記事内に広告を含む場合があります。

WordPressブログをSNSと連携させる方法【2024年版】

  • WordPressとSNSを連携させたい
  • WordPressの投稿時にXにも自動投稿したい
  • WordPressにXやインスタの投稿を埋め込みたい

WordPressブログはインスタやX(旧:Twitter)などの各種SNSと連携できます。

SNSを活用できると、ブログのアクセス数を増やせたり、より多くの読者にリーチできます。

WordPressとSNSを連携させるにはどんな方法がおすすめですか?
WordPressブログとSNSを連携させ、SNSでシェアされやすい仕組みができます。

この記事を読むとわかること
WordPressとSNSを連携するメリット
WordPressと連携する方法
連携するための便利なプラグイン

この記事では、WordPressブログをSNSと効果的に連携させる方法を紹介します。

WordPressブログとSNSを連携するメリット

WordPressブログとSNSを連携するメリットは以下の3つです。

SNSと連携をするメリット
  • SNSを自動的に更新できる
  • ブログのアクセス数を増やせる
  • シェアされやすくなる

SNSを自動的に更新できる

WordPressとSNSを連携させると、ブログ記事を投稿したら自動的にX(旧Twitter)などのSNSに投稿できます。

WordPressの投稿とSNSの投稿と両方の作業をしなくて済むので、SNSに投稿する手間が省けます。

ブログのアクセス数を増やせる

SNSの投稿からブログ記事に誘導できれば、ブログへのアクセス数を増やせます。

ブログにもブログには書いていないような細かい情報発信をSNSでしている場合、フォロワーを増やすきっかけにもなります。

シェアされやすくなる

質の高いブログ記事をシェアする時に、SNSボタンがあれば簡単にシェアできるようになります。

ブログの読者にSNSでシェアをしてもらうなら、ブログページにSNSのシェアボタンも設置しましょう。

WordPressとSNSを連携させる3つの方法

WordPressとSNSを連携する方法は3つの方法があります。

SNSと連携する3つの方法
  • ブログ投稿をSNSに自動的に投稿する方法
  • SNSの投稿をページに埋め込む方法
  • ブログにSNSのシェアボタンを設置する方法

