Googleが推奨するSEOに最適なパーマリンクの決め方とは

WordPressブログを作り始める前に、必ずやっておくべき初期設定の1つに、パーマリンクの設定があります。

実は、パーマリンクを正しく設定しておかないとサイトの評価に影響します。

この記事ではSEOに最適なパーマリンクの決め方について、初心者の方でもわかるように解説していきます。

パーマリンクとは

WordPressのパーマリンクとは、各投稿や固定ページごとに自動で付けられるURLの末尾の部分のことです。

この記事の場合、ドメインの直後にある赤線で囲った部分のことです。

初期設定のままはNG

WordPressをインストールし、初期の設定では、パーマリンクは「基本」タイプが選択されています。

この設定のままだと記事のパーマリンクは「/?p=123」などと数字が自動で割り振られてしまいます。

SEOに最適なパーマリンクとは

WordPressではいくつかの形式を選ぶことができるので、どんなパーマリンクにするのが良いのでしょうか。
実はGoogleがどんなパーマリンクするのが良いのかについて説明しています。

できるだけ短くする

GoogleはURLをできる限りシンプルにすることを推奨しています。

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。
引用:Google検索セントラル

そのため、パーマリンクも極力短い文字列にすることが望ましいです。

論理的かつ人間が理解できる方法にする

短いだけの意味のない英数字ではなく、意味のある単語を利用してURLを構成することを推奨しています。

複数語はハイフンを入れる

英単語が続けて並ぶと読みづらく、意味を理解しづらいので単語と単語の間には半角のハイフン(-)を入れるようにしましょう。

URLでは区切り記号を使うと効果的です。
http://www.example.com/green-dress.html というURLの方が、
http://www.example.com/greendress.html というURLよりずっとわかりやすくなります。
URLにはアンダースコア _ ではなくハイフン – を使用することをおすすめします。
引用:Google検索セントラル

WordPressのパーマリンクはスペースを入れて設定すると自動的にハイフンが挿入されるようになっています。

日本語は使わない

パーマリンクが日本語であることは、Googleにとって問題ではないのですが、メリットが少ないです。

最大の問題は日本語のURLを英数字に置き換えると解読できない英数字に置き換えられてしまうことです。

詳しくはGoogleのヘルプページを確認してみてください。
参考 シンプルな URL 構造を維持するSearch Consoleヘルプページ

パーマリンクの設定方法

パーマリンクの設定を変更するには、WordPressの管理画面のメニューから「設定」→「パーマリンク設定」を開きます。
そこでパーマリンクをどのように記述するかを選べる画面が表示されます。

パーマリンクを変更する場合の注意点と対策

パーマリンクを変更する場合には、どのような影響があるのかを確認してから変更しましょう。

注意点

パーマリンクの表示設定を変更したり、記事ごとにパーマリンクを変更する場合には注意点があります。

それは、Googleが認識しているURLも変わってしまう、ということです。

ページのURLに含まれているので突然パーマリンクを変更してしまうと、それまでと違うURLと認識してしまい、それによって検索順位が一気に下がってしまう可能性があります。

対策

パーマリンクの変更する場合の対策として、変更前のURLから変更後のURLにリダイレクトという設定があります。
URLの転送設定をすることで、GoogleにもURLを変更したことを伝えることができます。

手動で設定することもできますが、自動でそのような設定をしてくれる便利なプラグインがあるのでおすすめします。

いくつかありますが、ここでは「Redirection」というプラグインソフトを紹介します。

まとめ

このようにパーマリンクの仕組みと設定方法がわかれば、検索エンジン最適化にも役立ちます。

WordPressのパーマリンクは後から変更することも可能ですが、初期設定で決めてあまり変更をしないことをおすすめします。

最初にやるべきWordPressの初期設定10個 【超簡単】10分でできるWordPressの始め方を徹底解説