WordPressのログイン方法・ログインできない場合の対処法

WordPressにログインしようと思ったけど、なぜかログインできない!と困ったことはありませんか。

この記事は以下のような人におすすめ
WordPressにログインできなくなってしまった
ログインできない原因が知りたい
確実にログインできるようにしたい

いつもと違う端末や違う環境で、突然ログインができなくなってしまうと困りますよね。

WordPressのログイン方法

WordPressのログインURLは共通で、サイトのURLの後に/wp-login.phpをつけてアクセスすれば、以下のようなログインページが開きます。

ユーザー名またはメールアドレス
ユーザー名を忘れてしまった場合はメールアドレスでもOKです。
ユーザー名はWordPressのオーナーであれば、WordPressをインストールする際に設定したものです。
招待されたユーザーであれば、招待を受け取ったメールアドレスです。
パスワード:WordPressのパスワードは半角英数字で数字や記号を含めた文字列を推奨しているので、複雑なパスワードを設定している場合があります。

WordPressのログアウト方法

WordPressからログアウトする方法は、管理画面の右上に表示されている「こんにちは〇〇さん」の部分にカーソルを合わせ、プルダウンの中からログアウトを選択します。

「ログアウトしました」と表示されればログアウト完了です。

ログインできない場合

WordPressにログインしなくてもできる操作もありますが、基本的にはWordPressにログインが必要です。

WordPressの管理画面にログインできないパターンはいくつかありますので、よくある例を紹介します。

ユーザー名やパスワードが間違っている場合

最もよくあるのがユーザー名またはパスワードが違うという状態です。

どちらか片方は確実に覚えているという場合は、何度か入力をして試してみましょう。

セキュリティの設定によっては何度も間違えるとロックがかかる仕組みにしている場合もあります。
そういった場合、入力したパスワードが記憶される場合もあるので注意しましょう。

対処法
ログインボックスの下にある「パスワードをお忘れですか?」と書かれているリンクから、新しいパスワードを発行することができます。

ログインURLがわかる場合は、ログイン画面の下にある「パスワードをお忘れですか?」の文字をクリックします。

ユーザー名またはメールアドレスを入力する画面が表示されるのでどちらかを入力し、「新しいパスワードを取得」をクリックします。

登録されているユーザーと一致する場合、登録アドレス宛にメールが送信されます。

メールを確認すると、以下のようなメールが届いているはずです。
(迷惑メールに振り分けられている可能性もあります)

メール内にあるリンクをクリックすると以下のような画面が開きます。

標準ではランダムの英数字と記号が混ざっているパスワードになっていますが、任意の文字列に変更できます。

これまで設定していたパスワードと同じものを入力することもできます。

ログインURLが正しくない場合

セキュリティ対策をきちんとしているサイトでは、ログインURLをWordPressのデフォルトのURLから変更しています。
そのような場合は、ログインURLを見つけ出すことが難しいです。

対処法
・ログインURLをお知らせされたメールなどを遡って確認しましょう。
・ログインURLが分からない場合は管理者に問合せが必要です。

Not Foundが表示される場合

Not Foundとページ上に表示される場合、ログインURLが間違っている可能性や、サイトのURLが間違っている、サイトが閉鎖されている可能性があります。

対処法
・正しいURLを管理者に確認してください。

まとめ

WordPressのセキュリティ設定を高めるために、管理者が設定したログインURL、ログイン画面を用意している場合もあります。

その場合、ログイン画面にアクセスできるIPアドレスを制限していたり、画像認証を加えたりし、ログインをしづらくすることもあります。

パスワードはメモをするのではなく、記憶するようにしましょう。