビューでこの権限を持つ任意のユーザー(自分自身を含む)に、完全な権限を与えることができます。
上記の「編集」「共有設定」「表示と分析」のいずれの権限も含まない独立した権限です。

上記のそれぞれの権限を単独、場合によっては組み合わせて適用することもできます。

共有設定の方法

では実際に共有するユーザーを追加する方法について解説します。

まず、Googleアナリティクスにログインします。

Googleアナリティクスへ


ログイン後、画面左下に表示される「歯車マーク」もしくは「管理」をクリックします。

すると下記のような画面が表示され、上記で解説した「アカウント」「ビュー」「プロパティ」のレベルごとにユーザーを追加することができます。

それぞれ赤枠部分をクリックすると、下記のような一覧が表示されます。
右上の水色の+マークをクリックして、「ユーザーを追加」を選択します。

追加したいユーザーのメールアドレスを入力し、どの権限を付与するかについてチェックボックスで選択し、右上にある「追加」ボタンをクリックします。

これで追加されたユーザーがログインをすれば、あなたのGoogleアナリティクスのデータを閲覧または編集することが可能になります。

デフォルトで「新規ユーザーにメールで通知する」にチェックが入っているので、追加と同時に相手にもお知らせが届きます。

【初心者でもわかる】Googleアナリティクスの始め方 最初にやるべきGoogleアナリティクスの初期設定