SWOT分析とは?

SWOT分析とは?
SWOT分析(SWOT analysis)とは一言で表すと、自社が置かれている状況を正しく把握し、最適な戦略を考えるためのフレームワークのことです。
「Strength (強み)」
「Weakness (弱み)」
「Opportunity (機会)」
「Threat(脅威)」
の順文字からとった名称です。
具体的には以下の図のように「外部環境」 と 「内部環境」を行に、「プラス要因」と「マイナス要因」を列に置き、4つのカテゴリーで要因分析します。

SWOT分析を使う目的

3C分析の一つでもある自社の分析のために4つの視点に分けて検討します。

SWOT分析の各項目を解説すると下記の通りです。

Strength (強み)
自社が持つ強みを知ることです。
強みを知ることで、強みを活かした戦略を検討することができるようになります。
「技術力の高さ」や「実績」「サービス」などが当てはまります。
なぜユーザーが自社のサービスや商品を利用してくれるかということもヒントになります。

Weaknesses (弱み)
自社が抱える障害や弱点となる点です。
弱みを克服して組織を強化したり、弱みが悪影響にならないような戦略を検討したりする上での参考となります。
コストやリソースで足りていない部分など、自社が苦手とする部分を抽出します。

Opportunities (機会)
自社にとってチャンスととらえることができる外部要因のことです。
追い風となる市場の変化など、戦略策定の参考情報とします。
政治·市場の変化に競合他社の動きも対象としてください。
どれほど小さなことでもチャンスとなりうる要因として、1つでも多く抽出します。

Threats (脅威)
自社にとって障害となる外部要因です。
逆風となりうる市場の動向、変化を把握することで対策を検討できます。
自社の強みを打ち消す危険性や弱みが深刻になる環境の変化や、競合他社の動きを分析します。
脅威もなるべくすべて抽出します。

なお、SWOT分析では、次のことに注意してください。

注意点
  • 外部の「機会·脅威」と内部の「強み·弱み」を混同しないこと。
  • 各項目は状況を説明するものなので、将来の見通しや未来のビジョンを入れてはいけません。
  • 情報の羅列にならないよう注意しましょう。

SWOT分析は、項目の洗い出しだけでは意味がないので、当初の目的として掲げた具体的なところがまとまるまで、しっかりと議論してください。