WordPressの表示速度を早くする方法

ページにアクセスした際に、なかなか表示されずにイライラした経験はありませんか?
表示されるまでに何秒だったら待てますか?

最近はホームページの閲覧はパソコンよりモバイルからのアクセスの方が多くなっているので、パソコンではあまり気にならない速度でも、通信速度の影響もありモバイルではパソコンよりも表示に時間がかかってしまいます

そこで大事なのが、ページの表示速度を速くする工夫です。

ページの表示速度は3秒を超えるとどうなるか

表示速度の必要性

ページの表示速度を高速化すべき理由は主に以下の3つです。

高速化すべき理由
  • 直帰を防ぐ
  • ユーザービリティ向上のため
  • Googleによる評価を高めるため

直帰を防ぐ

サイトの訪問者の多くは、ページが表示されるまでに時間がかかると待てずに戻ってしまいます。

このことを直帰と言いますが、表示速度が遅いと直帰される率(直帰率)が高くなってしまいます。

特に外からスマホでアクセスしているユーザーが遅いと感じると直帰してまいます。

ユーザービリティ向上のため

ページに訪問してくれたユーザーの利便性を高めることができます。

一般的に、ページの表示スピードが速い方が1訪問あたりのページビュー数が多くなります。

さらにページに辿り着いた最初のページが遅いと、直帰されてしまうユーザーが増え、直帰率が悪くなってしまいます。

サクサクと開けるサイトの方がより多くのページを閲覧してもらえるので、結果的にコンバージョンの増加に貢献します。

Googleによる評価を高めるため


Googleでは検索順位を決める要素の1つとして、ページの表示スピードを使っています。

参考 ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用しますGoogleウェブマスター向け公式ブログ

極端に遅いページは、検索結果の上位に表示されないようになっています。

ページの表示速度が遅い場合のデメリット

デメリット
  • 検索順位の低下
  • アクセス数の減少
  • コンバージョン率の低下

現在のページの表示速度を知る

現在あなたのページは何秒で表示されますか?

ブラウザーには過去にアクセスしたページのデータが保存されているので、まっさらな状態で速度を体感する必要があります。
Googleクロームの場合は、シークレットモードでページを確認してみてください。

Googleでは「PageSpeed Insights」というスピード測定のツールを提供していますので、URLを入れるだけで簡単に計測できます。
参考 PageSpeed Insightsページの表示速度を計測するツール

表示速度を速くする方法

表示速度が遅い場合、どのようにページを改善すれば良いのでしょうか。

技術的にはいくつもの改善策がありますが、比較的簡単にできる対策をいくつかご紹介します。

この記事は以下のような人におすすめ
高速なサーバーに乗り換える
画像の容量を小さくする
高速化できるプラグインを使う
デザインテーマを変更する

高速なサーバーに乗り換える

もし今使っているサーバーが遅いサーバーの場合、早いサーバーへ乗り換えることによってスピードが劇的に上がる場合があります。

ページ内の画像やテーマを高速化しても、サーバー自体が遅いとボトルネックになるので、根本的に解決するには高速なサーバーに乗り換えることです。

速いサーバーにもいくつかのタイプがありますので、別記事で紹介します。
【2021年最新版】失敗しないWordPress用レンタルサーバーの選び方

早いサーバーを選ぶことによって、ユーザーの満足度が高まる以外にも、日ごろの更新作業のスピードもアップします。
WordPressがサクサクと動くと記事を書くのも捗ります。
【使ってみた】Mixhost(ミックスホスト)の評判と3つのデメリット

画像の容量を小さくする

ページに使っている画像を最適なサイズにすることも、速度の改善につながります。

画像を載せる際は、画像サイズを表示させるサイズにあった適切なサイズに加工してからアップすることをおすすめします。
表示サイズ以上の画像データは無駄なので削りましょう。
該当する画像があるかは「PageSpeed Insights」で確認することができます。

その上で、画像の容量そのものを圧縮してくれるサービスがあるので利用しましょう。

使い方は簡単で、容量を圧縮したい画像をドラッグアンドドロップするだけで画像が圧縮され、ダウンロード可能な状態のリンクが表示されます。
画像にもよりますが、30%~80%程度圧縮できる場合もあります。
参考 TinyPNG画像圧縮ツール

高速化できるプラグインを使う

デザインテーマを変更する

WordPressのサイトの場合、デザインテーマによってスピードが遅いテーマもあります。

最近では表示スピードが速いことを売りにしているテーマもありますので、デザインテーマを選択する際にも注意して選びましょう。

テーマを変更するだけで一気にスピードアップする場合もあります。
【初心者向け】WordPressテーマの選び方と6つの注意点

まとめ
表示速度が遅いと悪い事ばかりなので、0.1秒でも早く表示ができるように取り組みましょう。
mixhostの表示速度が早い理由 【使ってみた】Mixhost(ミックスホスト)の評判と3つのデメリット 【全画像付き】ConoHa WINGでWordPressブログを始める方法