サイトへの流入キーワードを調べる方法

サイトを運営していると、ユーザーはどんなキーワードで検索して訪れてきているのだろうと気になると思います。

検索されたキーワードが判れば、狙ったキーワードで集客できているのかを確認できたり、思いがけないキーワードで訪問されているのであれば記事を書くヒントを得られるかもしれません。

この記事ではそんなキーワードを知る3つの方法をお伝えします。

アナリティクスで見る

Googleアナリティクスのメニューから
「集客」→
「キャンペーン」→
「オーガニック検索キーワード」
という項目を見ると、サイト訪問時に検索されたキーワードが表示されます。
しかし、もっとも一般的な方法だと思われるかもしれませんが、実際には一部のキーワードしか見ることができません。

大部分は「(not provided)」と表示され、キーワードが隠されている状態になっています。

アナリティクスを見るのが面倒くさいという方へ

サーチコンソールで見る

Googleサーチコンソールというツールがあります。
Googleアナリティクスではサイトに訪れたユーザーの行動が把握できますが、サーチコンソールではサイトに訪問する前の情報を得ることができます。

具体的には、どんなキーワードでどれだけ検索され、その時の順位は何位だったのかなど、Googleの検索結果に関する情報が提供されます。

これによって、100%正確なデータではないものの、大まかなキーワードやSEOの達成度合いなどを把握することができます。

【サーチコンソール】検索パフォーマンスの見方

広告で見る

Google広告の中の1つに検索広告という種類の広告があります。

これはGoogle等の検索エンジンで検索した際、キーワードにマッチさせた広告を上部に表示させる機能です。

この広告を出稿すると、広告が表示された全てのキーワードとその回数などのデータが提供されます。

まとめ

自身のサイトへの流入キーワードを把握することで、ユーザーのニーズとマッチしているかや、サイトの改善すべき点を見つけることができます。
毎日のように確認する必要はありませんが、Googleのアップデートによって大きく変化したり、季節によって変化することもあるのでたまに確認しましょう。

サイトの改善に必要なアクセス解析とは