【月額500円以下】個人向け格安レンタルサーバー3選

これからWordPressブログを始める方で、少しでも安く始めたいという方向けに格安レンタルサーバーを紹介します。

最近では、安くても十分な機能があり使いやすいレンタルサーバーが増えてきています。

この記事は以下のような人におすすめ
WordPressをできるだけ安く始めたい
できれば月額500円以下でWordPressを始めたい
格安サーバーのメリット・デメリットは?
おすすめの格安サーバーとは?

この記事では個人でWordPressブログを作る場合に最適なレンタルサーバーについて比べてみました。

これまで数十個のサーバーを実際に使ってみた経験から、WordPressをこれから始めるに初心者に最適な格安レンタルサーバーを紹介します。

格安レンタルサーバーとは?

最近ではWordPressブログを手軽に始める方向けに、格安なレンタルサーバーがたくさんあります。

これから副業で稼ぐブログや、しっかりとアフィリエイトに取り組む場合は、月額1,000円前後のサーバーをおすすめします。

しかし、そこまでの費用はかけられない場合は、格安サーバーを利用するという選択肢もあります。

安ければ良いというものではないので、安さだけで選ぶのは危険です。

格安サーバーのメリット
  • とにかく安い
格安サーバーのメリットは、安いということのみです。

サーバーによっては契約期間が長ければ長いほど、月額料金が安くなりますが、あまり長いとその頃の状況が見通せないので12ヵ月契約くらいをおすすめします。

格安サーバーのデメリット
  • 機能が限られている
  • スピードが遅い
最低限のスペックがないとせっかくブログを作っても、表示速度が遅かったり、Googleに評価されなかったりもします。

月額500円以下のおすすめサーバー

この記事ではWordPressが使えるプランで一番安いプランを比較しました。

レンタルサーバーのプランによっては、価格が一番安いプランではWordPressが使えない場合もあります。

第1位 ロリポップ

第1位 ロリポップ
【ライトプランの場合】
初期費用:1,500円
月額費用:250円~
容量:100GB(HDD)


ロリポップの評価
価格
(4.0)
使いやすさ
(4.5)
スピード
(4.5)
機能
(4.5)
サポート
(4.0)
総合評価
(4.5)

ロリポップ公式サイトで確認


備考:利用実績200万サイト以上
WordPress簡単インストール機能・無料SSL

低価格で高機能なサーバーとして人気があり、これまで200万以上のサイトで利用されている有名な格安サーバーです。

費用をできるだけ安く抑えたいという方には、一番のおすすめサーバーです。
運営会社は株式会社paperboy&co.という東証一部上場のGMOインターネットのグループ会社です。

ロリポップ公式サイトへ


初心者向けロリポップは安いけど重い?評判まとめ

第2位 カラフルボックス

第2位 カラフルボックス
初期費用:無料(3ヶ月以上の契約)
月額費用:480円~
容量:100GB(SSD)



カラフルボックスの評価
価格
(3.0)
使いやすさ
(4.0)
スピード
(4.5)
機能
(4.5)
サポート
(3.5)
総合評価
(4.0)
備考
自動バックアップ機能・WordPress簡単インストール機能・無料SSL

カラフルボックス公式サイトへ


カラフルボックスはバックアップ機能とサポート体制が特徴的です。

クレジットカードなどの登録なしに30日間無料でお試しができます。
カラフルボックス(ColorfulBox)の9つのメリットと評判

第3位 さくらのレンタルサーバ

第3位 さくらのレンタルサーバ
初期費用:1,048円
月額費用:524円~
容量:100GB(HDD)

さくらのレンタルサーバの評価
価格
(3.0)
使いやすさ
(3.5)
スピード
(4.0)
機能
(4.0)
サポート
(4.0)
総合評価
(3.5)
備考
WordPress簡単インストール機能・無料SSL

さくら公式サイトへ


2週間お試し無料なので、レンタルサーバーを初めて借りる個人の向けにやさしいです。

プランは全部で6種類あり、途中でプランをアップすることができるので始めはスタンダードプランで十分です。

さくら公式サイトへ

格安サーバーの選び方

個人のブログや副業でサイトを作る場合、以下の3つのポイントで選びましょう。

サーバー選びの3つのポイント
  • 料金
  • 機能・スペック
  • サポート

料金

サーバーをレンタルする場合は、月額料金がかかります。

一般的には月々支払う月額料金の他に初期費用やオプション料金がかかる場合があります。

安いサーバーは安いなりの理由があります。

安ければ安いほど良いと思って選んでしまうと、後になって不便な点がわかったりして後悔する方もいます。

一般的にプランが安ければ安いほど機能が少なかったり、スピードが遅かったりの違いがあります。

機能・スペック

WordPressブログを作る場合に、サーバーによっては上限があったり機能が限られているものがあります。

一般的に、月額料金に比例して機能やスペックが高くなります。

初心者の方にとって細かい機能の確認は難しいかもしれませんので、まずはWordPressを簡単にインストールすることができる、という条件で絞ってみると良いと思います。

サポート

初心者の方にとって、サポート体制がしっかりしているかもサーバー選びの大切なポイントです。

通常のサーバーでは電話で問い合わせができる場合もありますが、格安サーバーでは価格が安い分、サポート体制が弱いのも特徴です。

何かあればメールのフォームで問い合わせをしたり、サポート掲示板で自己解決する必要があります。

特に初心者がブログを作る場合は、わからないことをすぐに解決できる方が安心ですね。

格安サーバーのよくある質問

副業ブログやアフィリエイトサイトで利用する場合は、月額1,000円程度のサーバーをおすすめします。
格安サーバーとは費用に差があるので当然、機能やサービスの品質が高いです。
【2021年最新版】失敗しないWordPress用レンタルサーバーの選び方 【2021年9月版】初心者向けレンタルサーバーTOP5【2021年9月版】初心者向けレンタルサーバーTOP5
レンタルサーバーは契約期間が長ければ長い程、割引されるので長期契約の方が一ヵ月あたりの価格は下がりますが、これからどのように運用していけるかわからない最初のうちは12ヵ月契約程度をおすすめします。

まとめ

どのサーバーも無料でお試しができる期間を設けているので、まずは気軽に試してみましょう。

プランは長期契約の方がお得になっていますが、12か月程度を目安に契約するのが良いでしょう。

カラフルボックス(ColorfulBox)の9つのメリットと評判 中小企業向けレンタルサーバーの選び方 【実体験】Mixhost(ミックスホスト)の評判と3つのデメリット 【2021年最新版】失敗しないWordPress用レンタルサーバーの選び方