エックスサーバーにWordPressをインストールする方法

エックスサーバーを契約した後にWordPressブログを作る場合、WordPressのインストールが必要です。

エックスサーバーにはWordPress簡単インストールというメニューが用意されているので、画面の手順に従って進めていけば初心者の方でも簡単にWordPressブログの作成ができます。

この記事は以下のような人におすすめ
エックスサーバーを契約後にWordPressをインストールしたい
WordPress簡単インストールとは?
実際の手順を確認したい

この記事ではエックスサーバーを契約後に、WordPressをインストールする方法について、実際のスクリーンショットを含め詳しく解説してきます。

この方法なら失敗することなく簡単にWordPressサイトが作れます。
もし、これからエックスサーバーの申込みをするのであれば、独自ドメインがセットになった「WordPressクイックスタート」がおすすめです。
詳しくはこちらの記事を確認してください。
【10分で完成】エックスサーバーのWordPressクイックスタートとは

エックスサーバーの評判についてはこちらの記事をご覧ください。
エックスサーバーの評判エックスサーバーの評判とは?実際に使った感想とデメリット

では早速みていきましょう。

1.エックスサーバーのサーバーパネルにログイン

契約時に送られてくるメールの中にある「サーバーパネル」のログイン情報からログインします。
サーバーパネルへログイン
エックスサーバーには「Xサーバーアカウント」「サーバーパネル」の2種類あります。

サーバーパネルのログイン情報

2.WordPress簡単インストールをクリック

管理画面にログインしたら、「WordPress簡単インストール」というメニューをクリックします。

Wordpress簡単インストール

3.インストールするドメインを選択

実際にWordPressをインストールするドメインを選択します。
複数のドメインがある場合は、ドメインの中から該当のドメインを選択します。

ドメイン選択画面

4.インストール情報の入力

WordPressのインストールに必要な項目は以下の通りです。
サイトURL以外は後から変更できます

インストール情報
入力情報を入れ、確認画面に進みます。

サイトURL:インストール先のURLになるので、ドメインのトップにインストールする場合は何も入力しなくてOKです。
ドメインの中に複数インストールしたい場合は、/blog など入力することでそのURLでサイトを作成することができます。
ブログ名:ブログのタイトルになります。
長すぎず、ブログの内容を表すタイトルが良いです。
ユーザー名:WordPressの管理画面にログインする際に利用するユーザー名です。
英数字で入力します。
パスワード:WordPressの管理画面にログインする際に利用するパスワードです。
覚えられる範囲で英数字や記号も含めた他人から推測されづらいものにしましょう。
メールアドレス:WordPressのユーザー登録に必要なメールアドレスです。
自身で受信できるメールアドレスにする必要があります。
キャッシュ自動削除:デフォルトで「ONにする」になっているのでそのままでOKです。
データベース:過去にWordPressで使っていたデータベースがあれば、利用することができますが、新規に作成するワードプレスの場合は「自動でデータベースを生成する」を選択します。

5.インストールする

確認画面で内容を確認し、「インストールする」ボタンをクリックします。

インストール

6.インストールの完了

「WordPressのインストールが完了しました。」と表示されればインストール完了です。

インストール完了

ログインするには、管理画面URLを開き、設定したユーザー名とパスワードを入力してログインできます。

7.ログインする

実際のログイン画面はこのような画面が表示されます。
先ほど設定したユーザー名とパスワードを入力するとログインできます。

ログイン画面

8.SSL対応を行う

インストールができたら、URLがhttpsになっているかを確認してください。

もし、httpのままの場合は、必ずSSLに対応させhttpsに変更しましょう
【必須】SSL対応の方法とそのメリット

実際のSSLに対応させる手順については、エックスサーバーでSSL対応する方法からご覧ください。
最初にやるべきWordPressの初期設定10個 エックスサーバーの評判エックスサーバーの評判とは?実際に使った感想とデメリット