Googleが考える質の高いコンテンツとは?23項目

サイトのアクセス数を増やしたい、検索結果の順位を上げたい、などのSEOでもっとも有効な施策は良質なコンテンツを掲載することです。

なぜならGoogleは検索ユーザーのニーズにあわせ、検索結果に良質なサイトをより上位に表示させようと取り組んでいるからです。

正確には検索のアルゴリズムを改良していくなかで、ほとんどのアップデートは高品質なサイトを評価するためのものではなく、低品質なサイトの順位を下げるものです。
それによって結果的に高品質なサイトが上位に掲載されるという仕組みになっています。

大きなアップデートは事前に予告され年に数回ありますが、細かいアルゴリズムの変更、修正は年に何百回も行われているため、ユーザーが気が付くことはありません。

そんな常に進化をしているGoogle検索に対応し評価され続けるサイトはどんなサイトなのでしょうか。

この記事ではGoogleが公式に発表している情報をもとにわかりやすく解説します。

良質なサイトとは

実際にGoogleが使用しているアルゴリズムは公開されていません。
なぜならそれが公開されてしまうと検索結果を操作しようとするサイトが現れ、検索結果が乱れてしまう可能性があるためです。

その代わりに以下のように投げかけられた質問について考えることで、Googleが考える良質なサイトが何かを探るヒントが得らると公表しています。

Googleが問いかける23の質問

以下の質問をされて問題がないようなコンテンツを作ることができるでしょうか。
Googleが提示する23個のチェック項目をクリアすることができれば、自然と質の高いサイトになっていると考えていいはずです。

原文 参考 More guidance on building high-quality sitesWebmaster Central Blog

1.Would you trust the information presented in this article?
この記事に書かれている情報を信頼できますか?
自身のコンテンツを客観的に見直して、信頼できるような内容になっているかをチェックしてみましょう。

コンテンツの内容が信頼性に乏しいとユーザーが離れてしまう原因にもなります。

信頼されるコンテンツとは、内容に間違いがないだけでなく根拠となるデータやソースを提示するなどの工夫が必要です。
自分自身だけの主観的な意見に頼らず、なるべく客観的な評価を含めるようにしましょう。

2.Is this article written by an expert or enthusiast who knows the topic well, or is it more shallow in nature?
その記事はその分野について詳しい専門家愛好家によって書かれていますか、それとももっと浅い内容でしょうか?

Googleは浅い内容のコンテンツよりも、より専門的で詳しいコンテンツを好むため、その分野に精通した専門家が作ったようなコンテンツが望ましいです。

一度書いた記事でも、さらに追記して詳しく解説できる部分はないか、より分かりやすい説明ができないかなど深く掘り下げていくことで、より専門的な記事にしていくことができると考えます。

3.Does the site have duplicate, overlapping, or redundant articles on the same or similar topics with slightly different keyword variations?
そのサイトには、キーワードがわずかに異なるだけの類似の記事や完全に重複している記事は存在しませんか?

キーワードが異なるだけの類似したコンテンツや、ほとんど重複しているコンテンツは評価されないどころか、サイトの評価を下げられてしまう可能性もあります。

似たようなコンテンツを作る場合、過去のコンテンツを見直して付け足すことができないか考えてみましょう。

4.Would you be comfortable giving your credit card information to this site?
 あなたはこのサイトにクレジットカード情報を安心して提供できますか?

この問いでは、もしショッピングサイトなどでクレジットカードの情報を入力をするフォームがある場合、安心して入力してもらえるようなサイトになっていますか?という意味です。

信頼できるサイトでないとカード情報を入力したくないですよね。

5.Does this article have spelling, stylistic, or factual errors?
その記事にはスペルミス文法ミスなどはありませんか?

スペルミスや誤字脱字があると信頼性に欠けるので、ミスのない文章になっているか確認しましょう。

特にサイトを訪問したユーザーが、それらのミスを指摘してくれることはほとんどないでしょう。

6.Are the topics driven by genuine interests of readers of the site, or does the site generate content by attempting to guess what might rank well in search engines?
サイトの閲覧者の興味に基づいて記事を作成していますか?それとも検索エンジンに良くランク付けされるためにコンテンツを制作していませんか?

上位表示を目指しているキーワードを多用していたり、文章の言い回しがおかしかったり、不自然な文章になっていませんか?

検索エンジンを意識するあまり読みづらい文章になっていないか確認しましょう。

7.Does the article provide original content or information, original reporting, original research, or original analysis?
その記事ではオリジナルのコンテンツや情報、オリジナルの研究や分析結果を提供していますか?

どこかのサイトから引用してきた文章ばかりになっていたり、ほかのサイトからの継ぎ接ぎのようなコンテンツになっていませんか?

あなたのサイトにしかないオリジナルな情報を掲載するようにしましょう。

8.Does the page provide substantial value when compared to other pages in search results?
検索結果にある他のページと比較して、あなたのページは実質的な価値を提供していますか?

あなたのページにたどり着くであろう検索キーワードで実際に検索をしてみて、上位に表示されるページを見てみましょう。

9.How much quality control is done on content?
コンテンツの品質管理はどの程度行われていますか?

