WordPressのパーマリンクの決め方と設定方法【Google推奨設定】

WordPressブログを始めた時に記事のURLになるパーマリンクをなんとなく設定していませんか?

実は、パーマリンクはGoogleに正しく評価してもらうためにも重要な設定です。
パーマリンクをあとから変更するとブログのアクセス数が減ってしまうので、必ず最初に設定しましょう。

最適なパーマリンク設定は、Googleが推奨する方法がおすすめです。

おすすめのパーマリンク設定は「投稿名」です。

パーマリンクの正しい設定を教えてください。
この記事では検索エンジンに最適なパーマリンクの決め方と設定方法を解説しています。

この記事を読むとわかること
パーマリンクとは
Googleが推奨する最適なパーマリンク設定
パーマリンク変更時の注意点

パーマリンクとは

パーマリンクとは、各ページごとに設定できるページのURLのことです。

WordPressのパーマリンクは、各投稿や固定ページごとに自動で末尾に付けられます。

この記事の場合、ドメインの直後にある/parmalink/ となっている部分がパーマリンクです。

投稿記事ごとに好きな文字を設定できます。

パーマリンクは後から変更できます。

初期設定のままはNG

WordPressをインストールした初期の状態では、パーマリンクは基本タイプが選択されています。

この基本タイプの場合、記事のパーマリンクは「/?p=123」などと数字の羅列が自動で割り振られます。

ページの表示には問題ありませんが、このタイプはGoogleが推奨するパーマリンクではありません。

初期の設定のまま使っていたのはNGなんですか?!
実は初期設定のままではGoogleが推奨しているパーマリンクの形式ではないんです。

おすすめのパーマリンク設定

おすすめのパーマリンク設定は「投稿名」です。

標準では「基本」が選択されている場合がありますが、おすすめではありません。

「投稿名」を選択すると、「カスタム構造」の欄のボックスに自動的に「/%postname%/」と入力されます。

投稿名に設定しておけば、とりあえず記事のタイトルがそのままパーマリンクに設定されます。

記事を投稿する画面上で、個別にパーマリンクを修正できます。

パーマリンクは最初に設定すべき理由

WordPressブログにとってパーマリンクはとても重要なので、ブログを立ち上げたら最初に設定をしましょう。

最初に設定すべき理由は以下の3つです。

  • 他のページからのリンクが無効になる
  • Googleからの評価がリセットされる
  • SNSのカウントもリセットされる

他のページからのリンクが無効になる

WordPressのメニューの設定からパーマリンクの設定を変更すると、一括で全ての記事のURLが変わってしまいます。

特に他のページリンクを張られていた記事は、リンクの価値を受け取れなくなります。
検索エンジン最適化に不利になります。

サイト内からのリンクもリンクが切れてしまうので、リンク先の修正が必要です。

パーマリンク設定はよく確認してから変更してください。

Googleからの評価がリセットされる

問題はGoogleが認識しているURLが変わってしまう、ということです。

ページのURLに含まれているので突然パーマリンクを変更してしまうと、それまでと違うURLと認識してしまい、それによって検索結果の順位が一気に下がってしまう可能性があります。

SNSのカウントもリセットされる

フェイスブックやTwitterでページがシェアされていた場合も、URLが変更になることによって、それまでシェアされていたものがリセットされてしまいます。

せっかくシェアされていた投稿もリンク切れになってしまうんですね。

パーマリンクはできるだけ変更しないようにしましょう。

パーマリンクの決め方【Google推奨】

WordPressではいくつかの形式を選ぶことができますが、どんなパーマリンクにするのが良いのでしょうか。

この記事ではGoogleが推奨するパーマリンクの決め方を解説します。

Google推奨のパーマリンクの決め方
  • できる限りシンプルにする
  • 理解できるものにする
  • 単語と単語の間にはハイフンを入れる

できる限りシンプルにする

GoogleはページURLの構造をできる限りシンプルにすることを推奨しています。

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。
引用:Google検索セントラル

パーマリンクも短い文字列になるように調整しましょう。

URLが長いとわかりづらいですもんね。

理解できるものにする

URLは意味のある単語を利用してURLを構成することを推奨しています。

ページの内容が英数字で現わされていれば、どんなページなのかをGoogleが理解する手がかりになります。

そのためには単語と単語の間を区切ることをおすすめしています。

必要に応じてカテゴリ名も調整してわかりやすいに構成にしましょう。

単語と単語の間にはハイフンを入れる

英単語を続けて並べる場合は、Googleも意味を理解しづらいので単語と単語の間には半角のハイフン(-)を入れるのを推奨しています。

URLでは区切り記号を使うと効果的です。
http://www.example.com/green-dress.html というURLの方が、
http://www.example.com/greendress.html というURLよりずっとわかりやすくなります。
URLにはアンダースコア _ ではなくハイフン – を使用することをおすすめします。
引用:Google検索セントラル

