【必須】WordPressブログをSSL化する方法とデメリット

SSLとはサイトのセキュリティーを高めるための仕組みのことです。
WordPressブログを運営するなら必ずSSL化をしましょう。

SSLって聞いたことあるけど必要なのでしょうか?
実は、SSL化しないとGoogleからのブログの評価が下がり、アクセス数が減ってしまいます。

この記事を読むとわかること
SSL化の必要性
SSL化する方法と手順
SSL化する時の注意点

この記事では具体的にSSL対応の必要性から実際の手順、注意点について解説していきます。

ひと昔前までは重要ではなかったのですが、今の時代は必須です。
もしまだSSL対応をしていないのであれば、すぐに対応しましょう。

SSL対応とは

SSLとはウェブ上での通信を暗号化する技術のことです。
(Secure Sockets Layerの頭文字を取った略語です。)


暗号化することによって、万が一やり取りを第三者に読み取られたとしても、中身を解読することが困難になります。

ショッピングサイトなどでクレジットカード番号などの個人情報を入力する際、SSL対応でない場合、安全に送信される状態とは言えません。
SSLの状態であれば入力した情報が誰かに盗み取られる可能性がかなり低くなるので、安全になります。

SSL化している場合は、URLの先頭が「https:」となり、「http:」にセキュリティ―の「s」が付きます。

SSL化すべき3つの理由

SSL化しないと以下のようなデメリットがあります。

SSL化すべき3つの理由
  • ブラウザーに警告が表示される
  • アクセス数が減る
  • 内容を盗み見られる可能性がある

ブラウザーに警告が表示される

SSL未対応の場合、Googleクロームなどのブラウザーのアドレス欄に警告が表示されてしまいます。

この警告表示はブラウザーのバージョンが新しくなる度に、強い表現で表示されるようになっています。
ページを閲覧するユーザーに警告しているので、信頼できないブログと扱われてしまいます。

このような警告表示が出ると、それだけでユーザーが直帰(1ページだけを見て帰る)してしまう可能性が高まります。

危険なサイトだと表示されたら不安ですよね。

アクセス数が減る

GoogleはSSLに対応させることを強く推奨しています。
セキュリティーは最優先事項だとも表明しています。

SSL化していないブログは、検索結果の順位にも影響します。

つまり、SSL対応をしていないと順位が下がる可能性があり、結果的にアクセス数の減少にもつながります。

ブログのアクセス数を増やすならSSLは必須なんですね。

内容を盗み見られる可能性がある

例えばカフェなどフリーWifiスポットなどで、SSL非対応のサイトを閲覧する場合、第三者に内容を盗み見られる可能性が高まります。


SSLに対応しているサイトであれば、万が一情報を盗まれても、暗号を復元することは困難なので安全が確保されている状態です。

SSL化する方法

SSL化する方法はサーバーによっていくつかの選択肢があります。

一番手軽な方法はサーバーが提供している無料のSSLを導入する方法です。

エックスサーバーでSSL対応をする方法

この記事ではエックスサーバーでSSL対応する方法について解説していきます。

本来SSLを導入するには「SSLサーバー証明書」というものが必要ですがエックスサーバーでは更新も含めて無料でサポートしてくれる機能があります。

エックスサーバーでSSL設定をする方法は下記の通りです。

サーバーパネルにログイン
エックスサーバーのサーバーパネルにログインし「SSL設定」をクリックし対象のドメインを選択します。
独自SSL設定追加
「独自SSL設定追加」というタブを開きドメインを確認してから「確認画面へ進む」をクリックします。

エックスサーバーのSSL化の方法はこちらの記事をご覧ください。
エックスサーバーでSSL化する手順と更新方法

ロリポップでSSL対応をする方法

ロリポップでSSL対応させる設定方法はこちらの記事をご覧ください。
ロリポップでWordPressのSSL化を設定する方法と手順

SSL化したらやるべきこと

URLがhttpからhttpsに変わるので、必要な設定を変更しなくてはなりません。

リンク先の変更をする

ブログ内のリンクがhttpのURLで張られている場合、httpsに修正してください。

数が少なければ手動で修正できますが、大量にある場合はプラグインを使うことをおすすめします。
「Really Simple SSL」というプラグインがおすすめです。

このプラグインを使うと、
内部リンクURLの変更
記事内の画像URLの変更
「http」にアクセスされた時に「https」へのリダイレクト設定
が自動でできるようになります。

「Really Simple SSL」を利用する方法

Googleアナリティクスの設定を変更する

Googleアナリティクスのプロパティ設定とビュー設定のそれぞれURLを設定する部分があります。
そこをSSL化したURLに変更してください。

Googleアナリティクスの初期設定はこちらの記事もご覧ください。
【初心者向け】Googleアナリティクスの初期設定と設定方法

Googleサーチコンソールの設定を変更する

Googleサーチコンソールは登録したURLごとにデータを取得しています。
httpとhttpsではプロパティが別扱いになるので、httpsとして追加登録をしましょう。

Googleサーチコンソールの登録と使い方はこちら記事もご覧ください。
【初心者向け】Googleサーチコンソールの登録と使い方

SSLに関するまとめ

これからWordPressブログを始めるならSSL設定は必須です。

あとで変更するとGoogleの評価が下がってしまう可能性もあるので、必ず最初に設定をしましょう。

WordPressに必要なセキュリティ設定はこちらの記事で紹介しています。
初心者でも簡単。WordPressブログのセキュリティ対策10選 WordPressブログに必要な初期設定はこちらの記事で解説しています。
初心者でも簡単にできるWordPressブログの初期設定おすすめ10選 ロリポップでWordPressブログをSSL化する方法はこちらの記事で紹介しています。
ロリポップでWordPressのSSL化を設定する方法と手順