記事内に広告を含む場合があります。

ラッコサーバーの評判と口コミ・実際に使ったレビューとデメリット

  • ラッコサーバーの評判は?
  • ラッコサーバーの特徴とデメリットを知りたい
  • 他のレンタルサーバーとの違いは?
ラッコサーバーは、無料のキーワードリサーチツール「ラッコキーワード」で有名なラッコ株式会社が提供する格安レンタルサーバーです。

ラッコサーバーは格安で高速なレンタルサーバーとして評判の良いサーバーです。

実際にラッコサーバーに申込んでWordPressをインストールしてみました。

この記事を読むとわかること
ラッコサーバーの評判
ラッコサーバーを使うメリット
他のレンタルサーバーとの違い

ラッコーサーバーでWordPressブログを始める方法はこちらの記事で解説しています。
ラッコサーバーでWordPressブログを始める方法

ラッコサーバーの公式サイト

ラッコサーバーとは

ラッコサーバーは、特にWordPress初心者に人気のレンタルサーバーです。

12ヵ月契約の場合、月額440円~WordPressブログを始められる格安サーバーです。

高性能な上位のプランもあり、幅広いユーザー層に対応しています。
ラッコサーバーの主な特徴は、

  • 格安な料金
  • 高速なページ表示
  • 充実したセキュリティ
  • しっかりとしたサポート
です。

特にWordPressブログの導入が非常に簡単で、約5分でWordPressをインストールできるので初心者にもおすすめの格安サーバーです。

WordPressを使える格安レンタルサーバーはこちらの記事で解説しています。
WordPressを使えるおすすめの格安レンタルサーバー

ラッコサーバーの良い評判と口コミ

実際にラッコサーバーを利用したユーザーの良い評判と口コミをまとめました。

WordPressやサーバーの知識が全くない人でもWordPressブログを簡単に始められるようになっています。

質問の内容にもよりますが、サポートからの返信はすぐにもらえることが多いです。


万が一ブログが不要になってもブログサイトを売却できるのがラッコサーバーの特徴です。


格安で速いサーバーを探している人にはおすすめのサーバーです。

ラッコサーバーの良い評判
WordPressのインストールが超簡単
サポート対応がしっかりしている
ブログの売買もできる

ラッコサーバーでブログを始める

ラッコサーバーの悪い評判と口コミ

実際にラッコサーバーを利用したユーザーの悪い評判と口コミをまとめました。

原因がわからない場合は、公式サポートに相談するのがおすすめです。

ラッコサーバーの利用者はまだ多くないので評判の悪い口コミはあまり見つけられませんでした。

ラッコサーバーのメリットと特徴

ラッコサーバーの最大のメリットは、WordPressを簡単に始められる点です。

特に初心者にとっては、複雑な設定をしなくても簡単にブログを始められるのは大きな魅力です。

月額料金がとても安く、ページの表示速度が速いため、サクサクと表示されるのが特徴です。
さらに、作成したブログを売買できる機能や、充実したバックアップサービスもあります。

ラッコサーバーを選ぶメリット
  • WordPressを簡単に始められる
  • 月額料金が安い
  • ページの表示速度が速い
  • 作ったブログを売買できる
  • バックアップが充実している
  • サポートが充実している
  • WordPressを簡単に移行できる

WordPressを簡単に始められる

ラッコサーバーには、WordPressブログが簡単に始められる「かんたんブログスタート」があります。

「かんたんブログスタート」を利用すると約5分でWordPressブログを始められます。

難しい設定が必要なければ私でも簡単にブログを始められそうですね

ラッコーサーバーでWordPressブログを始める方法はこちらの記事で解説しています。
ラッコサーバーでWordPressブログを始める方法

ラッコサーバーでブログを始める

月額料金が安い

ラッコサーバーの一番安いプランは12ヵ月契約の場合、月額440円です。

12ヶ月以上の契約なら独自ドメインを無料で取得できます。

1年で5,280円だけで独自ドメインを使ったWordPressブログを作れます。

1年間に5,280円だけなら始めやすいですね。

ページの表示速度が速い

ラッコサーバーはブログの表示速度が速いのが特徴です。

ラッコサーバーはmixhostと同様、非常に高速なLiteSpeedサーバーを採用し、高速化に取り組んでいるサーバーです。

特にLiteSpeed Cacheというプラグインを使うとWordPressブログを簡単に高速化できます。

LiteSpeed Cacheプラグインの評判はこちらの記事で解説しています。
LiteSpeed CacheプラグインでWordPressを高速化する方法

ページの表示速度はGoogle検索の順位にも影響します。
特にページの表示速度が遅いとユーザーが離脱してしまったり、ページビュー数が増えません。

WordPressブログを高速化するのに一番影響が大きいのはサーバーの性能です。
サーバー自体が遅いと、どんなサイトを作っても遅くなってしまうので、速いサーバーを選ぶことが重要です。

