ロリポップでWordPressの始め方【インストールと設定方法】

ロリポップサーバーには、これからWordPressでブログを始めようとする初心者の方向けに、簡単にWordPressをインストールできる機能があります。

しかし、独自ドメインを利用したサイトを作るにはロリポップだけではできません。

この記事は以下のような人におすすめ
ロリポップでWordPressを始めるメリットは?
実際にロリポップでWordPressを始める方法は?
独自ドメインとの紐づけ方法とは?

ロリポップサーバーの詳細については、こちらの記事もご覧ください。
初心者向けロリポップは安いけど重い?評判まとめ

ロリポップの公式サイトで確認

ロリポップでWordPressを始めるメリット

ロリポップでWordPressを始める4つのメリット
  • 月額料金が安い
  • WordPressをすぐに始められる
  • サポート体制が充実
  • 10日間無料で試せる

月額料金が安い

ロリポップは格安でWordPressを始めることができる初心者向けサーバーです。

契約期間が長いほど月額料金は割引されますが、WordPressが使える一番安いプランの12ヵ月契約の場合、1ヵ月あたり330円(税込)で利用できます。

初期費用として1,650円(税込)がかかりますが、それを含めても1年間で5,610円(税込)でWordPressブログを始めることができます。

WordPressをすぐに始められる

料金が安くてもWordPressを始めるために必要な機能は全て揃っています。

初心者でも申込み後にすぐにWordPressをインストールできるようになっています。

サポート体制が充実

これからWordPressを始める初心者の方にとってトラブル時のサポートは重要です。

ロリポップのサポートは、お問合せフォームのほか、チャットと電話でも受け付けています。

チャットと電話は平日の日中のみですが、メールは24時間対応です。

10日間無料で試せる

ロリポップでは全プランに10日間の無料お試し期間があります。

実際にサーバーを使ってみて納得してから料金を支払うことができます。

10日間以内に料金を支払うとそれまでに作成した内容を継続して使えます。

ロリポップでWordPressブログを始める流れ

この記事ではロリポップを使って独自ドメインのWordPressブログを始める手順を解説します。

サーバーとドメインをそれぞれ契約してから、サーバーにWordPressをインストールします。
おおまかな流れは以下の通りです。

サーバーはロリポップ、独自ドメインはムームードメインというロリポップの関連サービスを利用する方法で解説します。

STEP.1
まずロリポップサーバーの申込みをします。
10日間は無料でお試しできます。
STEP.2
ロリポップの関連サービスであるムームードメインで独自ドメインを取得します。
STEP.3
ムームードメインで取得した独自ドメインをロリポップで使えるように紐づけ設定ををします。
STEP.4
独自ドメインと紐づけたロリポップにWordPressをインストールします。
ムームードメインの詳細はこちらの記事もご覧ください。
ムームードメインの評判は?【10年以上使った感想】

ロリポップの申込みをする

ロリポップサーバーの公式サイトから「申込み」をクリックしてプランの選択画面を開きます。

ロリポップの公式サイトで確認

プランの選択


5つのプランの中から選び「10日間無料でお試し」のボタンをクリックします。
一番安いエコノミープランではWordPressは利用できないので、ライトプラン以上のプランを選択してください。

プラン変更はあとからできるので、迷ったら「ライトプラン」から始めるのをおすすめします。

アカウント情報を入力する

最初にロリポップのアカウントを作成します。

ロリポップのドメイン(初期ドメイン):実際には使うことのないドメインですが、まだ取得されていない3文字以上の英数字を入力してください。
「このURLは取得可能です」と表示されればOKです。

パスワード:8文字以上の英数字の組み合わせを入力してください。
初期ドメインとこのパスワードがあればロリポップのユーザー専用ページにログインすることができます。

連絡先メールアドレス:ロリポップに登録するメールアドレスです。
自身で普段利用しているメールアドレスでOKです。

SMS認証

不正を防止するための本人確認として携帯電話番号による認証が必要です。

電話番号を入力し、「認証コードを送信する」をクリックしてください。

入力した電話番号にSMSで届いた数字4桁を入力します。

電話番号:SMSが受信できる電話、もしくは音声通話を受け取れる電話の番号を入力してください。

お申込み内容入力

SMSの認証が完了すると、申込み内容の入力画面になります。

氏名から電話番号まで契約者の情報を全て正確に入力してください。
(サイト上に公開されるものではありません)

自動更新:任意の項目ですが、支払いを自動更新に設定すると契約期間が1ヵ月間無料で延長されるのでお得です。

契約期間:月額料金が安くなる12ヵ月がおすすめです。

ドメインを無料にする方法はあるけれど....
ロリポップで12ヵ月以上の契約と自動更新を選択すると、独自ドメインがずーっと無料になるクーポンコードが送られてきます。
このクーポンコードをムームードメインの申し込み時に使えるのですが、ロリポップで料金の支払いをした7日後にクーポンコードが送られてくるという仕組みになっています。

なかなかズルい仕組みですね

有料オプション:有料オプションは後からでも追加できますが、必要なものがあればチェックをし、内容確認画面へ進みます。

お申込み内容確認


入力内容を確認し、「無料お試し開始」ボタンをクリックしてください。

申込み完了

ロリポップの申込みが完了すること、このような画面が表示されます。

申込みが完了するとこのような画面が表示されますが、ユーザー専用ページにログインは後で行うので、まずは先にムームードメインでドメインの取得をしましょう。

独自ドメインを取得する

独自ドメインとは、〇〇〇.comなどのアドレスのことで、取得するとあなた自身のURLとして使うことができます。

ドメインを取得するサービスはいくつかありますが、ここではロリポップの関連サービスであるムームードメインを使ってドメインを取得する方法を解説します。
ムームードメインの評判は?【10年以上使った感想】

