おすすめのVPNと接続の仕組み

VPNという言葉を知っているけど、使ったことないという方が多いのではないでしょうか。

VPNとはインターネットを強化する画期的な技術です。

VPNは無料のものや有料のものなど、サービスがいろいろあります。

この記事を読むとわかること
そもそもVPNとは?
VPNのデメリットと注意点
おすすめのVPNについて

VPNとは

VPNとはVirtual Private Networkの略で自分専用のプライベートな回線という意味です。

プライベートなネットワークを仮想的に構築することで、インターネットを利用する際のセキュリティーやプライバシーを高めることができ、インターネット上を安全に通信できます。
また、外出先から自宅や会社のネットワークに接続したり、ブロックされているウェブサイトにアクセスすることもできます。

VPNを使用するとこんなことができます。

  • ネット接続をセキュリティ保護された安全なものに変える
  • いつどこにいても世界中の動画や音楽にアクセスできる
  • フリーWi-Fiでも安全に利用できる

VPNはあなたのインターネット体験をアップデートする画期的な技術です。

海外でVPNは一般的なサービスですが、日本ではまだあまり知られていません。

テレワークでの作業が多い人や、音楽や動画をもっと楽しみたい人はVPNの利用をおすすめします。

VPNを使った方が良い人
  • フリーWi-Fiをよく使う人
  • 職場以外の回線を使って仕事をする人
  • 海外出張をする人
  • 海外の動画サービス利用する人
  • セキュリティを高めたい人

VPNのメリット

VPNのメリット
  • 通信を暗号化できるので安全
  • 接続元の場所を変更できる
  • モバイル端末からも利用できる

通信を暗号化できるので安全

通常のインターネットの接続は、保護されていないのでセキュリティが甘く通信を誰かにのぞき見される可能性があります。

VPNに接続すると全てのインターネットの情報は世界中に設置されたVPNサーバーのトンネル内に隠れます。
トンネルの中でデータは暗号化されるので、他人の侵入を許さない安全な通信を行うことができます。

私たちの周りにはコンビニ、駅、カフェなど様々なフリーWi-Fiが溢れています。
あなたも一度は接続したことがありますよね。

一見、便利なフリーWi-Fiですが、実は大きな危険が潜んでいます。

悪者にとって暗号化されていないフリーWi-Fiは通信の盗聴、のぞき見が簡単にできます。

また正規のフリーWi-Fiの名前にそっくりな偽物のWi-Fiを作成し、それに接続された携帯で端末の乗っ取りなどの被害にあう可能性もあります。

ですが、VPNを使用していれば、すべて安全になります。

たとえ、フリーWi-Fiや偽物のWi-Fiに接続していても大丈夫です。
通信はVPNのトンネルに隠れ、外部からは何もわかりません。

あなた以外の人物はあなたの通信を一切見ることができません。

接続元の場所を変更できる

海外に行ったときTVerやGYAO!などで日本の番組を見たいと思ったときに見れなかった経験はありませんか?

また、海外版のNetflixで新作の映画をやっていると思ったのに日本から見れない、という経験はありませんか?
Millen VPNならそれがすべて実現可能です。

VPNサーバーは世界中に設置されているので、地理的な制限を解除でき、どこでも好きな動画を見ることができます。

一部の動画サイトや視聴できる地域が限定されているサイトも、制限を解除し、世界中のコンテンツに自由にアクセスできます。

モバイル端末からも利用できる

ほとんどのVPNサービスはスマホアプリによるサービスの提供も行っています。

パソコンからの通信だけでなく、スマホの通信もVPNを利用できます。

VPNのデメリット

VPNのデメリット
  • 利用料金がかかる
  • 通信速度が遅くなる可能性がある
  • 情報漏えいの可能性がある

利用料金がかかる

VPNサービスの利用料金は、接続方法やプランによって異なります。

一般的には、月額制で契約する場合は月額数百円から数千円程度ですが、接続台数や暗号化方式などによって異なります。

また、無料で利用できるVPNサービスもありますが、通信速度や接続台数が制限されている場合があります。

一部のVPNサービスでは、月額で契約するだけでなく、固定費用や使用料金を請求する場合もあります。

通信速度が遅くなる可能性がある

VPNを利用すると、通信速度が低下する可能性があります。

通信内容が暗号化され、通信データが膨らみ、通信速度が低下するからです。
また、VPN接続を利用すると、通信がプロキシサーバーを経由するため、通信路上でのボトルネックが発生する可能性があります。

通信速度が低下する場合は、暗号化方式やプロキシサーバーの数などを調整して、通信速度を向上させることができます。
また、通信速度が低下する場合は、VPN接続を利用せず、直接インターネットに接続することで通信速度を向上させることができます。

情報漏えいの可能性がある

VPNを利用すると情報が漏えいの可能性があります。

VPN接続を利用すると、通信内容が暗号化されるため、第三者による情報の盗聴や改ざんが困難になりますが、プロキシサーバーを経由して通信を行うため、プロキシサーバーによる情報の漏えいや改ざんが行われる可能性があります。

また、VPN接続を利用する場合は暗号化方式やプロキシサーバーの管理が必要であり、その管理が不十分な場合は、情報漏えいの可能性が高まるため、注意が必要です。

そのため、情報漏えいの可能性を減らすためには、信頼できるVPNサービスを利用し、暗号化方式やプロキシサーバーの管理を徹底することが重要です。

よくある質問

MillenVPNの評判やデメリットはこちらの記事にまとめています。
MillenVPNの評判とデメリット。海外から動画を見るおすすめなVPN