ラッコサーバーは一番安いプランでもLietSpeedサーバーを使っているのでLiteSpeed Cacheプラグインも利用できます。
同じ格安サーバーのロリポップでLiteSpeedサーバーを利用する場合、ハイスピードプランかエンタープライズプランのみ対応しています。
ロリポップのおすすめのプランはこちらの記事で解説しています。
ロリポップの評判と口コミ・おすすめのプランは安いけど遅い?

作ったブログを売買できる

作ったブログサイトを売買できるラッコーマーケットというサービスがあります。
ラッコマーケットでは、作ったブログを高値で販売したり、誰かが作成したブログを買うこともできます。

ブログって売買できるんですか?!

バックアップが充実している

ラッコサーバーを使うと毎日30日間、自動でバックアップされています。

サーバーがある東京とは別の地域(西日本)にあるバックアップ用のサーバーに毎日自動でバックアップされています。

万が一、ブログサイトに不具合が起きても30日前までなら、好きな日にちに復元できます。

一般的なサーバーのバックアップ期間は7日や14日間なので、ラッコサーバーは長めです。

WordPressブログを運用するならバックアップは必須です。
WordPressは世界中で利用されているソフトなので、被害にあうリスクもあるからです。

WordPressのプラグインなど自身でバックアップをすることもできますが、サーバーが自動で毎日バックアップしてくれているのは大変心強いです。

バックアップするだけでなく、いざという時にバックアップしたデータから復元できるかが重要です。
ラッコサーバーではサーバーの管理画面(cPanel)から復元する方法をサポートしています。

サポートが充実している

ラッコサーバーは業界大手のホスティング事業者と提携し、安定したサービスを提供しています。

万が一のトラブルの場合にも、しっかりとしたサポートを受けられる体制ができています。

お問合せ方法は専用のフォームのみですが、フォームに画像の添付もできます。

ブログ初心者にとってサポート体制も重要ですね。

WordPressを簡単に移行できる

他社のサーバーからラッコサーバーに移行するための「かんたんWordPress移行」というサービスがあります。

かんたんWordPress移行を使うと、最短10分で他社サーバーからラッコサーバーにブログを移行できます。

WordPressのログイン情報を入力して移行を進める方法の他、FTP情報を伝えて移行してくれる方法も選べます。

ConoHaやエックスサーバーなどの他のサーバーからの乗り換えも簡単にできるんですね。

かんたんWordPress移行の詳細

WordPressでブログを作っている人が、サーバーの更新のタイミングで引っ越しするケースがあります。
最初の1年間だけは割引価格で契約していたけれど、2年目以降は割引が適用されない等の理由で、乗り換えを検討しているようです。

WordPressブログの引っ越しは初心者にとっては、リスクもあり自力で調べて引っ越しするのは大変な作業です。
しかし、移行先のサーバーが移行用のツールを提供している場合、これを利用すると簡単にブログの移行ができます。

サーバーが提供する移行サービスは、一般的なWordPressブログなら対応していますが、特殊なブログの場合は移行できない場合があります。
もし移行サービスを使えない場合は、バックアップ用のプラグインを使って手動で移行をしましょう。

WordPressブログの引っ越し方法と実際の移行手順はこちらの記事をご覧ください。
WordPressブログを引っ越すおすすめの方法・サーバーの移行手順

ラッコサーバーのデメリット

どのサーバーでも完璧なサーバーはないので、ラッコサーバーにもデメリットがあります。
「プランのダウングレードはできない」「かんたんブログスタート」には無料お試し期間がない、などのデメリットをまとめました。

ラッコサーバーを使う場合のデメリット
  • サーバーの運用歴が短い
  • プランのダウングレードはできない
  • 「かんたんブログスタート」には無料期間がない

サーバーの運用歴が短い

ラッコサーバーは2021年9月にサービスを開始した新しいレンタルサーバーです。
新しい分、過去の実績や利用者の評判などが少ないため、不安に感じる人もいるでしょう。

