mixhostの表示速度が早い理由

少しでも表示速度を高速にしたい方が調べて行きつくのがmixhostです。

ページの表示速度は少しでも早い方が良いので、高速表示が可能なサーバーを選びましょう。

mixhostは特に表示速度の改善に力を入れているサーバーです。

この記事は以下のような人におすすめです
mixhostが早い理由とは?
mixhostはどのくらい早いのか?
他のサーバーとの比較が知りたい
【使ってみた】Mixhost(ミックスホスト)の評判と3つのデメリット

mixhost公式サイトへ

表示速度の重要性

90年代や2000年台では今ほどネットのスピードが早くなかったので、ページの容量を削減して作るページが主流でした。

最近ではネット回線は高速化されたものの、スマホで表示が遅いと感じるサイトが多くあります。

表示速度を高速化すべき理由は主に以下の2つです。

高速化すべき理由
  • ユーザービリティ向上のため
  • Googleの評価を高めるため
詳しくはこちらの記事もご覧ください。
WordPressの表示速度を早くする方法

mixhost公式サイトへ

高速なサーバーを選ぶべき理由

どんな高速なサイトを作ろうとしても、サーバー上にサイトを構築するため、サーバー自体がボトルネックになる場合があります。

mixhostが早い理由

基本性能

mixhostは同じ価格帯のサーバーと比べ、基本的な性能が高めなのが特徴です。

特に表示速度に関わる部分の性能についていくつか紹介します。

・ディスク:SSD
・サーバーメモリ:256GB
・割り当てメモリ:4GB~32GB
・CPU:Xeon 36コア72スレッド
・PHP:バージョン7.4
・データセンター:東京都内

この部分だけを比べても、他のサーバーと比べ高速化にこだわっているのがmixhostの特徴です。

LiteSpeedの採用

国内のサーバーのほとんどはApache(アパッチ)やnginx(エンジンエックス)というWebサーバーが使われていますが、mixhostは日本で初めてLiteSpeed(ライトスピード)というWebサーバーを採用しています。

LiteSpeedは、Apacheと互換性がありながらApacheよりも最大9倍高速な次世代サーバーで、WordPressの高速化を実現します。

ちなみにエックスサーバーとConoHa WINGではApache + nginxが採用されています。

LiteSpeedを採用しているサーバーに限り、「LiteSpeed Cache」という強力に高速化できるプラグインを利用することができます。

このプラグインでキャッシュ機能を使うと1秒間に数千もの圧倒的なアクセスにも対応することができます。

LiteSpeed Cacheの詳細はこちらの記事をご覧ください。
「LiteSpeed Cache」プラグインでページを高速化する方法

HTTP/3の対応

mixhostは日本で初めてHTTP/3に対応したサーバーです。

サーバーとの通信を効率化できることで、表示速度を高速にするものです。

さらにGoogleが開発した次世代プロトコル(QUIC)にも日本で初めて対応しているので、SSLサイトをより高速に表示させることができます。

【使ってみた】Mixhost(ミックスホスト)の評判と3つのデメリット

WordPressを高速化する方法

WordPressの表示速度を早くする方法はいろいろありますが、比較的簡単で初心者にもできる対策は大まかにわけると以下の3つです。

早いサーバーを選ぶ

当然ですが、サイト作りをどんなに工夫してもサーバー自体が遅い場合、サーバーがボトルネックとなります。

少しでも早いサーバーを選んでおくことが重要です。

プラグインで最適化する

キャッシュ系のプラグインや、画像を最適化するプラグインなど、優秀なプラグインがたくさんあります。

コードを書いたりすることなく、プラグインを導入するだけで高速化できるのが特徴です。

早いテーマを選ぶ

実は、WordPressのデザインテーマによってページの表示速度が大きく変わります。

動作が重たいテーマだと、高速化するのが大変なので、できるだけシンプルで高速なテーマを選ぶことをおすすめします。

まとめ

WordPressのテーマやサイトの構成によって表示速度が遅くなるため、mixhostでサイトを作れば必ず表示速度が早くなるとは限りません。

しかし、サーバー自体が遅いとどんな作り方をしても、早くするには限界があるので少しでも高速表示ができるmixhostサーバーがおすすめです。

最新の情報は公式サイトで確認してください。

mixhost公式サイトへ

mixhostの早さに関するクチコミ