アクセス数を増やすためのコツ

ホームページを作成した後に、「アクセスが増えない!」と悩む方がとても多くいます。

作るときには「作ったらアクセスされるだろう。」という安易な期待があるのですが、実際にはほとんどアクセスがないページがほとんどです。

せっかく作ったのですからまずはアクセスされないと意味がありません。

この記事では実際にどうやってアクセス数を増やすことができるのか、具体的な方法を解説します。

アクセスの現状を把握する

まずはアクセス数などあなたのサイトの状態を把握しましょう

どのページがどんな人にどれだけ読まれているのか、1ページだけを見て帰ってしまっている人がどれだけの割合いるのかなどあなたのサイト上でユーザーがどんな行動をとったのかを知ることができます。

アクセスの計測には「Googleアナリティクス」を使いましょう。
無料で使えるのでサイトを立ち上げたらすぐに導入することをおすすめします。
【初心者でもわかる】Googleアナリティクスの始め方

アクセスされる経路を知る

あなたのサイトに訪れるユーザーは、どこから訪問してくるでしょうか?

もしあなたがSNSでフォロワーが数千人~数万人くらいいるアカウントを持っているのであれば、それらのSNSの発信によってアクセスを増やすことができるかもしれません。

ほとんどの人はそんなに影響力がないと思うので、アクセスのほとんどは検索エンジンからになるはずです。

チラシや口コミなどオフラインからのアクセスも多少はあるかもしれませんが、一般的なサイトのほとんどは検索エンジンからの集客になるので、検索エンジンを意識したページ作りをしましょう。

記事ごとにキーワードを設定する

具体的に検索エンジンからどのように集客すればよいのでしょうか。

Googleなどの検索エンジンでは毎日膨大な数のユーザーが検索をしています。
そして検索したあと、検索結果に表示されたサイトをクリックします。

まずはどんなキーワードで検索された時にあなたのどのページを表示させたいかを具体的に考えましょう。

例えば、「ダイエット」を例に考えてみましょう。
「ダイエット おすすめ」と検索するユーザーが多くいます。
このキーワードでは、おすすめのダイエット方法を知りたいと思っているユーザーが検索していると考えられるので、おすすめのダイエットの種類を網羅するような記事が検索結果にふさわしいページになります。

「ダイエット 食べ物」では、ダイエットをする人はどんな食べ物がいいのかを知りたくて検索していると考えられるので、ダイエットに効果的な食べ物を紹介しているページに誘導するようにコンテンツ(記事)を書きましょう。

このようにそれぞれの検索キーワードに合わせて記事を書くことが、アクセスを増やすコツです。

さらにGoogleが評価する基準もしっかりと理解しておくと、効率よくアクセスを増やすことができるようになります。
詳しくはこちらの記事もご覧ください。
Googleが考える質の高いコンテンツとは?23項目

検索エンジン最適化をする

キーワードに合わせた良質な記事を書いただけでは、アクセスを増やすことはできません。

Googleが推奨する方法でサイトを作り、ユーザーが快適にアクセスできるようなページ作りが必要です。

これらのことを検索エンジン最適化と呼びます。

詳しくはこちらの記事もご覧ください。
成果を上げるための検索エンジン最適化(SEO)

まとめ

サイトを作る目的はアクセスを増やすことではなく、商品の購入であったり問合せを増やすことだと思います。

しかしアクセスがそれなりにないと目的を達成するこが難しいです。

逆にアクセスさせ多く集められるのであればあとはサイト上のユーザーの行動を変えてもらうように工夫するだけで、商品が売れたり問合せを増やすことにつなげることができます。
ホームページに記事をどれくらい載せたら良いのか

ファスティングのコツ