【初心者向け】WordPressの表示速度を改善する簡単な方法

WordPressブログのページはできるだけ高速に表示されるように改善しましょう。

ページの表示速度が遅すぎると読者に読んでもらいづらいだけでなく、Googleからの評価も下がるからです。

ページが表示されるまでの時間が遅いと不満を感じませんか?

特にスマホではサクサクと表示されないと見にくいですよね。
実は、ページの表示速度はブログの収益にも影響します。
0.1秒でも速くなるように改善していきましょう。

最近はパソコンよりモバイルからのアクセスが多いので、パソコンではあまり気にならない速度でも、通信速度の影響もありモバイルではパソコンよりも表示に時間がかかってしまいます

この記事を読むとわかること
ページの表示速度の重要性
ページの表示速度を改善すべき理由
表示速度を速くするコツ

現在のページの表示速度を知る

まずは現在のページがどのくらい遅いのかを把握しましょう。

おそらくこの記事を読んでいる方は、ページの表示速度が遅くて悩んでいるのではないでしょうか。

ブラウザーには過去にアクセスしたページのデータが保存されているので、まっさらな状態で速度を体感する必要があります。
Googleクロームの場合は、シークレットモードでページを確認してみてください。

Googleでは「PageSpeed Insights」というスピード測定のツールを提供していますので、URLを入れるだけで簡単に計測できます。
参考 PageSpeed Insightsページの表示速度を計測するツール

表示速度を速くする3つのメリット

ページの表示速度を改善すべき理由は主に以下の3つです。

表示速度を速くする3つのメリット
  • 直帰率が下がる
  • ページの閲覧数を増やせる
  • Googleによる評価を改善できる

直帰率が下がる

1ページだけを見て帰ってしまう行動のことを「直帰」と言います。
表示速度が遅いと直帰される割合(直帰率)が高くなってしまいます。

アクセスしてからページが表示されるまでに時間がかかると、ユーザーは待てずに戻ってしまう方が多いです。

特にスマホでアクセスした読者は、表示速度が遅いと直帰してまいます。

表示速度が速くなるとエンゲージメント率が高くなるとも言えます。

ページの閲覧数(PV数)を増やせる

ページの表示速度が速いとページの閲覧数(ページビュー数)が増えます。
一般的には、ページの表示スピードが速い方が1訪問あたりのページビュー数が多くなります。

サクサクと表示されるサイトの方が、より多くのページを閲覧してもらえそうですもんね。
ページに訪問してくれたユーザーの利便性を高めることができ、結果的にコンバージョンの増加に貢献します。

Googleによる評価を改善できる

Googleでは検索順位を決める要素の1つとして、ページの表示速度を見ています。

極端に遅いページは、検索結果の上位に表示されなくなっています。

詳しくはGoogleのブログをご覧ください。
参考 ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用しますGoogleウェブマスター向け公式ブログ

