ロリポップでWordPressのSSL化を設定する方法と手順

ロリポップを契約してWordPressサイトを作ったら、必ずSSL化(https)に対応させる必要があります。

SSL化していないとGoogleの評価も上がらず、アクセス数が増えづらくなります。

この記事は以下のような点について解説します
ロリポップのSSLとは?
SSLを設定する手順
SSL化の注意点
ロリポップの評判や詳細、最新の情報はこちらの記事もご覧ください。
初心者向けロリポップは安いけど重い?評判まとめ

SSLとは

SSLとはネット上でのデータを暗号化してやり取りする技術のことで、第三者に情報を覗かれたり盗まれたりしないようにする仕組みのことです。

ブラウザーのアドレスバーの部分がhttp:// と始まっているアドレスの場合、警告が表示されてしまいます。

SSL対応をすると、「http」となっている部分が「https」とsが付く形式になります。

これにはサーバーの設定が必要です。

ロリポップには無料版とPRO版がある

ロリポップの独自SSLには、無料版とPRO版(有料版)の2種類があります。

一般的な個人のブログサイトの場合は、無料版のSSLで十分です。

PRO版の場合は月額2,200円(税込)~利用できます。

ロリポップの独自SSL設定手順

ここでは無料でできる独自SSLの設定方法について解説します。

STEP.1
独自SSLの設定画面を開く
ロリポップのユーザー専用ページ内のメニューにある「セキュリティ」から「独自SSL証明書導入」を開きます。

STEP.2
独自SSLの設定
画面上には無料独自SSLの設定と、独自SSL(PRO)が選択できるようになっています。
以下の画面の通り、対象のドメインにチェックをつけて「独自SSL(無料)を設定する」をクリックします。

STEP.3
設定完了
上記の画面上のステータスで「SSL設定作業中」という表示から「SSL保護有効」という表示に切り替われば作業完了です。
数分程度時間がかかりますが、自動的にSSL化が完了します。

実際にアクセスできるか、ブラウザーのアドレスバーにhttpsをつけて確認してみましょう。

上記の設定でサーバー側でhttpsでもアクセスできるように設定できました。
次に、WordPressのサイトURLをhttpsに変更します。

WordPressで行うSSL設定

サーバー側でSSL対応をした後に、WordPressの設定を変更する必要があります。

サイトのURLを設定する

WordPressの管理画面の「設定」→「一般」からWordPressアドレス(URL)とサイトアドレス(URL)の部分を設定します。

URLがhttpになっているのをhttpsへ変更してください。

リダイレクト設定をする

もし、これまでhttpのまま複数のページがありGoogleに評価されている場合、httpsに代わったことを伝える必要があります。

その他の設定

もし既にGoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールなどのサービスを利用している場合は、サイトのURLが変更になるので設定を変更しておきましょう。

Googleアナリティクスの設定を変更する

Googleアナリティクスの設定もhttpからhttpsへ変更しておきましょう。

アナリティクスの具体的な設定方法についてはこちらの記事をご覧ください。
最初にやるべきGoogleアナリティクスの初期設定

Googleサーチコンソールの設定を変更する

Googleサーチコンソールに登録した手順ど同様に、httpsが付いたURLをサーチコンソールに追加しなおしてください。

プロパティが2つになってしまいますが、今後はhttpsが付いた方を確認するだけでOKです。

Googleサーチコンソールの具体的な設定方法についてはこちらの記事をご覧ください。
【初心者向け】Googleサーチコンソールの使い方

よくある質問

はい。
サブドメインなど複数のURLが未対応であれば、まとめてSSLにすることをおすすめします。
ただし、SSLにすることによって不具合が生じる場合もあるので、事前にリダイレクトの設定をするなど、設定を確認をしておきましょう。
初心者向けロリポップは安いけど重い?評判まとめ