ホームページのリニューアルで失敗する理由

ホームページをリニューアルしたいという相談を頂くことがよくありますが、そんなときにリニューアルすることをおすすめしない場合もあります。

実は、リニューアルしたことによってアクセスが減ってしまったり、検索順位が下がってしまう場合など悪い影響もあります。

この記事ではサイトのリニューアルを検討している方に、ほんとうにリニューアルすべきなのか考えて頂くために、注意点を含めて解説しています。

リニューアルで失敗する理由

大きく分類すると3つのタイプにわかれます。

理由1.目的が不明確

リニューアルする前によく考えてみてください。
そのサイトをリニューアルする目的はなんでしょうか?

予算があるから、古くなってきたからなど、曖昧な理由でリニューアルをするのではなく、現在のサイトの問題点をはっきりさせ、その問題を解決するためにはリニューアルをしなくてはならないのであればリニューアルをすべきです。

問題点がはっきりしているほど改善すべき点を明確にしやすく、リニューアル後の成果も示しやすくなります。

理由2.サイトのタイプが合っていない

リニューアルをする機会にサイトのタイプを見直すことをおすすめします。

例えば今までは会社案内やサービスの紹介だけをしているようなサイトでお問い合わせが来ない、という問題があるのであれば、見た目を変えるようなリニューアルではなく戦略自体を見直すことも検討しましょう。

具体的にはいわゆるオウンドメディアのようなサイトにすることや、サイトを分けることなども検討すべきです。

理由3.デザインしか考えていない

現在のサイトの見栄えがよくなかったり、古いデザインだったりするとなんとく変えたいという要望もよく聞きます。

しかし実際の問題はデザインによるものではなく、技術面やコンテンツ、構成に問題がある場合はほとんどです。
デザインを重視しすぎないように注意しましょう。

リニューアルするリスク

実はリニューアルした結果、Googleの評価が下がってしまいアクセス数が激減してしまう場合もあります。

サイトのリニューアルだけでなく、Googleの評価についても確認しながらリニューアルの計画を立てましょう。

リニューアルすべきサイトとは

問題があるからリニューアルをするのではなく、問題を解決する方法を見つけることができてからリニューアルをしましょう。

具体的な例をあげると、現状のサイトでは自分たちでは更新ができないから更新できるようにする、モバイル対応ができていないのでモバイル対応にする、などの問題を解決するための明確な目的をもってリニューアルしましょう。

まとめ

ホームページ制作会社に依頼すれば、ほとんど見た目は提案や要望の通りになると思いますが、肝心なのは”成果”です。

リニューアル前に定めた目的が、リニューアル後を達成できたのか、できていないならどう改善をしていけば良いのかしっかり分析しましょう。
失敗しない、成果のでるサイト制作のポイント 【初心者でもわかる】Googleアナリティクスの始め方