単語と単語の間はアンダーバー(_)ではなく、ハイフン(-)の方が良いんですね。
実は、WordPressのパーマリンクはスペースを入れて設定すると自動的にハイフンが挿入されるようになっています。

パーマリンクの設定方法

パーマリンクの設定を変更するには、WordPressの管理画面のメニューから「設定」→「パーマリンク」を開きます。
どのタイプのパーマリンクにするか選べます。

パーマリンクのタイプは
・基本
・日付と投稿名
・月と投稿名
・数字ベース
・投稿名
・カスタム構造
の中から選択できます。

パーマリンクの種類と特徴

基本
自動的に割り当てられた数字がそのままパーマリンクに設定されるタイプです。
URLを見てもどんな内容のページなのか理解できないので、推奨されていません。

日付と投稿名
パーマリンクの欄に記事を「公開した日」と「投稿名」が入るタイプです。
このタイプのデメリットは、あとで公開日を変更するとパーマリンクも変わってしまうことです。

月と投稿名
記事を「公開した月」と「投稿名」が入るタイプです。
こちらも公開した月を変更するとパーマリンクも変わってしまうのがデメリットです。

数字ベース
記事を公開すると「archives/」の後に数字が自動で設定されるタイプです。
数字の部分はWordPressで自動的に割り当てられるIDが入力されます。

カスタム構造
パーマリンクとして設定したい項目を設定できます。
例えば、「年」の後に「カテゴリー名」と「投稿名」を設定することもできます。
自由に設定できるタイプですが、細かく設定する必要は特にありません。

パーマリンクを変更する場合の対策

パーマリンクの変更する場合はリダイレクトの設定をしましょう。

リダイレクトの設定をすると、変更前のURLから変更後のURLに自動で転送できます。
URLの転送設定をすることで、GoogleにもURLを変更したことを伝えることができます。

リダイレクトは手動で設定することもできますが、プラグインを使って自動で設定するのがおすすめです。

おすすめのリダイレクト用プラグインは「Redirection」というプラグインです。

このプラグインを活用することによって、いわゆる「リンク切れ」を防ぐことができます。

日本語のパーマリンクのメリット・デメリット

パーマリンクを日本語の文字にしても、Googleにとっては問題ではありません。

しかし、メリットが少ないため日本語ではなく英数字に置き換えましょう。

日本語を設定するメリット

GoogleはURLに日本語を使っても何のページなのかを理解することができます。

そして設定した日本語URLは検索結果にも表示されます。

GoogleでamazonのPCを検索した時の検索結果です。

このように、パーマリンクを日本語で設定した場合、検索結果も日本語で表示されます。

日本語を設定するデメリット

日本語のURLはブラウザー以外の場所に張り付けると、英数字に置き換えられてしまうことがデメリットです。

Punycodeと呼ばれる変換コードで、例えば
「ホームページ顧問.jp」
という文字は
「xn--yck7ccu3lc8026d6fwg.jp」
へと自動的に変換されます。

Googleは理解できて検索結果にもきちんと日本語で表示してくれますが、人間には理解できない文字の羅列になってしまいます。

メールなどでURLを送る場合は、英数字に変換されてしまいます。

まとめ

パーマリンクを変更する場合のまとめ
パーマリンクはなるべく変更しない
変更する場合は、シンプルで意味がわかるように
パーマリンクは英単語を使うのがおすすめ
変更する場合はプラグインで対策できる

このようにパーマリンクの仕組みと設定方法がわかれば、検索エンジン最適化にも役立ちます。

一度設定したWordPressのパーマリンク設定はなるべく変更をしないことをおすすめします。

WordPressの初期設定の詳細はこちらの記事で解説しています。
初心者でも簡単にできるWordPressブログの初期設定おすすめ10選 WordPressブログを始める方法はこちらの記事にまとめています。
【WordPressの始め方】超初心者向けWordPressブログの作り方を完全解説