mixhostの料金プランを徹底解説

mixhostを契約する場合、契約時にいくら必要なのか、月額当たりいくらの料金が必要なのか気になりますよね。

公式サイトでは月当たりの最低価格が表示されていますが、すべて長期割引が適用された場合の料金で表記されているので、実際にはそれほど安くない場合があります。

この記事ではmixhostを初めて契約する場合に初期に払う料金と、適切な料金プランについて徹底解説します。
オプションプランもあるので利用する場合の料金も解説します。

mixhost公式サイトへ

mixhostの月額料金と初期支払い額

それぞれプランごとに料金が違うので、まずどのプランがベストなのかを確認しましょう。

5つの料金プランから選ぶ

まずmixhostにはハイスペックなプランを含めると全部で5つのプランがあります。
・スタンダード
・プレミアム
・ビジネス
・ビジネスプラス
・エンタープライズ

一般的なサイトは一番安い「スタンダード」で十分です。

プランごとに目安となるページビュー数
スタンダード:100万PV/月
プレミアム:200万PV/月
ビジネス:400万PV/月
ビジネスプラス:800万PV/月
エンタープライズ:1600万PV/月
※mixhost公式ヘルプページより

すぐに月に100万ページビューを超えるようなサイトにはならないと思いますが、もしそうなったら上位のプランに変更をすれば良いのでまずは最安プランからスタートしましょう。

月額料金

スタンダードプランは月額880円~となっていますが、契約の期間に応じて料金が異なります。

契約期間料金(税込)
36ヶ月契約880円/月(約37%off)
24ヶ月契約930円/月(約33%off)
12ヶ月契約980円/月(約29%off)
6ヶ月契約1,180円/月(約15%off)
3ヶ月契約1,380円/月

実際に支払う料金は前払いなので、総額は以下のようになります。

契約期間総額(税込)
36ヶ月間31,680円
24ヶ月間22,320円
12ヶ月間11,760円
6ヶ月間7,080円
3ヶ月間4,140円

初期費用は0円

mixhostは初期費用が通年を通して無料です。

他のサーバーと比較してプラン料金が安いだけでなく、初期費用がかからないのでトータル金額が安く済みます。
ちなみに同価格帯の他社の初期費用は以下の通りです。

サービス名初期費用(税込)
エックスサーバー3,300円
heteml2,200円
さくらのレンタルサーバ1,048円
ロリポップ
(ハイスピードプラン)
1,100円
ConoHa WING0円

無料お試し期間の注意点

2019年12月まではmixhostの無料お試し期間という制度がありましたが、現在はありません。
その代わりとして30日間返金保証が導入されました。

無料お試し期間があった時は料金を支払わずに10日間お試しができましたが、30日間返金保証になってからは一度契約をし、料金の支払いをする必要があります。

使ってみて使いづらいと思ったり、思ったような速度が出ない等と感じたら返金してくれるので、実際には30日間無料でお試しができるようになっています。

mixhostでプラン変更する場合

mixhostでは契約中のプランの変更がとても柔軟に行えます。

管理画面から変更したいプランの期間を選択し、差額を支払うことによって直ちに変更できます。

※旧プランを除き、プランのダウングレードには今のところ対応していません。

実際のプラン変更画面

オプションを契約する場合の料金

mixhostではいくつかの有料オプションのメニューが用意されています。

WordPress移転代行サービス

現在、他社のサーバーでWordPressを運用している場合、そのサイトをそのままmixhostへ移転する作業を代行してくれます。

料金は1サイトにつき9,980円(税別)です。

まとめ

契約プランは柔軟に変更できるので一番安い「スタンダート」から始めましょう。

契約期間は長ければ長いほどお得になるので、割引率がアップする12ヵ月以上を選択すると良いでしょう。

使ってみて万が一、解約したいと思ったら30日以内であれば全額返金されます。




アフィリエイターにもおすすめなmixhostサーバーの評判