個人におすすめな格安レンタルサーバー3選

ワードプレスでサイトを作ろうとしたときにまず必要になるレンタルサーバーですが、検索してみてもたくさんの種類があり、なかなか選ぶのが難しいと思います。
本当に必要な機能があり、安くて使いやすいサーバーはどんなサーバーでしょうか。

この記事では個人でワードプレスのサイトを立ち上げる場合に、最適なレンタルサーバーについて比べてみました。

これまで数十個のサーバーを実際に使ってみた経験から、個人向けに最適なワードプレス用サーバーを紹介します。

レンタルサーバーの種類

個人向けサーバーといっても、価格によって大きな差があります。

例えば月額100円~というサーバーでは、機能に制限があったりワードプレスに対応できないものもあるので、この記事ではそういった激安なサーバーを除いて、にワードプレスを使える範囲で格安なサーバーをご紹介していきます。

レンタルサーバーを選ぶポイント

個人のブログや副業でサイトを立ち上げようとする方にとって、どのようなポイントでサーバーを選べばよいのでしょうか。
ポイントごとに解説します。

価格

まず気になるのが価格ですね。
安ければ安いほど良いと思って選んでしまうと、後になって不便な点がわかったりして後悔する方もいます。
なぜなら安いサーバーは安いなりの理由があるからです。

一般的にプランが安ければ安いほど機能が少なかったり、スピードが遅かったりの違いがあります。

機能

サーバーによって機能がことなりますが、そもそも初心者の方は知識が少ないため、そこまで細かい機能の確認は難しいかもしれませんので、まずはワードプレスをインストールすることができる、という条件で絞ってみると良いと思います。

サポート

格安サーバーでは一般的なサポートと異なり、手厚いサポートは受けることができません。
何かあればメールのフォームで問い合わせをしたり、サポート掲示板で自己解決する必要があります。

個人向けにおすすめなレンタルサーバー

サーバーのプランによっては、価格が一番安いプランではワードプレスが使えない場合もあるので、ワードプレスが使えるプランで且つ12か月間契約した場合の費用で比較しました。

36か月契約の場合は更に安くなるという場合も、12か月契約の場合で比較しています。

第1位 ロリポップレンタルサーバー



初期費用:1,500円
月額費用:250円
容量:50GB(HDD)
備考
WordPress簡単インストール機能・無料SSL


低価格で高機能なサーバーとして人気があり、これまで170万ユーザーに利用されたとされる格安サーバーです。

費用をできるだけ安く抑えたいという方には、一番のおすすめサーバーです。
運営会社は株式会社paperboy&co.というGMOインターネットグループの会社です。

ロリポップ公式サイトへ

テキスト

第2位 さくらのレンタルサーバ



初期費用:1,048円
月額費用:524円
容量:100GB(HDD)
備考
WordPress簡単インストール機能・無料SSL

レンタルサーバーを初めて借りる個人の向けにわかりやすくなっているレンタルサーバーです。
プランは全部で6種類あり、途中でプランをアップすることができるので始めはスタンダードプランでOKです。

さくら公式サイトへ

第3位 カラフルボックス



初期費用:無料(3ヶ月以上の契約)
月額費用:580円
容量:100GB(SSD)
備考
自動バックアップ機能・WordPress簡単インストール機能・無料SSL

カラフルボックスはバックアップ機能とサポート体制が特徴的です。

クレジットカードなどの登録なしに30日間無料でお試しができます。

カラフルボックス公式サイトへ


失敗しない、中小企業向けレンタルサーバーの選び方