ドメインを検索する

ムームードメインにアクセスして、取得したいドメインが取得できるかを検索します。


空いていて取得可能なドメインを「カートに追加」します。
「取得できません」と表示されているドメインは既に取得されているので、取得することができません。

新規登録する

登録するメールアドレスとパスワードを設定します。

「入力されたパスワードは十分ではない可能性があります。」と赤字で表示される場合がありますが、無視してOKです。

「本人確認へ」をクリックして次の画面に進みます。

本人確認のため電話番号の認証を行います。

ドメイン設定と支払い情報を入力する


ドメイン設定:そのままの設定でOKです。

WHOIS公開情報とは、インターネット上に公開されるドメイン登録者情報のことです。
公開されるドメイン登録者の情報は「氏名、住所、電話番号」などで、サイト運営者が誰なのかを一般公開することが義務付けられています。

個人情報を公開したくない場合は、「弊社の情報を代理公開する」を選択すると、ドメイン登録者の個人情報の代わりに、ムームードメインの情報がWHOIS情報に表示されるようになります。

ネームサーバー(DNS):ロリポップを使う場合、「ムームーDNS」もしくは「ロリポップ」を選択します。
レンタルサーバー無料お試し:デフォルトで「ロリポップの10日間無料お試し」が選択されていますが、ここから進んでしまうと「スタンダードプラン」しか選べないので、「利用しない」を選択してください。
ムームーメール:あとから追加できるので、選択しなくてOKです。
クーポン:ロリポップで12ヵ月
お支払い:お支払い方法を選択します。
そのまますぐに利用を開始できるクレジットカード払いをおすすめします。

お支払い金額を確認し、「次のステップへ」進みます。

確認する

ドメインの取得完了

ロリポップに独自ドメインを設定する

ムームードメインで取得したドメインをロリポップサーバーに紐づけます。

この設定を行うことで、独自ドメインを利用したサイトを作ることができます。

ユーザー専用ページにログインする

ロリポップのユーザー専用ページにアクセスし、ログインします。

ロリポップにWordPressをインストールする

ロリポップの申込みが完了し、ムームードメインでドメインを取得したら、ロリポップのユーザー専用ページにログインします。

WordPress簡単インストールを選択

左側のメニューの「サイト作成ツール」から「WordPress簡単インストール」を開きます。

インストールするURLを選択

WordPressをインストールするURLを指定します。
独自ドメインを設定している場合はドメインを選択します。
利用データベースは新規に作る場合、「新規自動作成」を選択してください。

WordPressの設定を入力

WordPressのインストールに必要な情報を入力します。

サイトのタイトル:ブログの名前を記入します。あとで変更できます。

ユーザー名:半角英数字で入力します。WordPressにログインする際に必要です。

パスワード:8文字以上の英数字や記号などを組み合わせたものです。

メールアドレス:ユーザーに対するメールアドレスです。あとで変更できます。

プライバシー:Googleなどの検索結果に表示させたくない場合はチェックを外します。

インストール先と設定の確認


入力した設定内容を確認し、「承諾する」の☑を入れて「インストール」をクリックします。

もし過去に別なデータをサーバーにアップしていた場合は、このWordPressで上書きされてしまいますよ、という注意書きがありますが、新規の場合は問題ありません。

インストール完了


しばらくするとWordPressのインストールが完了します。

サイトのURLにアクセスすると以下のような画面が開きます。

⇒ロリポップの公式サイトで確認

WordPressをインストールしたらすること

WordPressにログインする

管理者ページURLを開くと、以下のようなWordPressのログイン画面が表示されます。

※WordPressのログイン画面は、URLの末尾に /wp-login.php と付けてアクセスすると開きます。

インストール時に設定したユーザー名(メールアドレス)とパスワードを入力して、ログインできるかを確認しましょう。

SSL対応にする

ロリポップの初期状態のままだとセキュリティ対策ができていないhttpから始まるアドレスになっています。
これをhttpsへと変更するSSL対応が必要です。

SSL対応させる方法についてはこちらの記事をご覧ください。
ロリポップでWordPressのSSL化を設定する方法と手順

WordPressの初期設定をする

WordPressをインストールしたらまず最初に初期設定をしましょう。

正しく設定ができていないと、検索結果に表示されづらかったり、あとから大きな変更をしなければならない場合もあります。

WordPressの初期設定についてはこちらの記事もご覧ください。
最初にやるべきWordPressの初期設定10個

プラグインソフトを入れる

WordPressはそのまま使うこともできますが、プラグインソフトを追加することで更に使いやすく高機能になります。

WordPressには無料で便利なプラグインソフトがたくさんあります。

その中でも特におすすめのプラグインソフトをご紹介します。
【2021年版】WordPressのおすすめプラグインソフト7選

よくある質問

WordPressのインストール時に設定したユーザー名とパスワードがわからなくなってしまったら、ログイン画面の下にある「パスワードをお忘れですか?」の箇所からパスワードを再設定しましょう。
ムームードメインを契約するとセットで、WordPressを簡単に始めることができる「ムームードメイン for WPホスティング」というサービスがあります。

お申し込みのステップのみで、出来上がったWordPressを使うことができるので、面倒な設定は一切不要です。

簡単にできる分、自由度が低く、料金も1年間で6,600円という安くもない設定になっているのでおすすめしません。

ロリポップの公式サイトで確認


初心者向けロリポップは安いけど重い?評判まとめ