記事内に広告を含む場合があります。

【GA4】探索やレポートを共有する方法・ユーザーの追加方法

  • 探索やレポートを他の人と共有したい
  • GA4にユーザーを追加して見てもらいたい
Googleアナリティクス4(GA4)のレポートや探索は他のユーザーと共有できます。

GA4のレポートや探索の見方がわからない場合は、分析ができる人に共有をして分析してもらうことも可能です。

この記事を読むとわかること
GA4を共有する仕組み
探索レポートを共有する方法
共有する場合の注意点とコツ

GA4の導入方法と初期設定はこちらの記事で解説しています。
GA4の導入方法。初心者向けWordPressへの導入方法と初期設定

GA4の共有設定とは

GA4のレポートや探索レポートは他のユーザーと共有できます

GA4のデータの見方がわからない場合、見方がわかる人に共有して見せることができます。

GA4のデータを他のユーザーと共有するために必要なのは、メールアドレスだけです。
共有する相手にGoogleのログイン情報を伝える必要はありません。

ただし、共有する相手はGoogleアカウントでGA4にログインできる必要があります。

Googleアカウントがない人には共有できないってことですね。
分かりやすくいうとGmailのアドレスを持っている人になら共有できます。

※Gmail以外でもGoogleアカウントは作れます。

GA4を共有するメリット

GA4のデータを正しく読み取れる人にデータを共有することで、サイトの改善や集客に活用できるデータを得ることができます。

レポートや探索の見方がわかる人に見てもらいましょう。

Googleのログイン情報を伝えなくても良いのは便利ですね。

共有設定を行えるのは管理者だけ

GA4の共有設定をするには、ユーザーを管理できる管理者」の権限が必要です。

管理者権限のあるユーザーだけが、他のユーザーを追加できます。

もし共有設定の操作ができない場合は、管理者ユーザーではありません。
その場合、管理者に共有設定を依頼するか、あなたのアカウントを管理者に設定してもらいましょう。

管理者に設定されているユーザーしか操作できないんですね。

GA4の探索レポートを共有する方法

GA4の探索レポートを共有する方法について解説します。

共有した相手も探索レポートを操作できるようにするには、以下の操作が必要です。

  1. 共有したい「探索」を共有状態にする
  2. 共有された側のアカウントで共有された「探索」を開く
  3. 編集するには「探索」を複製する

それでは実際の画面で解説します。

探索レポートを共有する手順

STEP.1
共有したい「探索レポート」を共有状態にする
データ探索の画面で、共有したい「探索レポート」を共有状態にします。


共有をクリックすると以下の確認画面が表示されます。


STEP.2
共有されたユーザー側で探索を開く
共有された側のユーザーで「データ探索」のページを開くと、共有された探索が一覧に追加されています。

しかし、この状態では閲覧権限のみの状態で共有をされているので、見ることしかできません。

この探索を共有された側のユーザーでも利用するには「複製」をします。

複製をすると共有された探索と、それをコピーした探索の2つが存在することになります。

オーナーが違うので一覧でも区別できますが、探索名を変えておくのがおすすめです。

探索を共有する場合の注意点

共有された探索は読み取り専用の状態で共有されます。

共有されたユーザーは探索を閲覧できますが、編集をするには探索を複製してください。

プロパティ単位でユーザーの共有設定をするので、探索ごとに共有設定を変更することはできません。
(プロパティの閲覧権限がある全てのユーザーに共有した探索が共有されます)