ページの表示速度が遅い場合のデメリット

実際にページの表示速度が遅いと悪い影響がでます。

表示速度が遅い場合の3つのデメリット
  • 検索結果の順位が下がる
  • ページビュー数の減少
  • コンバージョン率が下がる

検索結果の順位が下がる

ページの表示速度が遅いページは、Googleの検索結果の上位に表示されにくくなります。

特にスマホの検索結果には、表示速度が速いページが優先されます。

確かに検索結果の上の方に出てくるサイトはだいたい速いサイトが多い気がしますね。

ページビュー数の減少

少しでも多くのページを閲覧してもらう方がいいですが、ページの表示速度が遅いと1訪問あたりのページ閲覧数は少なるくなる傾向にあります。

訪問者にはなるべく多くのページを見てもらえるように工夫しましょう。

コンバージョン率が下がる

コンバージョン率とはブログに訪れたユーザーにとってもらいたい行動の達成率のことです。
ページの表示速度が遅いと、コンバージョン率が下がることが証明されてます。

表示速度を速くする4つの方法

表示速度が遅い場合、どのようにページを改善すれば良いのでしょうか。

技術的にはいくつもの改善策がありますが、比較的簡単にできる4つの対策を紹介します。

高速なサーバーに乗り換える
画像の容量を小さくする
高速化できるプラグインを使う
デザインテーマを変更する

高速なサーバーに乗り換える

ページの表示速度を抜本的に速くするには、速いサーバーを選ぶことが重要です。

今使っているサーバーよりも速いサーバーへ乗り換えることによってスピードが劇的に上がる場合があります。

ページ内の画像やテーマを高速化しても、サーバー自体が遅いとボトルネックになるので、根本的に解決するには高速なサーバーに乗り換えることです。

速いサーバーにもいくつかのタイプがありますので、別記事で紹介します。
WordPress用レンタルサーバーの選び方はこちらの記事をご覧ください。
【2022年】初心者向けWordPressブログ用レンタルサーバーの選び方

速いサーバーを選ぶことによって、読者の満足度が高まる以外にも、日ごろの更新作業のスピードもアップします。
WordPressがサクサクと動くと記事を書くのも捗ります。

表示速度が速いmixhostの評判はこちらの記事にまとめています。
【実体験】mixhost(ミックスホスト)の評判と3つのデメリット

画像の容量を小さくする

ページに表示させている画像の容量を小さくすることで表示速度を速くできます。

文字よりも画像の方がデータ容量が大きいため、容量の削減によってページの表示速度を改善できます。

画像の容量を小さくするには主2つのポイントがあります。

  • 画像の表示サイズを小さくする
  • 画像そのものの容量を圧縮する

画像の表示サイズを小さくする

ページに表示させている画像を最適な表示サイズにしましょう。
最適な表示サイズとは、表示させるサイズに合わせた画像を用意することです。

表示させるサイズ以上の画像データは無駄なので、表示させるサイズに合わせてサイズを加工してからアップしましょう。

大きい画像を小さく縮めて表示している場合があります。小さく表示させるのであれば画像サイズ自体を小さくしてから掲載しましょう。

画像そのものの容量を圧縮する

画像自体の容量を圧縮して小さくすることで表示速度がアップします。

見た目の画質を落とすことなく、画像の容量を削減することができます。

ウェブサイトにアップするだけで簡単に画像の容量を削減できるサービスもあります。

使い方は簡単で、容量を圧縮したい画像をドラッグアンドドロップするだけで画像が圧縮され、ダウンロード可能な状態のリンクが表示されます。
画像にもよりますが、30%~80%程度圧縮できる場合もあります。
参考 TinyPNG画像圧縮ツール

該当する画像があるかは「PageSpeed Insights」で確認することができます。

WordPressの専用のプラグインを活用して対応させると簡単です。

高速化できるプラグインを使う

サイトの表示を高速化できる高機能なプラグインソフトもあります。

LiteSpeed CacheでWordPressを高速化する方法はこちらの記事で解説しています。
WordPressを高速にするプラグイン「LiteSpeed Cache」とは

デザインテーマを変更する

WordPressのサイトの場合、デザインテーマによってページの表示速度に差があります。

最近では表示速度の速さを売りにしているデザインテーマもありますので、デザインテーマを選択する際に注意して選びましょう。

WordPressテーマを変更するだけで一気に表示速度が改善することがあります。

WordPressテーマの選び方の詳細はこちらの記事へ
【初心者向け】WordPressテーマの選び方と6つの注意点

有料のおすすめWordPressテーマはこちら
【2022年版】WordPressブログにおすすめの有料テーマ5選

まとめ

ページの表示速度を少しでも早くすることは、読者のためにも収益のためにも重要です。

表示速度が遅くて良いことはないので、0.1秒でも速くページが表示されるように工夫しましょう。

表示速度が速いmixhostの詳細はこちら。
【実体験】mixhost(ミックスホスト)の評判と3つのデメリット mixhostが速い理由はこちらの記事で解説しています。
mixhostが遅い?mixhostの表示速度が速い3つの理由 【ConoHa WING】WordPressブログの始め方を徹底解説 ★★