それぞれの具体的な方法について解説します。

ブログ投稿をSNSに自動的に投稿する方法

WordPressブログに記事を投稿すると同時にSNSにも投稿する方法です。

WordPressのプラグインを使うと、記事を投稿すると同時にあらかじめ設定しておいたfacebookページやツイッターに投稿できます。

一度設定すれば毎回SNSへ自動的に投稿されるので、SNSへの投稿は自動化できます。

現時点では、インスタグラムへの自動投稿はできません。

Xに投稿する方法

WordPressブログ記事を、X(旧:Twitter)に自動的に投稿する方法は、プラグインを使う方法がおすすめです。

Xへ自動投稿するには、Jetpackというプラグインがおすすめです。

Jetpackを使うとFacebookやTwitterへの自動投稿設定ができます。

SNSの投稿をブログに埋め込む方法

WordPressの記事内に、インスタグラムやX(旧Twitter)等のSNSの投稿を埋め込むこともできます。

ページに投稿を埋め込むと、SNSの投稿が更新される度に自動的にWordPressのページ内に反映されるので、動きのあるページに見えます。

Xの投稿を埋め込む方法

X(旧Twitter)の投稿を埋め込む手順を解説します。

STEP.1
投稿のポストを埋め込む機能を開く
埋め込みたいXの投稿の右上にある「もっと見る」を開き、「ポストを埋め込む」をクリックします。

STEP.2
埋め込むコードをコピーする

投稿を埋め込む場合は、右側の「Embedded Post」をクリックします。

以下のようなコードが表示されるので、「Copy Code」をクリックしてコードをコピーします。

STEP.3
ページに貼り付ける
投稿を貼り付けたい箇所に、コピーしたコードをHTMLとして貼り付けます。

文章やハッシュタグの量によってコードの長さに差がありますが、コードを貼り付けると以下のようになります。


この方法でページに埋め込むと、他人の投稿でも自分のページに埋め込めます。

X上での口コミや評判を紹介するときに埋め込むのがおすすめです。

ただし、Xの投稿が削除されるとページからも表示できなくなるので、投稿が削除されていないかをたまに確認するのがおすすめです。

Xのタイムラインを埋め込む方法

Xに投稿した投稿一覧(タイムライン)をWordPressのページに埋め込む手順を紹介します。

STEP.1
URLをコピーする
埋め込みたいタイムラインのアカウントのURLをコピーします。

STEP.2
HTMLコードを生成
Twitter Publish」にアクセスして、コピーしたX(旧Twitter)アカウントのURLを貼り付けます。

入力して下の画面に進み、タイムラインを埋め込む場合、左にある「Embedded Timeline」を選択します。

その後の画面下に表示される生成されたHTMLコードを「Copy Code」からコピーします。

必要に応じて「set customization options」から埋め込みサイズなどを調整できます。


STEP.3
HTMLコードを貼り付ける
コピーしたHTMLのコードを、表示させたい位置にHTMLとして貼り付けます。

実際にHTMLコードを埋め込むと以下のように表示されます。

Xにログインしている状態の場合のみ、タイムラインが表示されます。
Xにログインしないと内容を見れません。

Instagramの投稿を埋め込む方法

Instagramの投稿をWordPressのページに埋め込む手順は以下の通りです。

STEP.1
投稿の埋め込み機能を開く

埋め込みたいInstagramの投稿を開き、画面右上にある「・・・」から「埋め込み」を選択します。
STEP.2
埋め込むコードをコピーする
下記のようなポップアップ画面が開くので、「埋め込みコードをコピー」をクリックしてコードをコピーします。

コピーできると「埋め込みコードがコピーされました」と表示されます。


STEP.3
ページに埋め込む
投稿を貼り付けたい箇所に、コピーしたコードをHTMLとして貼り付けます。

実際に貼り付けるコードは以下のように長いコードです。


この方法でインスタの投稿を埋め込むと、自分の投稿以外の他人の投稿も埋め込めます。

WordPressにSNSのシェアボタンを設置する方法

WordPressのブログ記事をSNSでシャアしてもらいやすくするために、シェアボタンを設置するのがおすすめです。

記事の最後に、「いいね」ボタンや「lineで送る」ボタンを設置すると、その記事をSNSで拡散してもらいやすくなります。

WordPressの場合、プラグインを使うと自動的に全ページにシェアボタンを設定できます。

デザインテーマによってはあらかじめシェア機能が用意されているテーマもあります。

簡単にシェアボタンを設置できるおすすめのプラグインは「AddToAny Share Buttons」です。

XやFacebookなど、主要なSNSのシェアボタンを設置できます。

スクロールに合わせて追尾する機能などや、デザインをカスタマイズもできる高機能なプラグインです。

シェアボタンを設置する位置によって、シェアされる確率は変わります。
一般的には文章の一番下がシェアボタンが押されやすい場所です。

まとめ

連携する前に、WordPressサイトとSNSはそれぞれどのような役割を持たせたいのかを考えましょう。

バラバラに情報発信をしてもただ発信しているだけで、集客に繋がらないことがあります。
まずは対象となるユーザーを想定しましょう。
新規向けなのかリピーター向けなのかなど、ターゲットとなるユーザーに合わせた運用を行いましょう。

SNSを活用するのか戦略が必要なんですね。

無料ブログのデメリットとおすすめしない理由はこちらの記事で解説しています。
無料ブログのデメリット。無料ブログでは稼げない理由 ブログのアクセス数を増やす方法はこちらをご覧ください。
ブログのアクセス数を増やす方法13選・増えない場合の対策 WordPressブログにおすすめのプラグインはこちらの記事で紹介しています。
WordPressブログにおすすめのプラグイン12選【2024年版】