【必須】SSL対応の方法とそのメリット

SSLとはサイトのセキュリティーを高めるための仕組みのことですが、実際にはどういった意味があるのでしょうか。

実はSSL対応をしないままだと、サイトの評価が下がりアクセスが減ることに繋がります。

ひと昔前までは重要ではなかったのですが、今の時代は必須となっています。
もしまだSSL対応をしていないのであれば、すぐに対応しましょう。

この記事では具体的にSSL対応の必要性から実際の手順、注意点について解説していきます。

SSL対応とは

そもそもSSLに対応させるとはどういうことでしょうか。

SSLとはSecure Sockets Layerの頭文字を取った略語で、ウェブでの通信を暗号化する技術のことです。

暗号化することによって、万が一やり取りを第三者に読み取られたとしても、中身を解読することが困難になります。

ショッピングサイトなどでクレジットカード番号などの個人情報を入力する際、SSL対応でない場合、安全に送信される状態とは言えません。
SSLの状態であれば入力した情報が誰かに盗み取られる可能性が低くなるので、安全になります。

対応の有無を知るには、アドレスが「http:」か「https:」というようにセキュリティ―の「s」が付いているかどうかで見分けがつきます。

SSLに対応させないとどうなるか

SSLに対応していないサイトはまだ多くありますが、対応させないとどうなってしまうのでしょうか。
いくつかのデメリットを紹介します。

警告が表示されてしまう

SSL未対応の場合、Googleクロームなどのブラウザーのアドレス欄に警告が表示されてしまいます

この警告表示はブラウザーのバージョンが新しくなる度に、強い表現で表示されるようになって、ページを閲覧するユーザーに警告しています。

あまり信用がないサイトにこのような警告表示が出ると、それだけでユーザーが直帰してしまう恐れがあります。

アクセスが減る

GoogleはSSLに対応させることを強く推奨し、セキュリティーは最優先事項だと表明しています。

このため、SSL対応しているかしていないかは、検索の順位にも影響するとアナウンスされています。

つまり、SSL対応をしていないと順位が下がる可能性があり、結果的にアクセス数の減少にもつながりますので、必ず対応しましょう。

内容を盗み見られる

例えばカフェなどフリーWifiスポットなどで、SSL非対応のサイトを閲覧する場合、第三者に内容を盗み見られる可能性が高まります。

SSL対応サイトであれば、万が一盗み見られても暗号を復元することは極めて難しいため、安全が確保されている状態です。

サイトのSSL対応をするには

実際にはSSLにも様々なレベルがあります。

一番手軽な方法はサーバーが提供している無料のSSLを導入する方法です。

ここではエックスサーバーでのSSL対応する方法について解説していきます。
本来SSLを導入するには「SSLサーバー証明書」というものが必要ですがエックスサーバーでは更新も含めて無料でサポートしてくれる機能があります。

設定方法は下記の通りです。

サーバーパネルにログイン
エックスサーバーのサーバーパネルにログインし「SSL設定」をクリックし対象のドメインを選択します。
独自SSL設定追加
「独自SSL設定追加」というタブを開きドメインを確認してから「確認画面へ進む」をクリックします。
WordPressのやるべき初期設定10個