GA4のレポートを共有する方法

GA4は各レポートや探索のデータごとに共有することもできます。

レポートを共有する手順

GA4のレポートを共有するには、共有したいGA4のレポート画面を開きます。

画面の右上にある「このレポートを共有」ボタンをクリックします。

「リンクを共有」をクリックするとURLが表示されます。

URLをコピーして、共有したい相手に送ります。

レポートを共有する場合の注意点

共有したレポートを閲覧できるのは、そのプロパティにアクセスできる権限を付与したユーザーのみです。

共有された相手は、共有設定されたGoogleアカウントでログインが必要です。

権限を付与されていないGoogleアカウントで、共有されたレポートを開こうとすると以下のような画面が表示されます。

こちらが共有しているのに、相手が違うアカウントでログインしていて見れないってことありますよね。

共有するユーザーを追加する方法

GA4の管理画面で共有するユーザーを追加します。

この作業はGA4の管理者権限があるユーザーのみが操作できます。

GA4の画面左下にある歯車マークが付いている「管理」をクリックすると以下の画面が開きます。

アカウント単位で共有する場合はアカウントの列にある「アカウントのアクセス管理」を、
プロパティ単位で共有をする場合は「プロパティのアクセス管理」を開きます。

画面右上の+ボタンから、「ユーザーを追加」を選択します。

共有する相手のメールアドレスを入力します。
メールアドレスはGoogleアカウントとして登録されているメールアドレスのみ追加できます。

追加するユーザーの権限

共有設定で追加するユーザーの権限を選択します。

GA4では共有するユーザーの権限を6つに分けています。

管理者:プロパティ内の全てを管理できる権限があります。

編集者:プロパティ内のすべてのデータと設定を編集できます。
ユーザーを管理することだけができません。

マーケティング担当者
プロパティのコンバージョン、イベント等を編集できます。

アナリスト:プロパティのダッシュボードやメモなどを共有、作成、編集ができます。

閲覧者:レポートデータと設定を表示することだけができます。

なし:個別に役割を設定しない場合に選択します。

共有するユーザーに割り当てる役割を1つ選択します。
レポートを閲覧してもらうだけであれば「閲覧者」でOKです。


レポートの数値を見てもらうだけなら「閲覧者」でいいんですね。
権限設定のポイント
アカウントごと、プロパティごとにアクセス権を管理できるので使い分けましょう。
アカウントの権限とは別の権限を付与したい場合のみ、プロパティの権限を選択しましょう。

共有するデータの範囲

GA4では共有するデータの範囲を制限することができます。

「アカウント」単位での共有設定をする場合は、「アカウントのアクセス管理」メニューから設定します。
「プロパティ」単位での共有設定が必要な場合は、「プロパティのアクセス管理」メニューでユーザーを追加します。

ポイント
アカウントのアクセス権を付与すると、そのアカウントに紐づく全てのプロパティにもアクセス権が付与されます。

共有するユーザーを追加する時の注意点

  • 下の階層のプロパティも共有される
  • 下の階層の権限が優先される
  • 共有する必要なくなったら削除する

下の階層のプロパティも共有される

アカウントにアクセス権を追加すると、そのアカウント内にある全てのプロパティにも同様の権限が付与されます。

特定のプロパティのみを共有したい場合は、「プロパティのアクセス管理」からプロパティごとに共有設定をしてください。

下の階層の権限が優先される

共有設定は、下の階層で設定したものが優先されます。

例えば、アカウントのアクセス権が「なし」でもプロパティの権限を「管理者」にすることもできます。

プロパティごとに個別に設定できるってことですね。

共有する必要がなくなったら削除する

GA4のデータを共有する必要がなくなったらアクセス権を削除しましょう。

共有したままにしておくと、サイトでの売り上げなど必要のない情報も見えてしまいます。
情報管理のためにもユーザーを管理しましょう。

担当者が変わっても共有されたままになっているアカウントをよく見かけます。


GA4の導入と初期設定はこちらの記事をご覧ください。
GA4の導入方法。初心者向けWordPressへの導入方法と初期設定 GA4に必要なイベント設定はこちらの記事で解説しています。
GA4のイベントとは?イベントの設定方法 GA4で自分のアクセスを除外する方法はこちらの記事にまとめています。
GA4で自分のアクセスを除外する方法(IP除外の他2つ)