WordPressに必要なおすすめプラグインソフト7選

WordPressはインストールできたけど、どのプラグインを入れたら良いのかわからないという方が多いようです。

プラグインソフトがなくても記事を書けますが、より充実したブログを目指すのならプラグインソフトを活用することで、一段と良いサイトに近づけることができます。

この記事は以下の点についてまとめています
どのプラグインソフトがおすすめか知りたい
プラグインのメリット・デメリットとは?
集客力やユーザービリティを向上させるプラグインとは?

WordPress歴15年以上の私がこれまで使ってきたものの中で特に役立つおすすめなプラグインソフトを紹介します。

WordPressのプラグインソフトとは?

WordPressのプラグインソフトとは、WordPress本体に後からインストールことができるソフトのことです。

様々なプラグインソフトがあり、インストールすることで記事を書くのが楽になったり、使い勝手や機能を向上させることができたり、検索エンジン最適化もできます。

おすすめプラグインソフト7選

Classic Editor

Classic Editorは1番人気のあるプラグインソフトです。

このプラグインは、旧バージョンのWordPressの投稿画面に戻すためのプラグインです。
現在のWordPressの投稿画面が使いづらいと感じる方が多いため、旧バージョンしたい多くのユーザーに支持されています。

「設定」の「投稿設定」の画面では、ユーザーが使うデフォルトのエディターを「Classic editor」に指定することや、エディターの切り替えを許可するかどうかも設定できます。
自分以外のユーザーと共同で利用する場合は設定を確認しましょう。

Contact Form 7


Contact Form 7は世界で最も人気のあるフォーム作成用のプラグインソフトです。

一般的なお問合せフォームから、少し凝ったフォームまでカスタマイズして使うことができます。
ちなみにこのプラグインの開発者は日本人の方です。

AddQuicktag


AddQuicktagは、よく使うタグを予め登録をしておくことで、投稿画面の上部にショートカットを作成できるプラグインソフトです。

このように自分がよく使うタグを投稿画面に表示させることができます。
記事を書いたり編集するスピードがアップする便利なプラグインです。

SiteGuard WP Plugin

SiteGuard WP Pluginは、WordPressのセキュリティ対策用のプラグインソフトです。

このプラグインだけで一般的に必要な対策は全て賄うことができます。

例えば、WordPressのログイン画面のURLを変更したり、ログイン時に画像認証を求めることもできます。
初心者でもできるWordPressのセキュリティ対策10選

Yoast SEO

Yoast SEOは、検索エンジン最適化(SEO)のためのプラグインです。

SEOに関するプラグインは他にもたくさんあるので、どのプラグインでも大きな差はありませんが、Yoast SEOは使い勝手の良さで多くのユーザーに支持されています。

一部有料の機能もありますが、無料の範囲でも十分使うことができます。

EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizerは画像を最適化するためのプラグインです。

ページ上で表示させる画像は、そのまま張り付けただけでは画像サイズが大きすぎたり、ページの表示速度が遅くなる原因になるので最適化しましょう。

このプラグインを使うと一括で画像を最適化できるので手間が省けます。

Easy Table of Contents

Easy Table of Contentsは自動で目次を作成してくれるプラグインソフトです。

h2タグやh3タグを自動で拾い出して冒頭部分に目次としてリンクを作成してくれるプラグインです。
手動で作成するよりも手間が削減できるので、おすすめのプラグインです。

プラグインを入れる際の注意点

プラグインはたくさん入れれば良いというものではなく、デメリットもあります。

必要なプラグインだけを入れる

不要なプラグインはなるべくインストールしないようにしましょう。

プラグインが多いことによるデメリット
  • プラグイン同士で干渉することがる
  • ページの表示速度が遅くなる
プラグイン同士での干渉とは、プラグインソフト単体では問題がなくても、組み合わせによって不具合が生じることです。

ページの表示が崩れてしまったり、症状が出た場合は、1つずつプラグインソフトをオフにして確認しょう。

特に、有効インストール数が少ないプラグインや、最終更新から1年以上経っているプラグインは注意が必要です。

現在のWordPressと互換性があると確認できているものの方が安心なので、「使用中のWPバージョンと互換性あり」と表示されているかも確認しましょう。

インストールする時・有効化する時

プラグインをインストールする際にエラーが起きる場合もありますが、特に有効化した際に不具合ができることがあります。

万が一に備えて、バックアップをしてから「有効化」するか、不具合が起きた場合はすぐに削除しましょう。
症状によってはWordPress管理画面が開けなかったり、管理画面上から削除することができない場合があるので、その場合はサーバーに直接アクセスして削除する必要があります。

アップデートをする

プラグインソフトは更新のアップデート通知がきたら、アップデートしましょう。

ただし、アップデートしたタイミングで不具合が発生する場合もあるので、必ずバックアップを取ってから更新することをおすすめします。

まとめ

プラグインは追加すればするほどサイトが重たくなるので、本当に必要なものだけに絞りましょう。

インストールするとアップデートも必要なので、管理を怠らないようにしましょう。
最初にやるべきWordPressの初期設定10個