QRコードにパラメーターを付けてアナリティクスで効果測定をする方法

Googleアナリティクスなら、QRコードを読み取ってサイトに訪れたユーザーの行動を測定することができます。

QRコード経由でどのくらいユーザーがアクセスしているのか気になります。

QRコードを作る時にひと手間を加えるだけで、チラシやポスターなどに貼り付けたQRコードからのアクセスしてきたユーザーを計測できるようになります。

この記事を読むとわかること
QRコードから訪問したユーザーを把握する方法
測定するためのQRコードを作る方法
媒体ごとQRコードで効果を測定するコツ

この記事では効果を測定できるQRコードの作り方とその計測方法を解説します。

QRコードの効果を測定できる仕組み

Googleアナリティクスを使うと、パンフレットやチラシなどの特定のQRコードからページにアクセスしたユーザー(セッション)を把握できます。

例えば、チラシなどの複数の媒体がある場合、それぞれに個別のQRコードを貼り付けることによって、どの媒体からのユーザーが最も利益を生み出しているのかを知ることもできます。

チラシの効果を把握するヒントにもなりますね。

QRコードで成果を測定する手順は以下の3つのステップです。

  1. パラメーターをつけたURLを作る
  2. 作ったURLをQRコードに変換する
  3. Googleアナリティクスでアクセスを確認

パラメーターとは

パラメーター(parameters)とはURLの末尾に追加する文字列(変数)のことです。

通常のURL:
www.AAA.com/
 ↓↓↓
パラメーターを付けたURL:
www.AAA.com?utm_source=A&utm_medium=B&utm_campaign=C
パラメーターを付けてアクセスしても、同じページにアクセスできます。

URLの末尾にパラメーターを付けた状態でサイトにアクセスすると、Googleアナリティクスでそのユーザーを判別することができます。

情報収集やデータ分析のために使うパラメーターをパッシブパラメーターと呼び、開くページの動作には変化がありません。

表示されるページは変化しないので気付かれませんが、アドレスバーにはパラメーターが表示されるので、効果測定をしていることはバレてしまいます。

パラメーターの付ける方法

パラメーターの付け方にはルールがあります。
正しくパラメーターをつけないと計測できません。

URLにつけるパラメーターは自由に作成できますが、Googleが提供している「Campaign URL Builder」というサービスを使うと、初心者でも簡単に作成できます。
参考 Campaign URL BuilderGoogle Analytics Demo&Tool

入力項目について解説します。
赤枠で囲った部分がアスタリスク(*)の付いてい必須項目です。

website URL【URL】
QRコードから誘導する先のURLです。https~入力します。
campaign source【参照元】
参照元として識別できる文字列を書きます。
QRコードはQRと記すのが分析しやすいと思います。
campaign medium【メディア】
メディア・媒体の種類を示すように入力できます。
ダイレクトメールならDMや、パンフレットならpamphletなど区別できるように媒体に合わせて入力します。
campaign name【キャンペーン名】
上記のメディアの中でも更に細かく区別する時に使うキャンペーンの名前です。
日付を示す20210906など任意の文字列でOKです。
全ての項目を入力すると同時に「generated URL」という欄にパラメーターが付与されたURLが表示されます。

このURLを使ってQRコードを作ります。

QRコードの作り方

QRコードを作るには、無料のオンラインサービスがおすすめです。

フォームにURLを入力をするだけで簡単にQRコードを生成し、画像として保存することができます。
参考 QRコード作成サイト/無料版

Googleアナリティクスで確認する方法

QRコードからアクセスされたユーザーの情報はGoogleアナリティクスで確認します。

注意
ここでの解説は従来のGoogleアナリティクス(ユニバーサルアナリティクス)です。
最新のGoogleアナリティクス4については、こちらの記事を確認してください。
Google Analytics4(GA4)の特徴と今までのアナリティクス(UA)との違い
Googleアナリティクスでは、「集客」→「キャンペーン」→「すべてのキャンペーン」を表示させ、「参照元/メディア」を開くとパラメーターに記述した参照元とメディアが表示されます。

図のようにどのQRコード経由のアクセスを把握できます。

さらにこのユーザーがその後にどんな行動をとったのかもアナリティクスで分析できます。

QRコードから訪問したユーザーがコンバージョンしたかもわかるんですね。

まとめ

まとめ
パラメーターをつけたURLを使ってアクセスさせ識別する

QRコードなら媒体ごとの成果を測れる

今回はQRコードの効果を測定するための方法を紹介しましたが、実はパラメーターを付けたURLはQRコード以外の通常のリンクにも活用できます。

パラメーターを付けたURLはメルマガの効果測定やリンクの測定にも活用できます。

GA4の導入方法と初期設定はこちらの記事で解説しています。
【推奨】Google Analytics4(GA4)の導入方法と初期設定 Googleアナリティクスの設定方法はこちらの記事をご覧ください。
【初心者向け】Googleアナリティクスの設定方法とブログでの使い方 WordPressのアクセス解析の方法。ブログの分析でわかること。