エックスサーバーにWordPressをインストールする方法

これからWordPressブログを始めるには、サーバーにWordPressのインストールが必要です。

エックスサーバーにはWordPress簡単インストールという機能があります。

この機能を使うと初心者でも簡単にWordPressのインストールができます。

初心者でも簡単にインストールできますか?
WordPress簡単インストール機能を使えば、超初心者でも簡単にWordPressをインストールできます。

この記事を読むとわかること
エックスサーバーにWordPressをインストールする方法
WordPress簡単インストールについて
インストールする実際の手順

この記事はエックスサーバーを契約した後に、WordPressをインストールする方法を解説しています。

これからエックスサーバーの申込みをする場合は、独自ドメインの取得もセットになった「WordPressクイックスタート」で始める方がお得です。

これからエックスサーバーでWordPressブログを始めるにはこちらの記事を確認してください。
エックスサーバーでWordPressブログを始める方法【クイックスタート】

エックスサーバーの評判や特徴はこちらの記事をご覧ください。
エックスサーバーの評判エックスサーバーの評判とレビュー。デメリットは2つだけ

エックスサーバーでWordPressを始めるメリット

エックスサーバーでWordPressを始めるメリット
  • WordPress簡単インストール機能がある
  • WordPressページの表示速度が速い

WordPress簡単インストール機能がある

エックスサーバーにはWordPress簡単インストールという機能があります。

WordPress簡単インストール機能を使うと、必要な入力項目を入力するだけで自動的にWordPressをインストールできます。

従来の方法では、WordPressのファイルをアップロードして、データベースを作成して、インストールするという手間が必要で、時間もかかる作業でした。

簡単インストール機能を使えば数分でWordPressのインストールができます。

WordPressページの表示速度が速い

エックスサーバーはWordPressの高速化に取り組んでいるサーバーです。

ページにアクセスされた時に、極力高速でページを表示できるように工夫されています。

エックスサーバーの高速化について詳しくはこちらの記事をご覧ください。
エックスサーバーは速い?高速化の設定と表示速度

エックスサーバーにWordPressをインストールする方法

指定したドメインにWordPressをインストールする前に、エックスサーバーにそのドメインを紐づける必要があります。

注意
既にドメインがエックスサーバーに紐づけられていることを確認してください。

1.サーバーパネルにログイン

サーバーパネルにログインします。

ログイン情報は、契約時に送られてくるメールの中にあります。
サーバーパネルへログイン
エックスサーバーには「Xserverアカウント」と「サーバーパネル」の2種類のログインがあります。

2.WordPress簡単インストールをクリック

管理画面にログインしたら、「WordPress簡単インストール」というメニューをクリックします。

3.インストールするドメインを選択

WordPressをインストールするドメインを選択します。
複数のドメインがある場合は、ドメインの中から該当するドメインを選択します。

メイン選択画面

4.インストール情報の入力

WordPressのインストールに必要な項目は以下の通りです。
サイトURL以外は後から変更できます

入力情報を入れ、確認画面に進みます。
WordPress簡単インストール

サイトURL:インストール先のURLを指定できます。
ドメインのトップにインストールする場合は何も入力しなくてOKです。
ドメインの中に複数インストールしたい場合は、/blog などと区切ってブログのURLを作成できます。

ブログ名:ブログのタイトルになります。
長すぎず、ブログの内容を表すタイトルが良いです。

ユーザー名:WordPressの管理画面にログインする際に利用するユーザー名です。
英数字で入力します。

パスワード:WordPressの管理画面にログインする際に利用するパスワードです。
覚えられる範囲で英数字や記号も含めた他人から推測されづらいものにしましょう。

メールアドレス:WordPressのユーザー登録に必要なメールアドレスです。
普段使っているメールアドレスにしましょう。

キャッシュ自動削除:「ONにする」のままでOKです。

データベース:新規にWordPressを作成する場合は「自動でデータベースを生成する」を選択します。
過去に使っていたデータベースを利用することもできます。

5.インストールする

確認画面で内容を確認し、「インストールする」ボタンをクリックします。

確認画面に、
「インストール先ディレクトリ内の「index.html」が削除されます。ご注意ください。」
と表示されますが、新規で作成するドメインの場合は無視してOKです。

6.インストールの完了

「WordPressのインストールが完了しました。」と表示されればWordPressのインストールが完了します。

ログインするには、管理画面URLを開き、設定したユーザー名とパスワードを入力してログインできます。

しかし、反映されるまでに時間がかかるため、作成したばかりの状態では以下のような画面が表示されます。

この画面が表示されていたら、少し待ってから再度アクセスをしてください。
しばらくすると、このような「Hello world!」と書かれた画面が表示されます。

7.WordPressにログインする

ログイン画面はこのような画面が表示されます。
先ほど設定したユーザー名とパスワードを入力するとログインできます。

これがWordPressのトップページになります。
※WordPressのバージョンやテーマによってデザインは異なります。

8.SSL対応を行う

インストールができたら、URLがSSL対応しているか確認します。

URLの先頭がhttpではなくhttpsになっているうか確認してください。

もし、httpのままの場合は、必ずSSLに対応させhttpsに変更しましょう

WordPressブログのSSL化の方法はこちらの記事で解説しています。
【必須】WordPressブログをSSL化する方法とデメリット

よくある質問

まとめ

これからエックスサーバーに申込む場合は、クイックスタートを使ってWordPressをインストールする方法がおすすめです。
エックスサーバーでWordPressブログを始める方法【クイックスタート】

既にエックスサーバーを契約済で、WordPressをインストールする場合は、この記事の内容でインストールしましょう。

WordPressブログの初期設定はこちらの記事をご覧ください。
初心者でも簡単にできるWordPressブログの初期設定おすすめ10選 エックスサーバーの評判エックスサーバーの評判とレビュー。デメリットは2つだけ WordPress簡単移行でエックスサーバーに移行する方法とメリット ロリポップからエックスサーバーへの引越し・ロリポップからの移行方法とメリット