コンテンツは常に最新のものになっていますか?
特に古くなってしまった部分はリライトや差し替えをして常に最新のものを掲載するようにしましょう。
コンテンツは一度公開したら完成ではなく、Googleアナリティクスで結果を分析しながらより良いコンテンツに仕上げましょう。

10.Does the article describe both sides of a story?
その記事では双方の側面から説明されていますか?

偏った側面から書かれている文章よりも、中立で公平な視点で書かれたものの方が、ユーザーにとって親切です。

11.Is the site a recognized authority on its topic?
あなたのサイトはそのトピックに関する権威として認められていますか?

権威とは

12.Is the content mass-produced by or outsourced to a large number of creators, or spread across a large network of sites, so that individual pages or sites don’t get as much attention or care?
多数のクリエイターに委託しコンテンツを大量生産したり、大規模なネットワークに分散された質の悪いものになっていませんか?

ただ大量にコンテンツを作ることを目的とした量産タイプの記事は、質が低いと判断されます。

13.Was the article edited well, or does it appear sloppy or hastily produced?
記事の編集が行き届いていますか?ずさんになっていたり、荒削りの記事になっていませんか?

ひとまず下書きのような形で公開するのであれば問題ありませんが、そういう記事ばかりのサイトでは評価が良くないでしょう。
コンテンツの隅々まで気を配らせて更新していくようにしましょう。

14.For a health related query, would you trust information from this site?
健康に関するサイトの場合、このサイトの情報は信用できますか?
特に健康や人生に関わる可能性があるコンテンツについては、一般とは別のアルゴリズムによってランキングが行われています。
サイトの情報が信用できるかは、一般のサイトより重要です。

15.Would you recognize this site as an authoritative source when mentioned by name?
このサイトの名前を挙げられたとき、権威のあるソースだと認識されますか?

なかなか難しいでしょうが、権威あるサイトを目指すように構築していきましょう。

16.Does this article provide a complete or comprehensive description of the topic?
その記事はトピックを完全にあるいは包括的に説明できていますか?
一部分のみについて書かれている記事よりも、包括的にまとめられている記事のほうが評価されます。

17.Does this article contain insightful analysis or interesting information that is beyond obvious?
その記事には洞察力に富んだ分析や、興味深い情報が含まれていますか?
どこにでも書いてあるありきたりな文章では質が高いとは言えません。
オリジナルなコンテンツを掲載するようにしましょう。

18.Is this the sort of page you’d want to bookmark, share with a friend, or recommend?
そのページはブックマークしたり、友人にシェアしたりおすすめしたくなるようなページですか?

本当に役に立つコンテンツや素晴らしいコンテンツは、知人や友人にシェアしたくなるほどのものです。
そのようなコンテンツを目指しましょう。
※SNS上でシェアの数が多いからといって検索の上位に表示されるということではありません。

19.Does this article have an excessive amount of ads that distract from or interfere with the main content?
その記事にはコンテンツの邪魔になるような広告がたくさん表示されていませんか?

ユーザーにとってコンテンツを見る上で妨げになるような広告や、過度な広告を表示しているページは良いページとは言えません。
広告を出す場合はサイズや量に気を付けるようにしましょう。

20.Would you expect to see this article in a printed magazine, encyclopedia or book?
その記事が雑誌に掲載されたり、百科事典や書籍に掲載されることを期待しますか?

雑誌や書籍に掲載されるというのは情報が体系的にまとまっているか、ということを表しています。
偏った視点で書かれていないか、その分野の情報が網羅されているかなどについて客観的な視点で確認してみましょう。

21.Are the articles short, unsubstantial, or otherwise lacking in helpful specifics?
記事の内容が短く、根拠のないものになっていませんか?

文字数が長いか多いかというよりも、説明するのに十分な量であるか見直してみましょう。
根拠を示すだけでなく、なぜそうなのかをユーザーにわかりやすく伝えらえる文章になっているかがポイントです。
私は~だと思います、というような感想のようなものだけでは、評価されづらいです。

22.Are the pages produced with great care and attention to detail vs. less attention to detail?
細部にまで注意を払ってページを作成されていますか?

コンテンツ全体を俯瞰して確認してみましょう。

23.Would users complain when they see pages from this site?
そのサイトのページを見たユーザーから文句を言われませんか?
実際には積極的にコメントなどを受け付けていない限り、文句を言われる経験はあまりないと思いますが、だからこそユーザーの反応を気にするべきです。
もし検索エンジンからあるページにたどり着いて、情報が見つからずにそのページを読む途中でまた検索エンジンに戻ってしまっていたら、文句は言われないににしても不満であると考えたほうがいいでしょう。

これらすべての問いに自信をもって答えられるのであれば、かなり良質なサイトなのだろうと考えて良いと思います。

そして自然とアクセスも増えるサイトになっていることでしょう。

常にこれらの要件を意識しながらコンテンツを書くのは難しいかもしれませんが、定期的に見直ししてみましょう。

まとめ

コンテンツを制作していくなかで、どういうコンテンツが評価されるのか迷ったときにはこの23の質問を改めて確認してみてください。

小手先のテクニックで上位表示を目指すのではなく、質を高めることで本当に評価されるサイトを目指しましょう。
失敗しない、成果のでるサイト制作のポイント GoogleがおすすめするSEO業者の選び方