WordPressにログインできない原因とログインする方法

WordPressブログにログインしようとしたら、ログインできなくて困ったことはありませんか?

WordPressの管理画面にログインできない。どうしよう…。
まずは落ち着いて、ログインできない原因を確認しましょう。

この記事を読むとわかること
WordPressにログインできない原因
ログインするための方法

WordPressに突然ログインできなくなってしまうと困りますよね。

WordPressはログインしなくてもできる操作もありますが、基本的には管理画面へのログインが必要です。

WordPressブログへのログイン方法

WordPressの管理画面へのログインするには、ログインページを開き、正しいログイン情報の入力が必要です。

ログインページ

WordPressのログインURLは変更をしていなければ共通です。
ブログのURLの最後に/wp-login.phpをつけてアクセスすれば、以下のようなログインページが開きます。

ログインに必要な情報

WordPressへのログインは
・ユーザー名(またはメールアドレス)
・パスワード
の2点が必要です。

ユーザー名またはメールアドレス
ユーザー名かメールアドレスのどちら一方が必要です。
ユーザー名とメールアドレスはWordPressのオーナーであれば、WordPressをインストールする時に必ず設定しています。

WordPressに招待されたユーザーの場合は、招待メールを受け取ったメールアドレスがログイン用のメールアドレスです。

パスワード
WordPressのパスワードは半角英数字の文字列です。
数字や記号を含めた文字列を推奨しているので、複雑なパスワードを設定している場合があります。

管理者かユーザー自らが設定します。

ログインできない原因と対処法

ログインできない場合は主に以下の5つのどれかが原因です。

  • ログインページがわからない場合
  • ユーザー名(メールアドレス)がわからない場合
  • パスワードがわからない場合
  • Not Foundと表示される場合
  • 403 forbiddenと表示される場合

ログインページがわからない場合

ログインするためにはログインページを開く必要があります。

ログインページのURLをWordPressをインストールしてから変更している場合、ログイン画面に辿り着けない場合があります。

セキュリティ対策のためにログインページURLをカスタマイズしている場合があります。

そのような場合は、ログインURLを見つけ出すことが難しいです。

対処法
ユーザー登録をされた時に届いたメールを確認する。
WordPressのインストールが完了した時や、ユーザー登録された時に登録したメールアドレス宛にメールが送信されています。
そのメールの中にログインURLも記載されています。

管理者に問合せる。
もしメールに記されているログインURLも開けない場合は、ログインURLを変更してる可能性が高いのでWordPressの管理者に確認してください。

ログインURLがわからなければ、ログインできないですよね。

ユーザー名(メールアドレス)がわからない場合

WordPressのログインには、登録したユーザー名もしくはメールアドレスの片方が必要です。

特にメールアドレスがわかれば、次で紹介するパスワードの再発行によってログインできるようになります。

ユーザー名もメールアドレスもわからない場合、データベースにアクセスして確認するしかありません。
しかし、ユーザー名もメールアドレスもわからなくなってしまった初心者が、データベースを操作するのはハードルが高いためおすすめしません。

対処法
ユーザー登録をされた時に届いたメールを確認する。
WordPressのインストールが完了した時や、ユーザー登録された時に登録したメールアドレス宛にメールが送信されています。
そのメールが届いいるということは、その受信したアドレスをログインに使うことができます。

どのメアドを使っていたか思い出せないです。

パスワードがわからない

最もよくあるのがパスワードを間違えている場合です。

いくつか思い当たるパスワードがあれば、何度か入力して試してみましょう。

セキュリティの設定によっては連続で間違えると、ロックがかかる場合もあります。

さらに、間違えて入力したパスワードは、記録される場合もあるので注意しましょう。

対処法
ログインボックスの下にある「パスワードをお忘れですか?」と書かれているリンクから、新しいパスワードを発行できます。

※ただし、ユーザー登録済のメールアドレスのみが対象です。
任意のメールアドレス宛に送信することはできません。

ログインURLがわかる場合は、ログイン画面の下にある「パスワードをお忘れですか?」の文字をクリックします。

ユーザー名またはメールアドレスを入力する画面が表示されるのでどちらかを入力し、「新しいパスワードを取得」をクリックします。

登録されているユーザーと一致する場合、登録アドレス宛にメールが送信されます。

メールを確認すると、以下のようなメールが届いているはずです。
(迷惑メールに振り分けられている可能性もあります)

メール内にあるリンクをクリックすると以下のような画面が開きます。

標準ではランダムの英数字と記号が混ざっているパスワードになっていますが、任意の文字列に変更できます。

これまで設定していたパスワードと同じものを入力することもできます。

Not Foundと表示される場合

ログインページにアクセスすると、Not Foundと表示される場合、ログインURLが間違っているか、ページが存在しない可能性があります。

管理者であれば管理画面のログインURLを変更できます。
セキュリティ対策としてログインURLを変更している場合もあります。

対処法
正しいURLを管理者に確認する。
管理者がログインページのURLを変更している場合、自力で見つけるのは難しいので、管理者に確認しましょう。

403 forbiddenと表示される場合

ログインページのURLは正しいはずなのに、アクセスすると「403 forbidden」というエラー画面が表示されることがあります。

これは管理者がログイン画面のアクセスを拒否していることが主な原因です。
IPアドレスによる制限をかけたり、限られた人しかアクセスできない設定をしている可能性があります。

対処法
設定した管理者に連絡し、アクセスを許可してもらう。
IPアドレスを指定して許可している場合が多いです。
その場合、ログイン元のIPアドレスを伝えましょう。

どうしてもログインできない場合

どうやってもWordPressの管理画面にログインできない場合は、サーバーにアクセスをしてファイルを直接操作します。

サーバーを操作するには、サーバーのログイン情報が必要です。
サーバーの管理者や契約者でないとサーバーにログインできないので、管理している方に確認しましょう。

WordPressからログアウトする方法

WordPressからログアウトする方法は、管理画面の右上に表示されている「こんにちは〇〇さん」の部分にカーソルを合わせ、プルダウンの中からログアウトを選択します。

「ログアウトしました」と表示されればログアウト完了です。


↑このようにページの上部に黒い帯が表示されている場合は、ログインしている状態です。

ログイン方法のまとめ

WordPressのセキュリティ設定を高めるために、管理者がログインURLを変更している場合もあります。

その場合、ログインページにアクセスできるIPアドレスを制限していたり、画像認証を加えたりし、ログインをしづらくすることもあります。

パスワードはどこかにメモをするのではなく、記憶するようにしましょう。

WordPressのおすすめの初期設定はこちらの記事で解説しています。
初心者でも簡単にできるWordPressブログの初期設定おすすめ10選 WordPressのセキュリティ設定はこちらの記事で解説しています。
初心者でも簡単。WordPressブログのセキュリティ対策10選