例えば、エックスサーバーは20年間の実績があるので、そういう会社と比べると運用歴が短いのがデメリットとも言えます。

サーバーは古い方が良いわけではないので、性能やサービスの質で比較するのがおすすめです。

プランのダウングレードはできない

ダウングレードとはプランを下位のものに変更することです。

ラッコサーバーのプランはアップグレードはできますが、ダウングレードはできません。

プランをアップグレードはずっと使い続けるつもりでアップグレードしましょう。

近々、ダウングレードにも対応してくれると期待しています。

「かんたんブログスタート」には無料期間がない

簡単にWordPressブログを始められる「かんたんブログスタート」を使ってラッコサーバーを申し込む場合、無料のお試し期間はありません。

申し込みと同時に独自ドメインを取得するので、お試しすることはできません。

エックスサーバーなど他社も同様に、独自ドメインとセットで申込む場合には、お試し期間はありません。

サーバーの申し込みと同時に独自ドメインを取得してWordPressをインストールする場合、どのサーバーでも無料のお試し期間はありません。
なぜなら独自ドメインを取得するには費用が発生するからです。

もし、無料でサーバーの速度などを試してみたい場合は、「かんたんブログスタート」を利用せずにサーバーだけを申し込みしてください。

ラッコサーバーの料金プラン

ラッコサーバーの料金プランはRK1~RK3までの3つのプランがあります。

ラッコサーバーはいつでも上位プランに変更できるので、迷ったら一番安いRK1プランでスタートするのがおすすめです。

それぞのプランごとの目安となるページビュー(PV)数は以下の通りです。

RK1:50万PV/月
RK2:500万PV/月
RK3:1,000万PV/月

RK1プランでも十分な性能があることがわかります。

ラッコサーバーの料金プランを見る

ラッコサーバーでWordPressブログを始める方法

WordPressをラッコサーバーで始める方法は非常に簡単です。

  1. 公式サイトで料金プランを選ぶ
  2. 独自ドメインを設定する
  3. WordPressのインストール
これだけで基本的なブログの設定は完了です。

ラッコーサーバーでWordPressブログを始める方法はこちらの記事で解説しています。
ラッコサーバーでWordPressブログを始める方法

ラッコサーバーでブログを始める

ラッコサーバーの管理画面

ラッコサーバーの管理画面は、すべての機能の一覧がシンプルに表示されているので、初心者にもわかりやすい表示になっています。

実際にラッコサーバーに申込みをするとこのような管理画面になります。


サーバーのアカウント名をクリックすると、図のようにポップアップ表示で機能の一覧が表示されます。
動作がサクサクとしていて、必要な機能に素早くアクセスできる印象です。

まとめ

ラッコサーバーは、格安な割に高性能なサーバーです。
格安サーバーでは一番コスパが良くて、速いサーバーです。

機能性とコストパフォーマンスの良さから、特にWordPressを始めたい初心者におすすめできるサーバーです。

ラッコサーバーでブログを始める

よくある質問

ラッコサーバーは全プランでLiteSpeedを採用しているので、一番安いプランでは他社より速いです。

例えばロリポップの場合は、ベーシック以上のプランのみLiteSpeedサーバーに対応しています。
ベーシックプランは12ヵ月契約で990円です。
※一番安いライトプランではLiteSpeedサーバーには対応していません。

LiteSpeedを採用しているサーバーの中ではラッコサーバーが一番安いです。

ラッコサーバーを運営しているのはラッコ株式会社です。

2015年に設立された会社で本社は渋谷区にあります。
マーケティングリサーチツールの提供や、サイト売買プラットフォームの運営などを含む、インターネットインフラ事業を行っている会社です。

ラッコ株式会社の会社案内はこちらです。
https://rakko.inc/company/

いいえ。
ラッコサーバーではアダルト系コンテンツの掲載は許可されていません。

理由としては、サーバーのリソースを悪化させる可能性が高いためだそうです。

もともと社長がラッコ好きということもあり、ラッコのイラストをサービスのロゴに使っていたのがきっかけです。
お客からラッコさんと呼ばれるようになり、それが浸透して今に至っているそうです。

会社として「うまく道具(ツール)を使いこなして生きていく(より良いサービスを提供する)」というようなメッセージも込められているそうです。

2020年に社名をラッコ株式会社に変更しました。